デートの意味って男女でどう違う?二人きりで遊んでもデートじゃない!?

いったいデートの意味とは男女でどう違うのでしょうか?デートはコミュニケーションの中でも特別な意味を持ちます!二人きりで会えばデート確定というわけではありませんし、時と場所、タイミングで決まります。デートの意味や男女間に心理の違いを解き明かしていきます!



目次

デートの意味って?男女で定義は違う?


デートの意味や定義は男女間で異なることも多々あります。付き合う前の異性の友達と遊ぶことが全てデートと意味づけることにはなりません。デートの意味を決定するのは相手や、その時の状況次第で違います。デートの意味や違いを多角的にご紹介してきます。付き合う前の友達とのデートを見定める参考にしていただければ幸いです!

一般的なデートの意味や定義とは



皆さんは、デートの意味や定義とはどういったものをイメージするでしょうか?デートとは日付を意味するdateから由来しているようです。男女が日時を定めて会う事が本来の意味になります。つまり、おいて家で二人きりで一緒にいることもデートに含まれるというわけです。しかし、実際は好意があるか否かでデートかそうでないかが判断されます。

男性が考えるデートの意味3選!


男性が考えるデートとは?男性のデートに対する思考を覗き見したい女性は必見です。男性が考えるデートの意味3選を厳選してご紹介します。

好意のある女性と一緒に過ごすこと



男性が考えるデートの意味や定義は、好意のある女性と一緒に過ごすことです。男性は興味がない異性と二人きりで遊ぶことは、デートとは定義しません。好意が有る相手ではないのなら、友人として遊ぶ意識しかないはずなので、男性が自分に好意を持っているかの見極めが肝心です。

異性と二人きりででかけること


付き合う前に異性の友達と二人ででかけることを、デートだと判断する男性もいます。女性と男性の心理は違うのですが、男性は二人きりででかける=付き合う可能性が高いと確信しています。

デートの意味はさまざまですが、二人きりという点が重要な意味があるのです。男性女性問わず二人きりで会う時点で付き合う可能性があるのがまぎれもない事実です。ただし、女友達がデートだと思っているかは分からないところでしょう。

プライベートな時間であること



プライベートな気持ちで会っているならばそれはデートを意味します!プライベートではなく、事務的にあうことはデートではありません。仕事や学校で二人きりでいることも、もちろんデートを意味しません。

学校や職場、はたまた帰り道に異性の友人と二人きりになることは、ただ二人きりというだけでデートを意味しないことを覚えておきましょう。一方で、休日など完全にプライベートならば、デート確定だと喜んでOKです。

女性が考えるデートの意味4選!


デートの意味は、男女間や個々の考え方により違いが生じるものです。単に異性の友達と会うことがデートを意味するわけではありません。デートの真の意味を理解したい方は必読です。ここではデートの意味を確認していきます。女性が考えるデートの意味4選を厳選してご紹介します!

好意を持っている同士がでかけること



好意を持っている同士がでかければ、それは間違いなくデートです。本気のデートだと思っていたのに、相手にとっては遊びのデートだったと知って悲しい思いをするシーンもあります。それは、自分にとってはデートだと思っていたのに、相手側はデートだと思っていなかったからでしょう。

デートの意味は難しく、時には勘違いしてしまうこともあるはずです。事前に相手が好意を持っていることをリサーチしましょう。

スキンシップがあること


デートの意味を決定づけるのは、デートの最中にキスやハグ、手をつなぐなどのスキンシップがあるか否かです。スキンシップが見られなければ、それはデートを意味しない可能性が高くなります。男女間の進展がなにもないなら時間の無駄にもなりかねません。自ら積極的にアプローチすることも、デートを意味づけるために大切なことでしょう。

付き合う前提としてでかけること



男性に恋愛感情を抱いているならデート確定です。デートは付き合うための前準備だと捉えています。女性にとって意中の男性を落とす絶好の機会がデートです。付き合う前提がそもそも女性になければ、単に遊びか暇つぶしに遊ばれているのでしょう。男性はデート中に女性の表情や言動を要チェックです。

ロマンチックなスポットに行くこと


デートか遊びかの見極めには、行く場所でも判断できます。女性はロマンチックにドキドキしたいものです。なので、男性と行く場所がきれいや夜景だったり、見晴らしが最高な場所だったりと、ロマンチックなスポットならデートだと判断します。逆に、男性と行く場所がありきたりな場所ならば、デートとは思いにくいです。

「デートへの考え方」は男女で違う!?



デートへの考え方は男女で異なることも多々あります。男性女性というだけで考え方も行動も言動までも違いが生じます。時には互いに「相手の心が分からない…」と心理を読めずに苦労するシチュエーションもよくあります。それでは男女のデートに対する本音をチェックしていきましょう。

男性はデートに下心があることも


デートの意味や定義づけは難しいものです。また、男性と女性では、付き合う前に二人きりで遊ぶことの意味も異なりがちです。男性が付き合い前の友達と遊ぶ時は下心があるケースがほとんどです。

付き合うかどうかは関係なしに、チャンスがあれば親密な関係になりたいと思うのが男性の本能です。つまり、二人きりで異性と遊ぶ男性の中には「体目当て」も多いのが現状だということです。デート自体の認識や定義の違いには注意です。

女性はデートの内容が重要



女性が考えるデートの意味は内容重視です。二人きりで遊ぶにも、内容が薄ければ意味がありませんし、内容が良ければ付き合う可能性も上がるというものです。女性はロマンチストな性格をしていることもあり、デートの意味や定義には内容が全てを決めると言っても過言ではありません。つまり、女友達にデートだと思わせたいなら、デートプランを工夫するのが大切だということです。

異性の友達と出かけるときは「デート」になる?


異性の友達と出かけるときはデートかそうでないかの判断が難しいものです。デートを決める上での参考にしてください。

どちらかに好意があれば「デート」



男性か女性どちらかに好意があればデートになります。互いに友人としてしか認識していなければ、もちろんデートとは違います。しかし、恋愛感情があるとなれば話は別です。片方に恋愛感情がなかったとしても、デートを重ねていくうちに両想いになる可能性もあります。片思いでも諦めずにデートを重ねて恋をGETしましょう。

相手を期待させないよう注意しよう


好意を持たない異性と二人きりで遊ぶ場合は、デートだと期待させないよう注意しましょう。例えば、付き合う前なのに手をつないだり、ボディータッチを多くしたりすれば、異性の相手は「好意があるかも?」と期待するはずです。

デートっぽくしないことが相手を傷つけないポイントになるので覚えておきましょう。異性と二人きりで遊ぶ時は、デートとの違いをはっきり見せることも大切になるのです。

「デート」かわからないと思った瞬間は?男女別に紹介!



デートかわからないと思う瞬間もあるでしょう。デートかわからないと思ったエピソードを2つご紹介します。

男性がデートかわからない!と思ったエピソード


男性がデートかわからないと思ったエピソードでは、食事だけで終わってしまったことが挙げられます。男性であれば、食事の後につなげたいものです。しかし、食事だけで終わってしまった場合は、デートか否か判断が難しいのが実情です。

女性がデートかわからない!と思ったエピソード


女性がデートかわからないと思ったエピソードは、男性の二人きりで買い物をしたことです。男性に「買い物行こう!」と誘われ買い物したが、ロマンチックとは程遠く、デートなのか判断できないところでしょう。男性にストレートに「デートなの?」と質問して反応を確認するのも一つの手です。

「デート」の意味、男女の違いを理解しておこう!



デートの意味って男女で違いますので、男女の違いを理解しておきましょう。デートの意味はどこで会うのかや、どこへ行くのかはあまり関係ありません。そこに恋愛関係があるかやプライベートであるかが最も重要です。遊びのデートと本気のデートの違いを見極めれば、自分の恋愛の可能性を上げたり、出会いが増えたりするはずでしょう!

(まい)
1

関連記事