化粧直しのやり方【完全版】!コツや持ち歩きアイテムも紹介!

せっかくメイクをしても化粧直しをしなければ、皮脂や毛穴、ファンデ崩れで一日の終わりにボロボロに……なんてこと、ありますよね。化粧直しのやり方のコツや、持ち歩きに便利なアイテムまで紹介します。化粧直しのやり方をマスターしてきれいなメイクで一日過ごしましょう。



目次

化粧直しの【やり方】1.汗で落ちたファンデーションはミスト化粧水で!


気温が高い日や湿気が多い日は、汗や皮脂でファンデーションが落ちてしまいます。そんな時にあったら便利なのがミスト化粧水。ティッシュを使うやり方で簡単に化粧直しができて、ファンデーションのどろどろを抑えてくれます。

ミスト化粧水を使った化粧直しのやり方


ミスト化粧水を顔から20〜30センチ程度離して顔全体にかかるように吹きかけます。ティッシュを軽く乗せてファンデーションと化粧水を抑えながら、浮き出た汚れや浮いたファンデーションを拭き取ります。強く押さえつけたりこすったりしないようにしましょう。このやり方で取れてしまった箇所に、パウダーでファンデーションを重ね付けします。

化粧直しにおすすめミスト化粧水6選!


Avene(アベンヌ)「アベンヌ ウオーター」



長年にわたって愛用されている化粧水「アベンヌ」敏感肌を落ち着かせ、皮膚のバランスを整えてくれます。防腐剤や香料を使っておらず、温泉水100%の働きは、赤ちゃんのプレ化粧水としてもおすすめです。

MAQuiIIAGE(マキアージュ)「ビューティーロックミスト」



メイク仕上げのミスト化粧水で肌にたっぷりと水分を与えることで、みずみずしいツヤを与えてくれます。メイクを固定してくれるのでファンデーションの崩れを防ぎ、真夏でも一日化粧直しが不要の肌に導きます。

LA ROCHE POSAY(ラ・ロッシュ・ポゼ)「ターマルウォーター」



セレンを豊富に含んだ、フランスの天然の湧水を使用した化粧水。敏感肌の方や、大人から赤ちゃんまで幅広く使えます。プレ化粧水としてスキンケアの下地を整えるためにはもちろん、メイク仕上げの肌にも潤いを与えられます。

LUSH(ラッシュ)「ティーツリーウォーター」



ラッシュより、発売当初より定番となっているアイテムである化粧水「ティーツリーウォーター」ティーツリーベースの香りでさっぱりリフレッシュできます。強い洗浄作用と抗菌作用を持ち合わせています。オイリー肌向けですが、爽快感があります。

Arouge(アルージェ)「モイスチャー ミストローション」



天然セラミドを配合した、とにかく低刺激にこだわった化粧水。ナノ粒子が肌にしっかり浸透し、心地よい肌の感触が楽しめます。うるおいが長時間続くので、スキンケア前にはもちろん、化粧直しにもおすすめのアイテムです。

dプログラム「アレルバリアミスト」



肌を守るオイル層と、うるおいを与える化粧水の2層で構成されたミスト化粧は、みずみずしい肌へ導きます。メイク前にひと吹きでベースメイクのもちを高めるほか、メイクの仕上げや化粧直しにも使えます。

化粧直しの【やり方】2.ベースメイクは乳液+スポンジで!


化粧が崩れている部分だけにパウダーファンデーションを乗せると、厚塗り感や粉浮き感が目立ってしまいます。そんな時は乳液で肌に潤いを与えて、美肌を復活させてからメイクを直すやり方がおすすめです。

乳液とスポンジを使った化粧直しのやり方



ファンデーションが崩れた部分に乳液を置きます。乳液を指で軽くのばし、スポンジでおさえて表面を整えます。その上にリキッドファンデを薄く指またはパウダーでのせ、肌に密着させます。このやり方で乾燥せず、難しいスキンケアも不要で美肌が復活します。

乳液とリキッドファンデの持ち歩きはコンタクトケースが便利


乳液や化粧水、リキッドファンデなど、液状のコスメはボトルが大きくて全部持ち運ぶのは大変です。そんな時に便利なのがコンタクトケース。コンタクトケースに乳液や化粧水などを移して持ち運ぶと言うやり方です。清潔でコンパクトのうえ、液漏れしないので、ポーチの中にもしまっておけるうえ、化粧直しや化粧水・乳液を使ったスキンケアも簡単にできます。

リキッドファンデの代わりにスティックコンシーラーでも代用可


MAQuiIIAGE(マキアージュ)「コンシーラースティックEX」



リキッドファンデーションは、スティックコンシーラーでも代用できます。リキッドファンデーションよりもコンパクトで、ポーチの中でもかさばらないスティックコンシーラーは、化粧直しに役立つこと間違いなし。化粧直しの範囲が広くない場合は乳液を軽く塗った後にスティックコンシーラーを乗せて、パウダーでのばして馴染ませるやり方がおすすめです。

化粧直しの【やり方】3.ポイントメイクの直し方は?


顔の表情が動いたり、暑さで汗や皮脂が浮いてくると、ファンデーションのほか目元やリップなどのポイントメイクも崩れてくるもの。アイテムの活用で化粧直しも素早く、厚塗りにならずに抜け感を出せる方法があるのです。化粧直しのやり方のコツを掴んで、好印象をキープましょう。

目元の化粧直しにはキラキラシャドウを使って



アイメイクの化粧直しには、ハイライト用のラメの入っているようなアイシャドウを使うやり方がおすすめです。

下まぶたについたアイラインやシャドウ、マスカラを綿棒でオフし、上まぶた全体と下まぶたの涙袋部分にハイライト用の明るいアイシャドウを塗ります。アイシャドウはラメの入ったアイテムだとよりおすすめ。くすみが取れ、よれも気にならなくなります。

アイシャドウを塗った上からアイシャドウを重ねたり、アイライン、マスカラを少しずつ直すやり方があります。

時間がない時はリップメイクを直すだけでもかなり違う!



時間がない時はリップメイクを直すだけでも化粧直しになります。サッとスティックタイプの口紅を塗るだけでも1分もかからず、口元の印象をぐっとアップできます。

唇に残った口紅にティッシュを軽く当て、皮が向けていたりダマになっている部分をならします。それからリップクリームやリップ下地で潤いをプラスし、口紅をもう一度乗せます。広角に口紅が広がってしまった場合は、ペンタイプやスティックタイプのハイライトまたはコンシーラーで輪郭をなぞりましょう。

化粧直しの【やり方】4.BBクリームでメイクしたての肌が復活する!?


BBクリームは、化粧直しも簡単。美容液と日焼け止め、化粧下地、ファンデーションがひとつになっています。BBクリームを出先に持っていけばケアいらずで化粧直しができるうえ、伸ばすだけと言う簡単なやり方で美肌が復活します。

BBクリームをつかった化粧直しのやり方



ティッシュで肌をおさえて汗や皮脂、ファンデーションのよれをオフしてから、ファンデーションスポンジにBBクリームをのせ、浮いた部分になじませます。それからスポンジで薄く広げ、ムラがないように整えます。

おすすめBBクリーム5選!


LANCOME(ランコム)「UVエクスペール BB n」



紫外線やクーラーによる乾燥、ストレスなど、都市生活を送る上で肌へのダメージは沢山あります。ランコムのBBクリームは、そんな外的ダメージから肌を守り、エイジングを防ぎます。ファンデーション並のカバー力なのに軽いつけ心地に加え、ムラのない輝きのある肌をつくります。

MAYBELLINE(メイベリン)「スーパークッション ウルトラカバークッション BB」



ファンデーションやパウダーなど、安定のカバー力のあるアイテムが揃うメイベリン。このクッションタイプのBBクリームは、薄づきなのにしっかりカバー。毛穴や凹凸をしっかりカバーし、化粧水配合成分で肌をととのえます。ツヤ感のあるヌーディーな肌が続くので、化粧直しにもおすすめです。

LA ROCHE POSAY(ラ・ロッシュ・ポゼ)「UVイデア XL プロテクションBB」



皮膚科学に基づいて開発されたBBクリーム。紫外線や乾燥、大気中の汚染物質などから肌を守ります。なめらかな使い心地が持続します。30mlは化粧直し用の持ち歩きにもおすすめのサイズです。

ASTALIFT(アスタリフト)「BBクリーム」



独自の美容成分「ヒト型ナノセラミド」と「ナノアスタキサンチン」を配合し、みずみずしいつけ心地のBBクリームです。うるおいとハリを加えてしっかりと肌を保湿します。肌をワントーン明るくする効果もあります。

毛穴パテ職人「ミネラルBBクリーム」



BBクリームと言えば、この「毛穴パテ職人」。ファンデーションやスティックコンシーラーいらずのカバー力です。毛穴をしっかり隠しながら皮脂を吸収します。ヒアルロン酸も配合で、潤いも持続します。肌にしっかり密着し、重ねたり動いたりしても崩れません。

化粧直しに取り入れたい!おすすめのファンデーションとコンシーラー


頻繁な化粧直しを防ぐには、崩れにくくカバー力があるファンデーションがベスト。化粧直し用となると、薄づき、ケア効果、コンパクトなパッケージ、使いやすいスティック状などの特徴があると、より便利ですよね。化粧直し用にポーチに持ち歩きたい、ファンデーションとコンシーラーを紹介します。

おすすめファンデーション4選


MAQuiIIAGE(マキアージュ)「ドラマティックパウダリー EX」



まるで素肌そのものが綺麗になったかのように仕上げてくれるパウダーファンデーション。肌の毛穴や色むらをしっかりカバーして、素肌の透明感を高めます。皮脂崩れや粉吹き、くすみにも耐え、最小限の化粧直しで済みます。

CEFINE(セフィーヌ)「シルクウェットパウダー」



渡辺直美さんが愛用している事でもお馴染みのセフィーヌのファンデーション。パワフルに歌って踊っても美肌をキープしているのは、このファンデーションがあるからこそなのです。軽いつけ心地に、シルクパウダーとヒアルロン酸などの保湿成分を配合し、夜まで崩れにくく安心です。

MISSHA(ミシャ)「クッションファンデーション(モイスチャー)」



プチプラで人気のミシャのクッションファンデーション。まるで乳液や化粧水でケアをしたかのような潤い効果があります。トレンドのナチュラルなツヤ感のある肌に仕上がるので、夏の乾燥しがちな肌にもおすすめです。

RMK(アールエムケー)「リクイドファンデーション」



高発色・高品質で人気のコスメブランド・RMKから、定番アイテムのリキッドファンデ。カバー力は薄く肌を覆う程度ではありますが、素肌のようなナチュラルな仕上がりで、肌の凹凸を滑らかにしてくれます。ポンプタイプなのも出先で使いやすいので、メイクポーチに仕込むと化粧直しに役立つこと間違いなし。

おすすめコンシーラー5選


ETVOS(エトヴォス)「ミネラルコンシーラーパレット」



3色パレットタイプのコンシーラー。色を混ぜたり重ねたりすることで、肌の陰影を出すことも可能なのです。よく動く目元や口元のカバーに使っても、よれずにしっかりとキープします。ブラシ付きなのも便利です。

the SAEM(ザ・セム)「チップコンシーラー」



リキッドをチップでつけるタイプのコンシーラー。プチプラ価格以上にカバー力抜群の、優秀コスメです。すっと伸びて肌に密着し、シミやニキビ跡などの肌トラブルをきれいにカバーしてくれます。コンパクトなスティック状のパッケージは化粧直しにもおすすめです。

YVES SAINT LAURENT(イヴ・サン・ローラン)「ラディアントタッチ」



サン・ローランのリキッドコンシーラーは、筆タイプが特徴。ポイントで塗りたい部分に塗りやすくなっています。ハイライト効果で光を味方につけ、肌に立体感と透明感をもたらします。2.5mlのスティック状のコンパクトなパッケージも、持ち歩きに便利。

24h cosme(24時間コスメ)「ミネラルスティックファンデ」



コスメ好きの間でも人気のスティックコンシーラーが、この24の「ミネラルスティックファンデーション」どちらかというとスティックファンデに近く、カバー力はお墨付き。お肌にやさしく、軽い使用感としっかりしたカバー力が人気のスティックタイプです。

Visse(ヴィセ)「カラーコントローラー」



コントロールカラータイプのコンシーラー。先端が独特のスポンジになっており、ポンポン叩き込むだけで気になる肌悩みを解決します。つけたての仕上がりが長時間キープできるので、化粧直しにおすすめです。

次のページ
1
2

関連記事