物を減らすとこんなに心豊かになるの!?心得&実践法を伝授します!

物を減らすと部屋も心もすっきりする効果が生まれます。 また、片付けがラクになり生活がとてもしやすくなります。 物への執着をなくし、残したものを大切に使っていくことが大切です。 部屋を片付けるコツと物を減らす方法について紹介します。



目次

物を減らしたいと思ったときが断捨離の始めドキ!


今住んでいる部屋を見渡してみてください。収納しきれない服・貰い物のおしゃれなカップ・いつか使うかもしれない調理器具……。直近で使っていないものは、これからも必要になることはないです。もし、必要になったときはその時買えばいいのです!

物を減らすメリット


断捨離とは、「必要のないものを断ち、捨てる、執着することから離れる」という整理方法です。物を減らすコツとしては、引っ越し時がおすすめです。送る荷物が少ないと節約になりますし、なにより転居先での整理がラクになります。

お気に入りの物だけに囲まれて暮らす快適な生活



不要な物は買わず、断捨離後に残した必要な物だけを身のまわりに置く生活。この生活を身につけることができれば、物理的にも精神的にも変化します。そして自分にとって必要・大切な物だけに囲まれて送る生活は、心がスッキリした気持ちになり、とても快適です。

そして物を減らすことで、部屋を綺麗に保つ効果が生まれます。断捨離後は、綺麗な状態が持続します。

物を探す手間や時間がなくなる


見える部分がスッキリするのは気持ちが良いですよね。また、クローゼットや物置などの中を片付けすれば、一見して何があるかがわかる効果で、生活がとてもラクになります。自分の仕事机や身の回りのものがごちゃごちゃしていると、やる気も片付ける気も起きません。まずは片付けるよりも、捨てることから始めることがコツです。



探し物をする時間を減らせることができたなら、自分の自由な時間を増やすことができます。その分、家事や仕事の能率が上がる効果が得られます。物を減らす方法によって早く片付けれるようになれば、その分自由な時間が生まれます。

掃除がしやすくなる


ゴミで溢れかえった部屋だった場合、ゴミを落としてしまっても、それを捨てるという気にはならないでしょう。落ちているゴミを捨てたところで、捨てた気にはなれないからです。「まあいいか」と気持ちになってしまうと思います。そんな部屋を掃除するのは気がめいることでしょう……。



ですが、綺麗で整頓された部屋にゴミが落ちていた場合、そのゴミを捨てる衝動に駆られませんか?そのゴミを一つ捨てるだけで、片付けた気分にもなります。断捨離後の物が少なくなってスッキリとなった部屋で生活していると、その綺麗な状態を保とういう気持ちになります。

そういった綺麗な空間ではゴミが目立つため、自然と掃除をしようという効果も得られるのです。物を減らすことによって、自然と掃除をするという習慣を作り出す変化が生まれることでしょう。掃除が苦手という人ほど、減らすことをおすすめします。物が減ることで、掃除が圧倒的にラクになりますよ。

物を買う無駄使いがなくなる



断捨離の変化として、衝動買いや不必要な物を買ってしまう無駄使いがなくなります。買うときに「これは今、必要な物か?」と確認するようになります。必要最小限の必要な物だけを購入するようになるので、結果的に無駄使いがなくなる効果に繋がります。

人の欲は買っても買っても尽きません。いくら買っても買い足りません。それが無駄使いを引き起こし、買ったもので部屋も散らかってしまうのです。物を減らすと、簡単に物を買わなくなるので、節約効果が期待できます。

物事がシンプルに考えられるようになる



部屋に無駄な物が多いと、毎日の生活の中で色々な物が目に入ってしまい、「あれもしなきゃ」「これもしなきゃ」と常に考えてしまいます。頭の中は常に混乱している状態では、集中力が散漫になってしまいますよね。

しかし、物を減らした後の部屋はスッキリとしていて、余計な物がありません。そのため、頭の中に余計な迷いもなくなります。

物を減らして無駄な物が無くなった部屋では、気が散乱することはありません。落ち着いた精神でいられるでしょう。目の前のことに集中できるので、作業がスムーズにこなせるのです。
また、集中力が続くことで、判断力が変化して、判断を下さなければならない時に、適切な判断を下すことができるようになります。

人間関係もスッキリする



断捨離は人間関係においても当てはめて考えることができます。断捨離をすることで、周りの人間関係を考えなおしたり、整理することができるようになるのです。自分にとって大切な人と、そうでない人の判断を適切に行えることでしょう。その判断により、良好な関係性が保てるようになります。

大切な人に対しては、時間をかけて丁寧に接するように心がけたり、今まで以上に大切に気持ちを伝えることが大切です。あまり接点がないと思う人とは、時間をあまり使わないようにして、ほど良い距離をもって接することで良い人間関係が築くことができるはずです。

物を減らすときの心得


80%の物は不用品



必要のない物・使っていない物は捨ててしまいましょう。特に、服は流行物です。服は今シーズン着なかったものは来シーズンも着ないことでしょう。高級な服や物でも、使っていないのなら売るなり譲るなり、手放すことをおすすめします。

ただ、思い入れのあるものは手元に残しておくことをすすめます。思い切って捨てて、その時はスッキリしたとしても、のちのちに後悔する可能性が高いからです。

「もったいない」という執着をなくす


断捨離には、色々な方法があります。しかし、「断捨離=なんでもかんでも捨てなさい」というものではありません。「物への執着を断ちましょう」という、ヨガの発想です。

家に物がたくさんあるというのは、無意識に物にとらわれている状態といえます。たくさんの物に囲まれていた生活よりも、最低限の物だけに囲まれて過ごす生活の方が快適に感じられる変化に気付くはずです。

物を減らして自分がどうなりたいか



断捨離を続けることで、自分の好きな物や好きなことが周りに増えていくことになります。そのため、前向きな気持ちになれたり、幸せになれるといわれますよ。

必要のない物を減らすと、不思議と気持ちもスッキリする変化が生まれ、前向きになる効果が期待できます。

物を減らす実践法


物が増える前にやれること


物を減らす方法の前に、物を増やさないように、そもそも家の中に物を持ち込まないようにするコツと方法をまとめました。

ダイレクトメール


本当に必要かどうかを見極めましょう。必要じゃないかも、と感じたら勇気を持って「いらない」と言えば、ためてしまうことはありませんよね。

スーパのレジ袋



なにかと使えるからという理由でレジ袋を貰わないためにも、マイバックで買い物に行きましょう!どうしても忘れてしまう人は、自分のお気に入りのバッグを持っておくと気分が上がって忘れなくなりますよ。

ストック


「備えあれば憂いなし」とは言いますが、買いすぎてしまえば幅を取ってしまいます。収納場所に困った結果、はみ出して床に直置きなんてことも……。そんな事態を避けるためにも、過剰なストックはさけましょう。消費に期限があるものは特に買いすぎないようにしてくださいね。

無料に惑わされない



無料のティッシュ、試供品、景品、貰い物……。「無料」というワードにつられて、ついつい貰ってしまいますよね。ですが、貰ったものを結局使わないのでは宝の持ち腐れです。受け取ったらすぐに使うか、受け取らない選択肢も視野に入れましょう。

これらが溜まったポストや不用品にまみれた部屋とは卒業しましょう。そして部屋の中にあると、部屋全体が安っぽく見えるものばかりです。結局ゴミ箱行きになるものは、最初から家に入れないように心がけましょう!

場所と時間を決めてメリハリをもって捨てる


部屋を一気に断捨離するとなると気がめいります。コツは、まずは場所を決めることです。衣類は捨てる判断がしやすいので、最初は服を断捨離するのがおすすめですよ。今シーズン着なかった服は、減らす努力をしてみましょう。

場所を決めたら、さっそく断捨離を始めましょう!

絶対に要らない物から捨てる



最初に、明らかにゴミ、と判断したものを捨てていきます。断捨離をするときは、3つのグループに仕分けしていきましょう。

・「捨てるもの」……着ていない服、読んでいない本、使う予定のないもの
・「残すもの」……使う頻度が高いもの、生活必需品
・「どちらかわからないもの」…上の2つで、3秒以上迷ったら入れる

とりあえず保留の物はひとまとめにする


「どちらかわからないもの」に区分されたものは、その日のうちにゴミ箱行きは決めないでください。迷うということは、必要か必要じゃないか判断がつかないという状態です。後悔しないためにも、何日かに分けて必要かどうかを精査しましょう。

物を減らして心豊かな生活を手に入れよう!



今回は、物を減らす方法やコツについて紹介しました。 1番のコツは、まずはいらないものを手放すことから始めることです。物が減ると、劇的に生活にいい変化が生まれます。「いつか」「そのうちに」ではなく、思いついた今!やってしまいましょう!

(まい)
1

関連記事