「頭が切れる」の意味や語源とは?頭が切れる人の特徴やなる方法も!

「頭が切れる人」とはどんな人でしょうか?この記事では「頭が切れる」の意味や語源の他、どうすれば頭が切れる人になれるのか、どんな特徴や心理なのかなどを紹介します。頭が切れる人になりたい、心理を知りたいという方は参考にしてみてください。



目次

頭が切れる人ってどんな人?


「頭が切れる人」と聞いて、どんな人を想像しますか?身近に存在するという方もいれば、自分がそうなりたい!と考えている方もいるでしょう。この記事では、頭が切れる人の特徴や心理、なる方法などを紹介するので、頭が切れる人について知りたい方はぜひ参考にしてみてください。

「頭が切れる」の意味や語源とは?


「頭が切れる」とは、具体的にどういう意味だかご存知ですか?頭が切れる人になるために、まずは言葉の意味や語源を知っていきましょう。

「頭が切れる」の意味



頭が切れるは、物事への考え方が普通の人よりも鋭く、頭の回転が速い人を指す言葉です。その他にも、問題解決能力に優れている人なども指すことがあります。

「頭が切れる」の語源


「頭が切れる」の「切れる」には、頭の回転が速いという意味や、処理能力が高いという意味が含まれています。また、刃物のような鋭さでバッサリと物事を切るような例えとして使われているという意味合いもあるようです。どちらにせよ、能力が高くはっきりとした人を指す言葉が語源となっています。

「頭が切れる」の英語表現


英語に「頭が切れる」を直接的に指す言葉はありませんが、似たような意味合いの英語表現はいろいろとあります。



【賢い】を意味する言葉


・smart
・sharp
・clever
・quick-minded
・brainy
・wise

【理解が早い】を意味する言葉


・have a mind like a steel trap
・have a steel-trap mind

【頭脳明晰】を意味する言葉


・clear-headed

例えば「彼は頭が切れる(賢い)人ですね」という文章を英訳した場合、“He is a smart person.”となります。

「頭が切れる」の類語表現



「頭が切れる」の類語表現には、いろいろな類語表現があります。例えば、思考力や判断力に優れた人を指す頭脳明晰や、理解力があり賢い人を指す聡明、頭の働きがいいことを指す頭が冴えるなどがあるでしょう。

「頭が切れる人」と「頭がいい人」の違い


「頭が切れる」と「頭がいい」は似たような意味ですが、正確にはニュアンスが異なります。頭がいい人は、一般的に知識量が多い人を指すことが多く、答えの決まった問題に強いという特徴があるでしょう。頭が切れる人は知識量には左右されず、思考力が高い人を指すことが多いので、正解の決まった問題には弱いことがある反面、応用力には長けているという特徴があります。

頭が切れる人の特徴10選!


「頭が切れる」の意味を理解したところで、頭が切れる人にはどんな特徴があるのかを見ていきましょう。

話をすぐに理解できる



頭が切れる人は理解力が高いので、人の話をすぐに理解することができます。「一を聞いて十を知る」といわれるような人も、頭が切れる人には多いでしょう。

説明がわかりやすい


頭が切れる人は、説明することも上手でしょう。その理由としては、自分でしっかり問題を理解した上で人に説明するからという理由が挙げられます。また、端的にまとめる力があるというのも大きな理由のひとつです。

どんな相手でも自分の意見をしっかり言う


どんな相手であっても、自分の意見を伝えられるのも頭が切れる人の大きな特徴です。自分の意見に自信があるので、相手を問わずきちんと意見することができます。

どんな時でも冷静に対応できる



冷静な対応力があるというのも頭が切れる人には多い特徴でしょう。たとえ仕事中にトラブルなどが起きても、冷静に解決に導くことができるのが頭が切れる人です。

調べものが得意


頭が切れる人は調べ物が得意で、必要な情報を的確に手に入れることができます。また、人から聞いた情報も一度聞いただけで鵜呑みにせず、自分が納得するまできちんと調べるという特徴もあるでしょう。

集中力が高い


集中力が高く、ひとつの物事に一点集中できるのも頭が切れる人の特徴でしょう。頭が切れる人の集中力が高い理由は、無駄な考えに寄り道したり、集中力が途切れて失敗したりということがないからです。仕事をする上での評価も高くなりやすいでしょう。

思考と行動が早い



頭が切れる人は頭の回転が速いだけでなく、行動に移すスピードが早いのも特徴でしょう。自分の考えに自信があり、迷うことなく行動に移せるのが行動力の秘訣です。

物事の本質を見抜ける


雑事にとらわれず、物事の本質を見抜くことができるというのも頭が切れる人の大きな特徴のひとつです。なにか問題が起きたときも、重要なポイントや問題が起きた理由をすぐに理解できるので本質に気がつけるのでしょう。

物事を効率良く進められる


物事の優先順位を瞬時に理解し、効率良く進められるのが頭が切れる人です。頭が切れる人は何を優先すればいいのか、どう解決すればいいのかを的確に判断するので、効率良くトラブルを解決に導きます。

二面性がある



頭が切れる人も、ずっと集中し続けているというわけではありません。仕事中はキビキビしているのに、プライベートではのんびりしていたり、抜けている部分があったりすることもあるでしょう。そういうところを見た人は、二面性を感じるかもしれません。しかし、オンとオフの切り替えがしっかりできていることも頭が切れる人の特徴です。

頭が切れる人の心理や理由5選!


頭が切れる人は、なぜそんな風になったのでしょうか。その心理や理由を解説します。

経験や苦労を糧にしている


頭が切れる人になる理由には、その人の人生経験の深さが挙げられます。それまでの人生で失敗したことや後悔したことを糧にし、同じ失敗を繰り返さないよう成長している人は頭が切れる人になることができるでしょう。

心配性で常に何かを考えている



心配性で、常にトラブルを予測し解決法を考えているような人も、頭が切れる人になる素質を備えています。心配する→どうすれば防げるか考える→解決法を実践するという習慣ができているような人は、無意識的に問題解決能力が身につくので、頭が切れる人になりやすいタイプです。

記憶力がいい


頭が切れる人は多くの知識を身に着けていたり、自分の役に立つ情報を知っていたりするのが特徴です。そのため、記憶力がよければ頭が切れる人になりやすいでしょう。また、純粋な記憶力の良し悪しだけではなく、覚えておくべき情報の取捨選択がうまいという理由もあります。

自分の中に芯を持っている


頭が切れる人には、周囲の意見に流されたり、言われるままに行動したりして後悔するようなことはありません。自分の考えに自信があり、ぶれない芯を持っているという理由があるからです。自分の考えをしっかり通せるような人は、頭が切れるでしょう。

ストレスを上手に発散している



頭が切れる人は切り替えがうまく、ストレスの発散が上手なことが多いでしょう。ストレスが溜まってしまうと、身体に不調をきたしたり、集中力が落ちたりとデメリットばかりです。うまく発散して快適に生活できるような習慣を身に着けている人は、頭が切れると言えるでしょう。

頭が切れる人の思考回路4選!他の人とどう違うの?


頭が切れる人とそうではない人は、どんな点が異なるのでしょうか。頭が切れる人の思考回路を解説します。

理解力がとても高い


頭が切れる人は、理解力が高いのが特徴です。普通の人では一度で理解できないことでも、すぐに把握して自分のものにできるような人が多いでしょう。

発想力が豊か



自分の知識や手に入れた情報を発展させる発想力が豊かなのも、頭が切れる人によくある特徴です。他の人が思いつかないようなことを考えることもあるでしょう。それを実現させるだけの行動力を持ち合わせていることも多いので、周りはついていけないと感じることもあるかもしれません。

1
2

関連記事