恥ずかしがり屋な人の特徴6選!原因や治し方も解説!

人前に出たり失敗するかもしれない場面で赤面したり緊張するとはありませんか?恥ずかしがり屋な性格をコンプレックスに思う人は多いですが、メリットもたくさんあります。恥ずかしがり屋な性格の特徴や原因、治し方を詳しく解説していきます。



目次

恥ずかしがり屋ってどんな人?


恥ずかしがり屋であなたは悩んでいませんか?人前に出ると赤面してしまう、新しい場所に行くのが苦手、会話をするときに緊張するなど、社会で生活する上で色々な苦労を感じている恥ずかしがり屋の人。特徴やその原因、対処法をご紹介していきます。

恥かしがり屋になる4つの原因とは?


そもそも恥ずかしがり屋になってしまうのにはどんな原因があるのでしょうか。生まれついての個人の性格や心理状態、環境などが原因としてあげられます。詳しく見ていきましょう。

自己評価が低い


恥ずかしがり屋になる原因のひとつとして、自己評価が低いということがあります。自分にダメだしだが多かったり、コンプレックスが多いと、人前に出る時に緊張が非常に高くなり恥ずかしがり屋の原因になってしまいます。

不安感や恐怖心が強い



人前で失敗するのではないかとか、人に悪く思われていないかなど、周りに対して不安感や恐怖心が強く働いていることも恥ずかしがり屋の原因です。その結果、人前に出ることを苦痛に感じたり、避けるようになってしまいます。

警戒心が強い


周りの環境に警戒心が強いことも恥ずかしがり屋の原因の一つ。人や環境に対して安心して身をゆだねる事ができず、他人の顔色を伺っていたり、いつも緊張しているという特徴があります。

トラウマを抱えている


過去に大きな失敗や傷つきを体験し、その記憶が心理的に癒されていないことも多くあります。トラウマを抱えたまま生きていると、同じような場面に出くわすことに不安や恐怖が高くなり、堂々と行動することができません。



恥ずかしがり屋な人の特徴6選!


それでは、恥ずかしがり屋にはどんな特徴があるのでしょうか。日常生活での恥ずかしがり屋あるあるとして、特徴を6つあげていきます。あなたには特徴がいくつ当てはまるでしょうか?

人と目を合わすのが苦手


人の視線が怖いと感じるのが恥ずかしがり屋の大きな特徴。目が合うとドキドキしたり緊張が高まったりして、なかなか人と目を合わせて話すことができません。自分から目を合わせることはもちろん、人から視線を注がれることも大の苦手です。

自分から話しかけない


自分から話しかけられないことも特徴です。仲良くなりたい人がいても、どう話しかけてよいかわからずもじもじしています。仕事で聞きたいことがあっても、どう声をかけてよいのか分からずひっそり悩んでいることもしばしば。



コンプレックスがある


恥ずかしがり屋の人はコンプレックスがたくさんあります。恥ずかしがり屋なことはもちろんコンプレックスですし、外見や内面について自分の短所を見つけるのが大得意。コンプレックスを多く自覚しているので、人前に出るのを恥ずかしく感じています。

内向的な性格


人とワイワイ盛り上がるよりも、一人で静かに過ごすほうが心理的に楽。恥ずかしがり屋の人は内向的で、積極的に外に出かけていったり、人と接することはあまり好まないという特徴があります。

覇気がない


声が小さい、笑顔が少ない、消極的で覇気がないという印象の強い恥ずかしがり屋さん。自己評価が低く自信がないという内面の状態が、外見的な特徴にもにじみ出てしまっています。



インドア派である


外でにぎやかに過ごすより、室内で静かにゆったり過ごしたいタイプ。休日は自室にこもって趣味を思う存分楽しんだり、静かな図書館で読書するなど、一人時間の過ごし方が上手という特徴があります。

恥ずかしがり屋な人の3つの心理とは?


恥ずかしがり屋な人の内面ではどのような心理が働いているのでしょうか。心理的特徴を知ることで、恥ずかしがり屋な性格を客観的に考えやすくなります。ここでは3つの代表的な心理をお伝えします。

自分を認めてもらいたい


恥ずかしがり屋で自己評価が低い一方で、自分を認めてもらいたい気持ちが強くあります。自分で自分を認めることができないため、人から良い評価をしてもらいたいと思っています。そういう意味では、自己愛が強いともいえるでしょう。



構ってもらいたい


人に対して緊張が強く、自分から話しかけることはなかなかできませんが、構ってもらうことはとっても嬉しく感じます。本当はみんなとワイワイ楽しみたいけれど、それができないというジレンマに悩んでいることも多くあります。内弁慶なタイプも多いです。

周りの目が気になって仕方がない


人からどう思われているかと、人目が気になりすぎることが恥ずかしがり屋な性格を助長しています。常に失敗しないように、へまをしないようにと、周りからの目を意識して緊張しています。

恥ずかしがり屋のメリット6選!男性にモテるの?


ここまでお読みになって、耳が痛いと感じられた方も多いのではないでしょうか。しかし恥ずかしがり屋であることはメリットでもあるんです。男性から見ても魅力的に映ることも多いというメリットも。どんなメリットがあるのか見ていきましょう。

洞察力がある



観察力が高く、ちょっとした変化にも気づくことができる洞察力の高さがあります。この能力は時に「気遣いの細やかな人」と評価されるというメリットもあり、優しい心遣いにクラッときてしまう男性も。

次のページ
1
2
3

関連記事