【手相占い】子宝線の意味や見方!人数や性別も分かるの?

手相占いにおいて、子宝線というものがあることをご存じですか?子どもを望む方にとって、自分の手のひらに子宝線があるのか気になることだと思います。どのような手相を子宝線と呼ぶのか、また、子宝線の意味や見方などを詳しくご紹介していきます。



目次

子宝に恵まれやすいかは手相でわかる!


愛する人と結婚できたときに、考えるのは子宝に恵まれるかどうかですよね。子どものいない人生を選択する夫婦も増えていますが、子どもを望む夫婦にとっては気になることだと思います。実は、手相占いで子宝に恵まれるのかどうかが分かることがあります。どのような手相であれば子宝に恵まれるのか、詳しく解説していきます。

子宝線とは?基本を解説!


子宝線というのを聞いたことはありますか?子宝線というのは、子どもができるかどうかや、できやすい状態であるかどうかなどが分かる線です。単純に子宝に恵まれるとは言っても、授かれる人数や性別なども詳しく知ることができたら嬉しいですよね。子宝線から分かる基本的な意味を、詳しく解説していきます。



子供の数がわかる


後で詳しく解説しますが、子宝線からは授かれる子供の数を知ることができます。3本線が現れていたら、3人の子供に恵まれる可能性があることを表しています。あなたが希望する子どもの人数分、子宝線が現れていたら嬉しいですね。

妊娠する回数がわかる


手相占いでは、妊娠する回数も分かります。しかし、すべての妊娠が、出産まで辿り着けたら良いのですが、現実は悲しいことにそうではありません。なので、線が表す妊娠の回数が、子供の人数と同じになっていない場合があります。

ただ、手相占いを絶対的なものとは捉えずに、参考程度に考えましょう。線が表す妊娠の回数が違うからと言って、必ず流産してしまうということではありません。手相占いは絶対ではないので、決して悲観的にはならないようにしましょう。



男女の性別もわかる


子宝線では男女の性別も分かります。手相占いでは、恵まれる子供の人数だけでなく、性別まで分かるのです。後にご紹介しますが、該当する場所の線がどのようになっているのか、よく観察してみてくださいね。

子宝線はどこにあるの?


子宝線というのは、結婚線や感情線、手首の線、親指の付け根の線などから判断します。また、手相における「丘」というのも、子宝に恵まれるのかどうかということに関係するようです。それぞれの場所が、後でご紹介するような状態になっていれば、妊娠・出産に関する様々なことが分かります。



子宝線から見る子供の人数は?


先ほど、子宝線によって授かれる子供の数が分かるとご紹介しましたが、具体的にどのような線で判断するのかご紹介します。授かれる子供の数というのは、感情線の始まりの部分から判断します。

感情線は小指側を始まりとして見るのですが、その始まりの場所付近に矢印のように見える支線が現れることがあります。支線というのは、主要な線から伸びる細い線のことを言いますが、この数によって子供の数や、妊娠する回数を判断することができると言われています。

ただし、手相占いでは授かれる子供の人数は判断できないとする説もあるので、1本もないという方がいたとしても、参考程度にとどめておいた方が良さそうです。実際の子供の人数と手相から判断できる子供の人数は、一致しないことの方が多いようです。



一人っ子の場合


授かれる子供の人数というのは、感情線の支線から下向きに伸びる線によって判断します。一人っ子の場合は、感情線の始点から下向きに伸びる支線の数が1本ということになります。また、上向きに伸びる支線は、妊娠できる回数を表しています。

2人の場合


2人授かれる場合には、下向きの支線が2本現れます。妊娠できる回数と、子供の人数を表す線の本数が一致している場合は、流産などは無く、出産まで至ることができるということを表しています。



3人の場合


3人授かれる場合には、下向きに支線が3本入ります。たくさんの子供を望む方には嬉しい本数ですよね。この線というのは生まれる順番も表しており、手のひらの内側の線が最初に生まれてくる長子を表し、一番最後の線は末っ子を表しているとされています。

それ以上の場合


3本以上の場合は、3人以上の子供に恵まれることを表しています。ただ、実際の人数と、この線は一致することの方が少ないようなので、妊娠しやすさを表していると捉えた方が良いのかもしれません。

子宝線から見る子供の性別は?


子宝線からは授かれる子供の人数だけでなく、子供の性別も分かります。それが分かる線というのは、授かれる子供の人数の判断の時にも見た、感情線の支線の濃さです。手相占いにおいて、どのようになっていれば男の子なのか、女の子なのか、詳しく解説していきます。



男の子の場合


手相占いにおいて感情線の始点にある支線が、より長く濃ければ男の子を表します。男性にもこの支線が現れている場合には、子宝に恵まれる可能性が高まるようです。

女の子の場合


手相占いにおいて、女の子を表す支線は男の子の支線に比べて薄く、短い線です。感情線の始点にある矢印のような形をした支線は、恵まれる子宝の数や妊娠できる回数だけではなく、性別も分かるので、濃さや長さなどよく観察してみてくださいね。



子宝に恵まれない線もある?


子宝に恵まれる手相がある一方で、子宝に恵まれない手相もあります。子どもを望む方にとって、子宝に恵まれない手相があるというのは気になりますよね。どのような手相だと恵まれにくいのかというと、上記でご紹介したような子宝線がない手相や、小指が短い場合です。具体的にはどのようなことなのか、ご紹介していきます。

子宝線が無い手相は子供に恵まれにくい


子宝線がある手相をご紹介しましたが、このような線がない手相は子宝に恵まれにくい手相とされています。しかし、手相占いというのは絶対ではないので、決して子宝に恵まれないということではありません。

感情線に現れる支線により分かる子供の人数や性別も、当たる確率は低いのです。他の線が良い場合は、その線が補ってくれる場合があるので、子宝線が無いからといって落胆しないようにしましょう。



小指が短い手相は子供に恵まれにくい


手相占いにおいて、小指が短い場合は子宝に恵まれにくいと言われています。小指が短いというのは、薬指の第二関節まで届いてない場合を言います。小指が短い人はホルモンバランスが整いにくく、性に関する興味が低い傾向にあります。しかし、小指が短いからといって子宝に恵まれないとは限らないので、あまり気にしないようにしましょう。

子宝線がなくてもこれがあれば大丈夫!7つ紹介!


ご紹介した子宝線が無い手相の場合は、子宝に恵まれにくいとご紹介しました。しかし、今からご紹介する手首線や結婚線からの支線、ファミリーリング、金星丘の張り、水星丘に多数の支線などがあれば、子宝に恵まれやすくなるとされています。具体的にどのような手相であれば子宝に恵まれやすくなるのか、詳しくご紹介していきます。



子宝線以外にも妊娠を知らせる手相がある


感情線のあたりから斜めに伸びて、生命線を横切る線がある人がいます。この線を「恋愛線」と呼び、恋愛や結婚する時期などを判断することができます。この恋愛線がある場合、子宝に恵まれやすいことを意味しています。相手への強い愛情を感じているときに現れる線なので、片思い中でも現れる可能性もありますが、濃ければ濃いほど子宝に恵まれやすいとされています。

手首の線がはっきりしていれば子供に恵まれやすい


手首のあたりに現れている横線を、手相占いでは手首線と呼びますが、この線が3本綺麗に入っていれば体がとても丈夫であることを表しています。この線があると妊娠しやすく、子宝に恵まれやすいと言われており、手首に4本目の線があると、妊娠する確率はあがり長寿にもなるとされています。


手首線は健康状態も表しており、線がリング状になっていたり途切れている場合には、体が弱いことを手相占いでは意味しています。また、手首線がまっすぐに伸びずに蛇行している場合は、婦人科系の病気に注意が必要とされています。自分の手首線がどのようになっているのか、観察してみてくださいね。

結婚線から上向きの線が出ていると子供に恵まれやすい


結婚線というのは、小指の付け根と感情線の間に伸びる線のことを言いますが、結婚線から上向きの支線が伸びていることがあります。この結婚線から現れる支線の数は授かる子どもの人数を表しており、手のひら側の線を長子とし、外側の線を末子というように見ます。

また、結婚線の支線は仕事と家庭の両立ができているということを表し、夫婦関係も良好であるようです。比較的結婚線は変化しやすいので、よく注目しておきましょう。



ファミリーリングの持ち主は素敵な家庭を築くことができる


親指の付け根に鎖状の線が現れることがありますが、この線のことを手相占いでは「ファミリーリング」と呼びます。このファミリーリングの鎖の数は、普通は2つか3つ程度ですが、数が多いほど妊娠する確率が上がると言われています。

手首の線が鎖状だった場合は体が弱いことなどを表しているように、手相占いにおいて鎖状の線はネガティブな意味を持つことが多いです。しかし、ファミリーリングはとてもいい意味を持っています。ファミリーリングが現れていると、お互いを思いやれるような幸福に包まれた家庭を築けるでしょう。

ファミリーリングにはとてもいい意味がありますが、この線を持つ人は優しく、情に流されやすいので、トラブルに巻き込まれやすくなります。ファミリーリングがある人は、危険な目に遭わないように気をつけましょう。



金星丘が発達していると子供に恵まれやすい


手のひらにある膨らみのことを、金星丘や水星丘などと言います。親指の付け根にある膨らみのことを、手相占いでは金星丘と呼びます。この金星丘の色艶が良かったり、張りのある膨らみがあると、あなたが生命力にあふれていることを表しています。

また、金星丘の状態が良いと愛情にも満ちあふれているようです。なので、金星丘がこのような状態であれば妊娠しやすい体であると言えます。金星丘がどのような状態か、チェックしてみましょう。

水星丘が発達していると子供に恵まれやすい


金星丘の他にも、水星丘でも子宝に恵まれやすいかどうかが分かります。水星丘とは、小指の付け根の部分です。この水星丘は女性の生殖機能との関わりがあり、ここに多数の支線が入っていると精力が旺盛であるということを手相占いでは意味します。

なので、水星丘に支線が多く入っている人は、妊娠しやすい傾向にあると言えます。これは男性にも言えることなので、パートナーの水星丘もチェックしてみましょう。



二重生命線の持ち主は生命力が強い


手相の中でも生命線はメジャーな線ですが、この生命線が二重になっている手相があります。このような手相を二重生命線と呼び、生命力が普通の人に比べると2倍あるということを表しています。健康状態はとても良く、子宝にも恵まれやすい状態であると言えます。また、子どもを授かるまで時間が掛かっても、諦めない強さも秘めています。二重生命線は健康や長命、妊娠を表すとてもいい手相ですね。

『子宝』の手相を見て、将来を考えてみよう!



あなたの手のひらに、子宝に恵まれやすい手相はありましたか?子どもを授かりたいと願う人にとって、自分の手相が授かりやすい手相かどうか、気になるところですよね。もし子宝線があった場合、将来自分は子どもを何人授かれて、男の子と女の子のどちらを育てるのか、考えるだけで楽しいですよね。自分の未来への想像を膨らませてみましょう。

もし、上記で説明したような手相がなくても、授かれないことはないので悲観しないでくださいね。あくまでも手相占いは参考として楽しむことが大切です。

(まい)
1

関連記事