【手相占い】『人差し指』の手相占い10選!星や十字がある場合は?

人差し指の付け根にある『木星丘(もくせいきゅう)』という手相を知っていますか?幸運をもたらしてくれる多くの手相が人差し指下に集まっています。この『木星丘』に現れる線や十字架、三角紋、スターやフィッシュ、スクエアといった形をする手相の見方を紹介していきます。



目次

『人差し指』には多くの意味があった!


両手を開いて人差し指の付け根あたりを見てみましょう。人差し指の付け根下に縦線や横線、もしくはクロス(十字架)、スター(星型)、トライアングル(三角)、スクエア(四角)のような形をした手相を見つけることはできますか?この人差し指の付け根下に現れる手相が、どのような意味を持っているのか紹介していきたいと思います。

『人差し指』下の木星丘の意味とは?


人指し指の付け根下のゾーンは『木星丘(もくせいきゅう)』と呼ばれ、英語では「Jupiter(ジュピター)」と呼ばれます。ローマ神話でジュピターは神々の王であり、天の支配者である最高神です。最高神は指導力や支配力を持ち合わせているので、それによって人差し指下の『木星丘』も同じように「指導力や支配力に長けている」と占います。



野心や支配力に満ちあふれる


人差し指の付け根下にある『木星丘』は「向上心」を表しますが、実は『野心の丘』という別名も持っています。「野心」と聞くとあまり良くないイメージも同時に浮びますが、決して野心とは悪いものではありません。裏を返せば、「向上心が(非常に)高い」ということになります。

名誉を大切にする


人差し指の付け根下にある『木星丘』は「名誉をとても大切にする」という特徴も持っています。向上心がとても強く、名誉や地位、または夢や希望を叶えるために一所懸命頑張ることができる性格が特徴です。また名誉や地位を与えられた場合、それに見合った行動も取ることができるので、人一倍努力を惜しまないという性格も持っています。



独立心がある


人差し指の付け根下にある『木星丘』は「独立心が旺盛」という特徴もあります。独立心が旺盛であると何事に対しても真剣に取り組み、他人に頼ることなく自分だけの力で物事を行おうと努力する性格が特徴です。また、型にはまらず独創的な才能が生まれる可能性が大きいとも言われます。

統率力がある


人差し指の付け根下にある『木星丘』は、最高神ジュピターのように「統率力を持ち合わせている」という特徴を持ちます。統率力とは、組織やチームなどの多くの人たちをまとめて率いていく力のことで、リーダーが持つべき資質や能力のひとつになります。



『人差し指』下に現れる手相10選!


人差し指の付け根にある『木星丘』に現れる手相を紹介していきます。人差し指下に現れる縦線や横線、クロス(十字架)、スター(星型)、トライアングル(三角)、スクエア(四角)のような形をした手相には、一体どのような意味が込められているのでしょうか。

木星丘に縦線が現れている場合


人差し指の付け根にある『木星丘』にどの線とも交わらない縦線、もしくは斜め線の手相が現れていれば、それを「リーダー線」や「指導線」と呼びます。人差し指下の『木星丘』に「リーダー線」が現れている人は、人に命令をしたり、人や組織を支配するのに適した性格という特徴を持っています。

また、人差し指下に現れるこの線が短い場合には「引き立て線」と呼ばれ、「周囲からの支援や保護を受けることによって幸運をもたらされる」良い手相です。

人によって手の大きさが異なるため、何cmあれば長い(短い)というように明言はできませんが、人差し指下に現れている手相の線がはっきりとしていれば「リーダー線」、手相がぼんやりと弱く感じるようであれば「引き立て線」と判断するのが良いでしょう。



木星丘に生命線から伸びた縦線が現れている場合


人差し指の付け根にある『木星丘』から、生命線へ向かって伸びた縦線を「向上線」と呼びます。この「向上線」は生命線にくっ付いているのがポイントで、中指側へ向かって伸びていたら別の手相となります。

人差し指下の『木星丘』に「向上線」の手相が現れている場合は、「夢や希望を叶えるためにがむしゃらに頑張ることができ、諦めない強さも同時に持ち合わせている」と占います。

手相は一生涯変わらないものではなく少しずつ変化していくものですが、この人差し指下に現れる「向上線」の手相は年齢を重ねても消えずに残っています。もしも現在、人差し指下に「向上線」が現れていなくても、何か目標に向かって一生懸命に頑張っていると「向上線」は次第に現れると言われます。



木星丘に横線が現れている場合


人差し指の付け根付近にある『木星丘』に横線、または斜め上に伸びている線のことを「マネージメント線」や「マネージャー線」と呼びます。また、この線が人差し指下の『木星丘』の手前で途切れているものも「マネージメント線」に含まれます。

人差し指下の『木星丘』に「マネージメント線」が現れている人は、管理能力が優れていて、自分自身が動くのではなく、人や組織などを支援をしながら利益を上げたり、目的を達成するような立場になりやすい性格を持っています。

例えば、スポーツなどの監督や企業の管理職や経営者など、「上手に人や企業を動かして成果や利益を上げることに適している人」と言われます。また実際に、そのような立場に立っている人によく現れる手相とも言われます。



木星丘に十字線(クロス)が現れている場合


人差し指の付け根にある『木星丘』に「2本の線」がクロスしている手相を、「十字架」や「十字紋」と呼びます。 手のひらに現れる十字架の手相は一般的に「障害線」と呼ばれ、凶の意味合いを持つものがほとんどですが、この人差し指下の『木星丘』に現れる十字架は特別で「願い事が叶う」と言われる良い手相です。

また、人差し指下の『木星丘』に現れる十字架は、何か苦難があってもそれをはね除けることができる「プラス思考の持ち主」という性格も持っています。



木星丘にスター(星紋)が現れている場合


人差し指の付け根にある『木星丘』に「3本の線」が重なり合っている手相を、「スター線」もしくは単純に「スター」と呼びます。また、他の手相と重なって「4本の線」が重なり合っている場合はとても珍しく、大きな幸運をもたらすと言われています。

人差し指下の『木星丘』に3本、もしくは4本の線が重なり合っている「スター線」は「チャンスに恵まれる」「願い事が叶う」と言われるとても良い手相です。

人差し指下の『木星丘』に「スター」の手相が現れている人は、例えば、頑張りが認められて昇級したり、臨んだ勝負に勝ったり、もしくは自身でもびっくりしてしまうほどの思いがけない幸運が訪れたりなど、とても良い方向へ向かっていると言われます。



木星丘にスクエア(四角紋)が現れている場合


人差し指の付け根にある『木星丘』に四角形やひし形、シャープやハッシュタグのような四角の模様が現れている手相を、「スクエア」や「四角紋」と呼びます。

手のひらに現れる「スクエア」の手相は現れる場所によっては凶の意味を持つものもありますが、人差し指下の『木星丘』に現れる「スクエア」は「ピンチのときに助けを受ける」「守られる」と占います。また、「自分を犠牲にしてでも、人のために動く」という特徴も持っています。

人差し指下の『木星丘』に「スクエア」の手相が現れている人は、例えば、教師などの教育者や指導者、医師など「人を教育したり導いたりする才能が長けている」と言われます。また、僧侶などの宗教家にも多くこの手相が現れていると言われています。



木星丘にフィッシュ(魚紋)が現れている場合


人差し指の付け根にある『木星丘』に魚に似た形が現れている手相を、「フィッシュ」や「魚紋」と呼びます。尾っぽに見える2本の線がだいたい同じくらいの長さであることがこの「フィッシュ」のポイントで、尾っぽの長さがアンバランスなものは別の手相になります。

この「フィッシュ」の手相は手のひらのどこに現れても幸運をもたらすと言われる良い手相で、特に人差し指下の『木星丘』に「フィッシュ」が手相が現れている人は「良い指導者に恵まれる」と言われます。例えば、尊敬できる教授や信頼のおける上司などと良いご縁があると言われ、その人があなたを良い方向へ導いてくれるというのです。

人差し指下にはっきりとした線で「フィッシュ」の手相がある場合は、「幸運が訪れる時期が近づいていること」を表し、また大きな幸運を期待できます。手相の線がぼんやりしていたり途切れている場合は「幸運の兆し」と思っていて良いでしょう。



木星丘に三角紋(トライアングル)が現れている場合


人差し指の付け根にある『木星丘』に三角形や逆三角形が現れている手相を、「三角紋」や「トライアングル」と呼びます。

手にひらに現れる「三角紋」の手相は現れる場所によって凶の意味を持つものもありますが、人差し指下の『木星丘』に現れる「三角紋」は「指導力を発揮する」と占います。また、「三角紋」の手相が現れることによって『木星丘』の象徴である「支配や権力、野心」がより強まるとも言われます。

人差し指下の『木星丘』に「三角紋」の手相が現れている人は、例えば、企業の中でも部下を持つような立場に昇格したり、様々な活動や組織の中でリーダーになる素質を持っている人に現れると言われます。また、四角の形をした「スクエア」の手相と同様、教師などの教育者や指導者など「人を教育したり、導く立場にいる人」によく現れているとも言われる手相です。



木星丘にふくらみや張りがある場合


人差し指の付け根にある『木星丘』に膨らみがあったり、縦線や横線、もしくは何かしらの形をした手相が現れている場合は、一般的に「積極性があって、人を指導をする能力に長けている」と占います。

人差し指下の『木星丘』に何かしらの手相が現れている人は、例えば、企業などの経営者や管理職、警察官など、人を指示して動かす立場になる人に多いと言われます。

木星丘に現れる縦線や横線が多い・複数ある場合


人差し指の付け根にある『木星丘』に縦線や横線がいくつも現れている場合は、『木星丘』が持つ「支配や権力、野心」がより強く発揮すると占います。


人差し指下の『木星丘』に縦線や横線がいくつも現れている人は「努力家で負けず嫌いな性格を持っていて、目標達成に向けてとにかく努力を惜しまない」という特徴を持ちます。もちろんこの向上心や野心によって、指導力や支配力は人一倍目立ったものになります。企業のトップや政治家など、人の上に立つ人によく現れる手相とも言われています。

『人差し指』には魅力がいっぱい!よく見てみよう!



人差し指の付け根にある『木星丘』に現れる手相には様々な種類があり、さらに幸運をもたらしてくれる手相が多いことを紹介しました。手相は少しずつ変わっていくものなので、もしも現在、人差し指下の『木星丘』に縦線や横線、十字架、スター、フィッシュ、スクエア、三角紋のような手相が現れていなくても、いつの日か姿を見せてくれる日が訪れるかもしれません。

手相占いとは絶対的なものではありませんが、大いに当たっている部分もあることから、幸運をもたらしてくれる手相をしっかりと読み取り、ハッピーをたくさん引き寄せていきましょう!

(まい)
1

関連記事