罪悪感を抱く原因・心理・対処法!どんな時に罪悪感を抱くの?

罪悪感を抱く時、自分の行動を後悔していたり落ち込んでいたりする場合が多いでしょう。どんな時に罪悪感を抱くのか、どんな人が罪悪感を抱きやすいのか、また、どんな対処法があるのかなど、罪悪感を抱く原因や心理について体験談などを含めて紹介します。



目次

罪悪感を抱くことは悪いこと?


罪悪感を抱くことは悪いことなのでしょうか。罪悪感を感じたことがないという人は存在しないでしょう。罪悪感を抱かない人は、反省しなかったり罪の意識や後ろめたさが全く無いということになります。罪悪感を抱くということは、自分の行動をかえりみて反省出来る道徳心のある人だと言えます。そう考えると罪悪感を抱くことがすべて悪いことだとは言えないでしょう。

そもそも「罪悪感」の意味とは?


罪悪感についてよく知るには罪悪感という言葉の意味を知らなくてはなりません。「罪悪感」には以下のような意味があります。


ざいあく-かん【罪悪感】
罪をおかした、悪いことをしたと思う気持ち。「-に責められる。」
weblio辞典


このように、悪いことだとわかっているのに行動してしまったり、誰かを傷つけるようなことをしてしまって責められるのではないかと思う気持ちなどのネガティブな感情のことを「罪悪感」ということがわかります。



罪悪感を抱く人の原因3つ!


罪悪感を抱くのが多い人と少ない人がいます。罪悪感を抱くのが多い人にはどんな原因があるのでしょうか。罪悪感を抱くことが多い人には、それなりの原因があります。罪悪感を抱く人の原因について3つご紹介します。

誰かを傷つけてしまった


誰かを傷つけるような行動を取ってしまった時、罪悪感を抱く原因になります。それが親しい友人だったり大切な家族だった場合などは、さらに罪悪感を抱くことになります。自分が傷ついた場合よりも、誰かを傷つけるような行動をした時の方が、罪悪感を抱きやすいでしょう。

嘘をついた


つい、軽い気持ちで嘘をついてしまい、後から後悔するようなことがあるでしょう。嘘には大きな嘘から小さな軽い嘘まで様々な嘘があります。しかし、嘘の内容よりも嘘をつくこと自体が罪悪感を抱く原因になります。軽い気持ちで嘘をついて最初はあまり罪悪感を抱いていなくても、時間が経つにつれて罪悪感が大きくなる場合もあります。



自分の意に反することをした


どんな理由があるにせよ、したくない行動を取ったり言いたくないことを言ったりした場合は罪悪感を抱く原因になります。自分にも他人にも誠実でありたいのに、自分の意に反することをした場合は罪悪感を抱いてしまいます。

罪悪感を抱く人の心理6選!


罪悪感を抱く人にはどのような心理が働いているのでしょうか。罪悪感を抱く人には理由があります。罪悪感を抱く時は自分の心理状態も辛い場合が多いでしょう。罪悪感を抱く心理を理解して、辛い気持ちを整理してみましょう。

ストレスを抱えて辛い


ストレスを抱えていて辛い心理状態の人は罪悪感を抱くことが多いでしょう。ストレスが辛いと物事を前向きに考えることが出来ず、自分を責めることが多くなってしまいます。ストレスの原因も自分のせいだと考えてしまうでしょう。



体調が優れない


体調が優れない時も罪悪感を抱きやすくなります。いつ体調が回復するかもわからないと、ますますマイナス思考になりがちです。しかし、この場合は体調の回復と共に罪悪感を抱くことも少なくなります。

自己否定感が強い


自分は何も出来ない、自分に自信がないという心理状態の人は罪悪感を抱くことが多いでしょう。自己否定感が強い人は毎日の自分の行動を後悔することが多いので、罪悪感を抱く機会が多くなります。

周囲の目を気にする


周囲の目を気にする人も罪悪感を抱くことが多いでしょう。他の人からみると気にするようなことではなくても、周囲の目を気にする人は相手がどう思っているのかを過剰に気にするので罪悪感を抱いてしまいます。



ネガティブ思考


常にネガティブ思考な人は罪悪感を抱きやすいでしょう。自分の行動や考え方を前向きに捉えることが出来ないので、罪悪感を抱くことが多くなります。また、一度罪悪感を抱くとなかなかその心理状態から抜け出せずにいつまでも罪悪感を抱いたままになってしまいます。

我慢している


普段、我慢している人は罪悪感を抱くことが多くなってしまいます。本当は自分の気持ちに素直になりたいと思っているのに我慢することが多いと、自分を責めることになってしまいます。自分の行動を責めることが多いと、その感情がそのまま罪悪感に変わってしまいます。



罪悪感を抱く人の対処法4つ!


罪悪感を抱くと、ネガティブな気持ちになり心が重くなってしまいます。相手を傷つけるような行動をしてしまったり、悪いことをしたと思ったりして罪悪感を抱いてしまった時にはどのような対処法をとればよいでしょうか。罪悪感を抱く人の対処法について4つご紹介します。

とにかく謝る


自分が悪いと思った時は、とにかくすぐに謝るという対処法が有効です。自分の悪いところをいつまでも責めるよりは、相手に謝ってしまった方が罪悪感を抱くことが少なくなります。ちょっとしたことや、わざわざ謝るようなことではないような小さなことでも謝った方が良いでしょう。

自分がしたことを振り返って考える


自分のどんなところが悪いのか、なぜそのような行動を取ってしまったのかなど、自分がしたことを丁寧に振り返って考えるのも対処法のひとつです。結果ばかりをみて罪悪感を抱くのではなく、そこまでに至る過程を振り返って考えることが大切です。そうすることで、自分の行動を否定するのではなく、肯定して考えられるようになります。



気持ちを落ち着かせる


罪悪感を抱いている時は、物事を冷静に考えられていない場合があります。まずは気持ちを落ち着かせることが有効な対処法です。実は罪悪感を抱くほどのことではない出来事も、感情が高ぶっている時にはその判断が出来ません。気持ちを落ち着かせることで、罪悪感を抱くほどではないことなのかもしれません。

同じことはしないと心に刻む


罪悪感を抱くと気持ちがとても辛くなります。相手にも嫌な思いをさせることがあるでしょう。自分のためにも大切な友人や家族のためにも、同じことはしないと心に刻みましょう。すぐに直すことは出来ないかもしれませんが、反省して心に刻むことで同じことで悩むことは少なくなっていきます。



罪悪感を抱くのはいつ?こんな時に罪悪感を感じた体験談3つ!


実際に罪悪感を抱くのはどのような場面の時なのでしょうか。どんな時に罪悪感を感じたのか体験談を3つご紹介します。

彼氏にデートの費用を負担させることに罪悪感を抱くという体験談


社会人同士のカップルで、デートの費用を負担させるのが申し訳なくて毎回割り勘にしています。でも、周囲の人には彼氏に罪悪感を抱くのは変だと言われます。人に奢られて罪悪感を抱くのは普通だと思います。

異性の友人からの誘いを断ったことに罪悪感を抱くという体験談


恋愛感情は無く、同性の友達のように接することが出来る男友達がいます。先日、男友達に食事に誘われましたが、男友達には彼女がいるので断りました。「彼女に申し訳ないから」という理由で断り、男友達もその理由に納得してくれましたが、断った後に男友達がとても落ち込んでいる様子を見て、嫌な思いをさせてしまったのではないかと、罪悪感を抱いています。



仕事をしていないことに対して罪悪感を抱くという体験談


大きな病気を患ってしまい、長期の入院をしていたので仕事を辞めて家にいます。いずれは仕事を再開したいと考えていますが、今現在働いていないことに対して罪悪感を抱いています。まだ、リタイアする年齢でもないのに働いていないことになんとなく罪悪感を感じています。

罪悪感を抱く人は思い込みである場合がほとんどって本当?


罪悪感を抱く人の体験談をご紹介しましたが、どの体験談も直接誰かから傷つけるようなことを言われたわけではありません。つまり、罪悪感の多くが思い込みであることがわかります。罪悪感を抱く人は周囲の目を気にする心理を持っています。この周囲の目を気にしやすい繊細な部分が、自ら罪悪感を生み出すことになります。

また、男性より女性の方が罪悪感を抱きやすいという特徴があります。周囲の目を気にしてしまう優しくて気配りの出来る女性ほど、罪悪感を抱きやすくなってしまいます。



【番外編】罪悪感の類語と英語表現を紹介!


罪悪感の類語


罪悪感と同じような意味をもつ類語にはどのような言葉があるのでしょうか。ここでは、罪悪感の類語を3つご紹介します。

後ろめたさ


罪悪感の類語には「後ろめたさ」という言葉があります。「後ろめたさを感じる」「後ろめたい」という使い方をする場合が多いでしょう。意味は、「本当はしてはいけないことをしたというような良心の咎めを感じること」です。罪悪感の意味とほぼ同じ意味の類語です。

自責の念


「自責の念」という言葉も罪悪感の類語です。「後悔して自分を責める心持ち」という意味で、「自責の念にかられる」「自責の念に堪えない」という使い方をします。誰かを傷つけるような行動をしてしまった時に、後悔して自分を責めてしまうという場合に使います。



負い目


「負い目」という言葉も罪悪感の類語です。「負い目を感じる」という使い方をする場合が多いでしょう。「人に負担をかけたり迷惑をかけたりするなどして、申し訳ないと思う心持ち」という意味です。

罪悪感の英語表現


「罪悪感」を英語で表すと"guilty"になります。さらに、「罪悪感を抱く」になると、"feel guilty"という表現になります。例えば、「あなたに罪悪感を感じさせてすみません」という場合には、"I am sorry,to make you feel guilty."と、表現します。

罪悪感を無くして、明るい生活を送ろう!



罪悪感を抱く人は周囲の目を気にしたり、大切な人を傷つけるようなことをしたくないと思っていたり、心の優しい人が多いことがわかりました。周囲の目を気にすることが悪いことではありませんが、せっかくの優しい心を罪悪感でいっぱいにしてしまうのは、とてももったいないことです。

なるべく罪悪感を抱かないように、誰かを傷つけるようなことをした場合はすぐに謝るなどの対処法を試しながら、明るく楽しい生活を送りましょう。

(まい)
1

関連記事