つらい!永遠に続く…終わりが見えないLINE【LINE事件簿 #12】

LINE事件簿
LINE事件簿
恋愛・職場・家族間トラブルまで、日常で起きる事件の発端になりうる“LINE”。そんなLINE事件簿のエピソードを、LINE探偵が紹介します。
どうも、LINE探偵です。

僕の元には日々「LINE事件簿」が寄せられています。

LINEはいつだって事件の発端になりうるもの。大喧嘩につながるハプニングから、つい笑ってしまうプチアクシデントまで……。あなたも身に覚えがあるのではないでしょうか?

そんなLINE事件簿の中から、特に印象的だった事件をみなさんにご紹介します。

#12 終わらせたいのに会話が無限に続く……


明日はD子さんは友達4人と久しぶりのお出かけをする予定。大学時代の男女仲良しグループで、社会人になった今もこうしてみんなで遊んだりするのだとか。

そんな夜、仲良しグループのある男性から連絡がありました。

つらい!永遠に続く…終わりが見えないLINE【LINE事件簿 #12】の1枚目の画像


相手が自分に好意を持ってくれているのは、以前からなんとなく察しているというD子さん。

「彼はいつも話が長く、なかなか話が終わらないところが苦手なんです……」と申し訳なさそうに言います。

今日もまた長くなるのかな……と思いつつ、もう寝ることを匂わせます。しかし、相手には一切通用しません。

「また明日ね!」と返信してくれればいいものを、明日の服装や天気までをD子さんに聞いてきます。

この男性には、今後このような自己中LINEを送ってしまわないようにLINE探偵からの助言が必要ですね。

今はとりあえず、明日のお出かけが楽しく終わることを願うばかりです。

次回のLINE事件簿は「コロナを言い訳に宅飲みに誘ってくる男友達からのLINE」。お楽しみに!

(LINE探偵)

※LINE事件ご提供者本人の許可を得て掲載しています
※個人が特定されないよう、名前や内容は一部変えています
1

この記事を書いたライター

LINE探偵
30代既婚者。これまでに100人以上のLINEに関する相談を受けたことがある。その内容は、恋愛/家族/セクハラ/浮気などさまざま。 今日も次々と僕の元へ寄せられるLINEのトーク履歴をみんなでチェックして行こう!

関連記事