サブリナ・カーペンター、新曲「Skin」歌詞の内容がファンの間で話題

1999年生まれ、米ペンシルヴァニア州出身の21歳シンガー=サブリナ・カーペンターが新曲「Skin」を急遽リリース。リリック・ビデオも同時に公開された。

この楽曲は、全米・全英シングル・チャート初登場1位の快挙を達成したオリヴィア・ロドリゴのデビュー曲「drivers license」のアンサーソングではないかと、ファンや海外のメディアの間で話題になっている。「Skin」をリリースするや否やサブリナはTwitterでトレンド入りし、オリヴィアの楽曲との関係性が注目された。

現在17歳のオリヴィア・ロドリゴは、サブリナと同じくディズニーチャンネル出身の新星シンガーソングライター。今月8日にリリースしたデビュー曲「drivers license」は、自身が経験したというほろ苦い失恋について歌ったものだ。

オリヴィアは、ディズニープラス配信のドラマシリーズ『ハイスクール・ミュージカル:ザ・ミュージカル』で主役のニニ役を務めており、同作で共演しているジョシュア・バセットとの交際も長らく噂されてきた。しかし、近日ジョシュアはサブリナと急接近していると報道されており、「drivers license」はこの3人の三角関係について歌っているのではないかと推測されていた。

サブリナ自身の視点を提供した「Skin」のリリースにより、三角関係をめぐる噂がさらに加速することとなった。世界各国のチャートで1位を記録しているオリヴィア・ロドリゴの楽曲「drivers license」とサブリナのレスポンス曲「Skin」をぜひ併せて聴いてみてはいかがだろうか。

関連記事