角野隼斗、テレビCM初主演でテクニカルで躍動感のある圧巻の演奏を披露

角野隼斗、テレビCM初主演でテクニカルで躍動感のある圧巻の演奏を披露の1枚目の画像

YouTube総再生回数1億回超え、登録者数83万人にして、今最も注目を浴びる異色のピアニストの角野隼斗が10月16日より放映のCASIO『Privia PX-S1100』の初のテレビCM主演を果たした。

このCMは、『共鳴する。そのクオリティ。』というコピーと共に角野隼斗がプライベートな空間で演奏を楽しんでいる様子が描かれており、テクニカルで躍動感のある圧巻の演奏を披露している。

『Privia PX-S1100』は高いデザイン性と、グランドピアノの弾き心地を追求した演奏性が高評価を得ている電子ピアノ。前モデルPrivia PX-S1000から大人気のモデルとなっており、表現力をより向上させた新機種として今年の7月に発売。

角野隼斗はCASIOの電子楽器アンバサダーも務めている。

角野隼斗のスペシャルインタビューはCASIO『#部屋活ピアノ』スペシャルサイトにて現在公開中。また、TVCM放映を記念した豪華プレゼントキャンペーンも行っているので要チェックだ。

【角野隼斗コメント】

すごくスリムで軽いのにタッチがしっかりしていて音もいいですよね。そこの両立を実現した電子ピアノは他にないと思います。電子ピアノでありながらも、お部屋のインテリアを引き立たせるデザイン性が備わっているところにも革新性を感じます。

関連記事