ボカロPすりぃ、1年半振りとなるボカロ楽曲「カメレオン」を配信リリース

ボカロPすりぃ、1年半振りとなるボカロ楽曲「カメレオン」を配信リリースの1枚目の画像

ボカロP、 シンガーソングライター、作家として大活躍中の「すりぃ」が約1年半振りに、ファン待望のボーカロイドを使用した新曲「カメレオン」を11月27日配信リリースする。

わずか3年半で、YouTube総再生回数8,000万超え、チャンネル登録者数32万人超え、最注目ボカロP「すりぃ」。2018年3月3日よりボカロPとしての活動を開始し、ボーカロイドを軸に時折自身の歌唱、最近では新たな試みとして女性ボーカリスト「ねね」を迎え活動を行ってきた。

活動当初より楽曲・詞のセンスが高く評価され、ニコニコ動画ではたちまち伝説入りを果たし、今勢いのあるボカロPの一人として注目されている。また、作家として数々のアーティストに楽曲提供もしており、Adoに楽曲提供した「レディメイド」(再生回数4,700万)は記憶に新しいのではないだろうか。

【すりぃコメント】

他人の望む色や、周りの色に溶け込むことでやり過ごす処世術を身につけた現代人。自分の色さえも見失う中、それでも生きていくことの強さを歌った曲です。僕自身自分の色というものがわからず、悩んでいた時もあります。けれど、そんな何色かもわからないという個性もいいんじゃないかなと、最後には希望が見える曲になったかと思います。すりぃとして活動を始めてから令和3年3月で3周年を迎え、なにかと「3」に縁のある中、とても久しぶりのボーカロイド新曲です。最近投稿した曲は、既存の曲のlong ver.や楽曲提供等で制作させていただいた曲になるので、今回のカメレオンからまた新たな一歩を踏み出せればなと思っています。

関連記事