加藤浩次、子供が結婚式を挙げなくても“全然いい”理由とは?「言わなきゃいけないから」

加藤浩次/(c)E-TALENTBANK
加藤浩次/(c)E-TALENTBANK

7月5日、日本テレビ系『スッキリ』に加藤浩次が出演した。

今回番組では、“結婚式を挙げたくない人が増えている”という話題が取り上げられ、披露宴・挙式・食事会・写真撮影などを実施しなかった割合が年々増加していると伝えられた。

そして、25歳~34歳の女性約1,500人に行った調査によると、およそ6割が“結婚式をしたいとは思えない”という結果だったと明かされ、理由としては“主役になるのが苦手”、“お金を他のことに使いたい”などが上位に挙げられた。

加藤は「両家だけでよくないですか?それ以外いりますか?僕は挙げなかったのは、やっぱりほんとに、この局の人ここに座らせてとか、じゃあ学生時代の先輩前に持ってこないとあいつ怒るだろうなとか。それが嫌で僕は」と、親族以外の参列者に気を遣うのが嫌で結婚式をしなかったと発言。また、婚約指輪も買っていないといい、「『いらない』つったから。妻が。そんなん使わないでしょみたいな」とコメント。

その後、出演者から「じゃあ、お子さんが結婚式しないってなったら?」と聞かれると加藤は「全然いい!」と発言。“父親としてバージンロードを子供と歩きたい気持ちはないのか”と振られると、加藤は「あ~!ないないないない!」と否定し、「『すいません、すいません』って言わなきゃいけないから。『皆さんすいません、ありがとうございます。来てもらって』って言わなきゃいけないから。いらない俺」と話していた。

関連記事