目のクマやシミを自然にカバー! 脱・お疲れ顔メイクを河北裕介が指南!!

目次

ヘアメイク河北裕介さんの大人メイクで“いい女”

目まわりに目立つクマやシミがあるだけで、一気にお疲れモードに見えてしまい、鏡を見るたびに落ち込んでしまうことも。だからといって厚塗りでカバーするのもちょっとイヤ。そんなオトナのお悩み、河北センセイならどう解決してくれる?

『オトナミューズ』最新号を購入する!

宝島社公式通販サイト「宝島チャンネル」なら電話注文もOK!
【TEL】0120-203-760
【受付時間】9:00~18:00(土日祝日を除く)
※電話注文でご利用いただけるお支払い方法は「コンビニ前払い」「NP後払い」のみ

<今月の生徒さん>美容師・高橋佳奈さん

目のクマやシミを自然にカバー! 脱・お疲れ顔メイクを河北裕介が指南!!の1枚目の画像

年齢を重ねるとともに、クマや頰のゾーンのシミが目立つようになり、疲れて見えるのが悩み。普段のメイクはオレンジなどトレンドカラーを取り入れているけれど、最近マンネリ化してきたような。

<今月のLESSONテーマ>
オレンジ×イエローでクマもシミもさり気なくカバー

クマにもシミにも有効なのがオレンジ×イエローベージュのコンシーラー。実は下まぶたにも同色を掛け合わせることで、下まぶたを立体的かつ、目まわりのどんよりとした影を払拭!

高橋さん(以下T) 最近、クマやらシミやらが気になり始めて。疲れて見えるのが悩み。
河北さん(以下K) クマにはオレンジのコンシーラーを、と言い続けてきたけれど、実はシミにもオススメ。シミ部分にオレンジをのせて、その横にはベージュを。肌の上でトントン混ぜるようにすると、シミは一発で目立たないよ。
T 肌の濁りが目立たなくなった~。不思議!
K 肌って実はベージュ1色で成り立っている訳ではないからね。描画みたいに色を掛け合わせると濁りが目立たなくなるんだよ。でもメイク上手だから、他に直すところがないな~。
T オレンジメイクに飽きを感じていて。
K 実はオレンジのアイメイクって、クマ対策にはとても有効なんだ。下まぶた全体にオレンジ+イエローを多めにブレンドしてのせて。
T なるほど~。下まぶたメイクでコンシーラー効果も狙えるんですね。
K オレンジのワントーンメイクももちろん洒落てるけど、マンネリを感じるならリップで締めるのも有効。グッと大人っぽくなるよ。

目のクマやシミを自然にカバー! 脱・お疲れ顔メイクを河北裕介が指南!!の2枚目の画像
衣装は全て本人私物河北'sいい女 Point 1

深み色のリップで印象にメリハリを

目のクマやシミを自然にカバー! 脱・お疲れ顔メイクを河北裕介が指南!!の3枚目の画像

ワントーンメイクももちろんおしゃれだけど、印象チェンジを狙いたいなら、リップに深みカラーを持ってくるのがオススメ。ぼんやりした印象もグッと締まり、一気に大人っぽいメリハリ感が誕生。

目のクマやシミを自然にカバー! 脱・お疲れ顔メイクを河北裕介が指南!!の4枚目の画像
&be クレヨンリップ ココアブラウン ¥2,750(Clue)

シックなムードの赤み寄りのブラウン。軽やかなテクスチャーでスルスル描ける。上質な光沢感で唇を立体的に。

河北'sいい女 Point 2

下まぶた全体にイエローを入れて立体的に目幅拡大

目のクマやシミを自然にカバー! 脱・お疲れ顔メイクを河北裕介が指南!!の5枚目の画像

目のクマやシミを自然にカバー! 脱・お疲れ顔メイクを河北裕介が指南!!の6枚目の画像

アイホール全体には右上オレンジを。下まぶた全体には、右上と左上のイエローをブレンド。イエローの分量を多めにすることで、ふっくら下まぶたが立体的に。さり気なくクマカバー効果も。

目のクマやシミを自然にカバー! 脱・お疲れ顔メイクを河北裕介が指南!!の7枚目の画像
&be パレットアイシャドウ サンドブラウン ¥3,520(Clue)

イエローやオレンジなど、今年らしいカラーがイン。彩度は低めなので、大人の色遊びが楽しめる。

教えてくれたのは、ヘアメイク・河北裕介さん

目のクマやシミを自然にカバー! 脱・お疲れ顔メイクを河北裕介が指南!!の8枚目の画像

『オトナミューズ』最新号を購入する!

宝島社公式通販サイト「宝島チャンネル」なら電話注文もOK!
【TEL】0120-203-760
【受付時間】9:00~18:00(土日祝日を除く)
※電話注文でご利用いただけるお支払い方法は「コンビニ前払い」「NP後払い」のみ

イソップの除菌ミストやスリーのパック etc. 4月発売の新作コスメ & スキンケアをチェック!

【スマホで診断できる!】毎日キレイを叶える最新ビューティテック


hair & make-up_YUSUKE KAWAKITA
photograph_EIJI HIKOSAKA[MAKIURA OFFICE]
text_EMI TANIGUCHI

※画像・文章の無断転載はご遠慮ください
web edit_FASHION BOX

関連記事