パンツならチノ&デニムを選べば間違いなし! オトナが買うときのチェックポイント

目次

ガンガンはけて洒落感もある今年のベストパンツ
R-45の、差がつくチノ&デニムの着こなし

外出の時に汚れやシワを気にせずアクティブにはけるチノとデニム。家で洗える便利さと丈夫さも魅力。手抜きにも野暮ったくも見えない選び方と着こなしを紹介します!

『GLOW』最新号を購入する!

宝島社公式通販サイト「宝島チャンネル」なら電話注文もOK! 雑誌送料は1冊200円!!
【TEL】0120-203-760
【受付時間】9:00~18:00(土日祝日を除く)

素敵見えには、形と着こなしが肝心

編集廣瀬:気軽に出かけられない今、外出の時の服装が汚れても家で洗濯できるか、とか丈夫なものになっていると思います。

スタイリスト井阪:便利なだけじゃなく、お洒落さも両立したいですよね。特にボトムはベーシックでタフなものにして、トップスや靴で華やかにする傾向。大人の女性にはチノとデニムがオススメ。

編集廣瀬:気軽に毎日はけます。

スタイリスト井阪:特にチノは色々なブランドが出していて、ベージュ系の色が春夏にも合うし注目株。

編集廣瀬:チノはなんだかお父さんが休日にはくみたいな印象があるけど、GLOW世代が素敵にはくコツはありますか?

スタイリスト井阪:デニムもですがまずは形! 大人女性がはくならずるっとさせず、スマートにしたいですよね。ぴたっとしすぎも下半身のラインが出てしまうので避けたい。ウエストまわりのもたつき感も野暮ったくなるので形はストレートで、ハイウエストのものをジャストではくのがおすすめです。

編集廣瀬:確かに、変に太すぎたりお腹がどーんと出ているとなんだか冴えない印象。

スタイリスト井阪:トップスはオーバーサイズすぎないほうがきれいめにまとまります。少しデザインがあったり、ボトムがシンプルな色なので目を惹く色のものにしたり。

編集廣瀬:通勤でも、レジャーでもはけるからこそ、合わせるもので変化をつけたいですね!

オトナのチノパンこう選ぶ!

□まっすぐスラッと見えするストレート
□お腹まわりをすっきり魅せるハイウエスト
□太すぎず細すぎずでルーズに見せない

パンツならチノ&デニムを選べば間違いなし! オトナが買うときのチェックポイントの1枚目の画像
チノパン2万900円(ザ シンゾーン/シンゾーン ルミネ有楽町店)

ハリのある素材と深みのあるベージュがきれいめな印象。

オトナのデニムこう選ぶ!

□パンツのようにはけるインディゴカラー
□足の形が出すぎないストレートタイプ
□縦長ラインを作るハイウエスト

パンツならチノ&デニムを選べば間違いなし! オトナが買うときのチェックポイントの2枚目の画像
デニム2万2000円(サキュウ/サキュウ ルームストア)

やや細身。洗濯しても毛羽立ち、色落ちが少ない。

カラーを効かせた、シックでカジュアルな着こなし

パンツならチノ&デニムを選べば間違いなし! オトナが買うときのチェックポイントの3枚目の画像
チノパン2万900円(ザ シンゾーン/シンゾーン ルミネ有楽町店) コート3万1900円(ピルグリム サーフ+サプライ) Tシャツ1万4300円(ユニオンランチ/ロンハーマン) バッグ1万9800円(マルコ マージ/ビームス 二子玉川) スニーカー9900円(コンバース/コンバースインフォメーションセンター) ネックレス7万4800円(ミズキ/RHC ロンハーマン)

Tシャツの淡いピンク、スニーカーのイエローと、離れた場所に色を分散させてポイント作り。

これはNG!

地味な印象になるので、カジュアルコーデの時はアウター、トップス、インナーに重い色は避けて。

甘めのブラウスで通勤にも対応するきれいめスタイル

パンツならチノ&デニムを選べば間違いなし! オトナが買うときのチェックポイントの4枚目の画像
チノパン2万900円(ザ シンゾーン/シンゾーン ルミネ有楽町店) ブラウス1万9800円(カデュネ/カデュネ プレスルーム) バッグ9900円(アダム エ ロペ) 靴6930円(ロデスコ/ロデスコ アーバンリサーチ ルクア大阪店) イヤリング7700円(デミルクス ビームス/ビームス 二子玉川)

カジュアルな印象のチノパンも、白の甘めブラウスで明るい印象のさわやかな仕上がりに。メッシュ素材のシューズで夏らしい抜け感をプラス。

これはNG!

トップスはオーバーサイズをやめてすっきり見せ。レザーや黒などの重たくなる靴もNG。

夏の日差しでもきりっと柄トップス×インディゴ

パンツならチノ&デニムを選べば間違いなし! オトナが買うときのチェックポイントの5枚目の画像
デニム2万2000円(サキュウ/サキュウ ルームストア) シャツ3万9600円(バナナタイム/ウィム ガゼット 玉川髙島屋S・C店) サンダル3万1900円(ジュリア タデウチ/RHC ロンハーマン) バッグ2万8600円(マルコマージ/ガリャルダガランテ 表参道店) ピアス9万4600円(ミズキ/RHC ロンハーマン)

暑い日差しの中でもだらけた印象に見せないインディゴデニム。柄ものトップスで華やかに。ヴィンテージ感ある柄が洒落見えに役立つ。

これはNG!

ボーダーやドットなどの均一に並んだ柄トップスだと、ふだん着見えしがちなので避けて。

ワンピと重ねて、女性らしく楽ちんなご近所スタイル

パンツならチノ&デニムを選べば間違いなし! オトナが買うときのチェックポイントの6枚目の画像
デニム2万2000円(サキュウ/サキュウ ルームストア) ワンピース2万7500円(ウィム ガゼット/ウィム ガゼット 玉川髙島屋S・C店) バッグ1万5950円(マルコ マージ/シップス 有楽町店) 靴7150円(ロデスコ/ロデスコ アーバンリサーチ ルクア大阪店) ピアス2万8600円(ダニエラ・デ・マルキ/アッシュ・ペー・フランス)

リラックス感のあるふんわりワンピと重ねて、引き締めボトムとして使うのもアリ。レギンスよりもきちんと感があり、ちょっと近所に出かける時にも活躍。

これはNG!

トップスはウエストから出したり、チュニック丈などの中途半端な丈だと老け見えしてしまう。

オトナに似合うチノ|クロップト型&女性らしいシルエット&デザインコラボ|2021年のベストパンツ

『GLOW』最新号を購入する!

宝島社公式通販サイト「宝島チャンネル」なら電話注文もOK! 雑誌送料は1冊200円!!
【TEL】0120-203-760
【受付時間】9:00~18:00(土日祝日を除く)

撮影=野呂知功〈TRIVAL〉(人物)、草間大輔(商品)
スタイリング=井阪 恵〈dynamic〉
ヘア&メイク=佐藤エイコ〈ilumini.〉
モデル=石川亜沙美、五明祐子
撮影協力=アワビーズ

※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください

WEB編集=FASHION BOX

関連記事