炊飯器でお箸で切れるラフテーが完成! 山本ゆり直伝、火を使わない簡単レシピ

目次

山本ゆりさんの「気持ちが楽になるレシピ」と暮らし
洗い物も簡単! 〇〇だけでできるレシピ<とろとろラフテー>

今日は料理するのがちょっと面倒……。料理コラムニストの山本ゆりさんが、そんな気持ちによりそうラクちんレシピを伝授! 今回は炊飯器だけでできるラフテーの作り方をご紹介します。スイッチひとつで完成するとは驚きです。

『リンネル』最新号を購入する!

宝島社公式通販サイト「宝島チャンネル」なら電話注文もOK! 雑誌送料は1冊200円!!
【TEL】0120-203-760
【受付時間】9:00~18:00(土日祝日を除く)

炊飯器だけ! とろとろラフテー

「あのお箸で切れる感動のやわらかさがスイッチひとつで完成します。安物でいいので日本酒か焼酎、泡盛だけ1本ご用意ください」

材料(作りやすい分量)

豚バラかたまり肉……500g
A:泡盛または日本酒、焼酎など……180mL
A:砂糖、しょうゆ……各大さじ3
A:水……100mL
好みで半熟卵……1個

作り方

1:豚肉は大きめのぶつ切りにし、炊飯器に入れる。Aを加えてアルミホイルをかぶせ、炊飯する。
「内蓋に脂やたれが飛び散るのを防げ、掃除がラクに。ただ蒸気口は塞がないよう注意」
「2時間してもまだ炊いていたら途中できって確認。まだ固ければ再度炊飯。(水分がなくなりそうなら足して)」

2:炊けたら、アルミホイルをかぶせたままもう一度炊飯する。器に盛り、好みで半熟卵を添える。
「たれの色が薄ければたれだけお鍋で煮詰めて」

教えてくれたのは……料理コラムニスト 山本ゆりさん

【PROFILE】
1986年大阪生まれ&在住。どこにでもある材料で誰でもできるレシピをブログ「含み笑いのカフェごはん『syunkon』」やTwitter、Instagramで紹介している。著書『syunkonカフェごはん』シリーズ(宝島社刊)は発行部数700万部を超える。

レシピはここから!

こんなものが?という驚き満載の『レンジでもっと! 絶品レシピ』、3年分のレシピの中から反響の多かったものを集めた『「うそやん」というほどおいしいレシピ』

『リンネル』最新号を購入する!

宝島社公式通販サイト「宝島チャンネル」なら電話注文もOK! 雑誌送料は1冊200円!!
【電話注文専用TEL】0120-203-760
【受付時間】9:00~18:00(土日祝日を除く)



cooking & styling:Yuri Yamamoto
photograph:Naoko Matsunaga
text:Ema Tanaka

※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください

※ 食材、調味料は「多い順」ではなく、「使う順」で表記しています。上から順にまな板や計量スプーンをそのまま使えてノンストレス!

web edit:FASHION BOX

関連記事