【連載】ゴミ箱を隠して生活感ゼロ!オシャレなゴミ箱カバーをDIY

目次 [開く]

ゴミ箱を隠して生活感ゼロ♬

こんにちは、Milyです。

部屋にゴミ箱を普通に置いてると生活感が出ます。見えにくい場所に置くとゴミを捨てる時に面倒で不便ですすがオシャレなゴミ箱なら目立つところに置いても気になりません。

見せたくない普通のゴミ箱にオシャレなカバーを作ったので作り方を紹介させてください!


キャスター付きで移動も楽々

こちらが完成したゴミ箱カバーです!

蓋を閉めていると一見ゴミ箱には見えないので雑貨感覚でどこに置いても生活感は出ません♬

しかも実はキャスター付きなので移動も楽々。外側からキャスターが見えないように作りました。


用意する材料

用意する木材はこちら!今回は2枚の杉板を縦に繋いで作ります。

【完成サイズ 約200×294×370mm)

・両サイド(175×270×12mm)×4枚

・前面、後面用(175×200×12mm)×4枚

・底板(176×270×12mm)×1枚

・蓋用(147×200×12mm)×2枚

・柱になる木(15×10×290mm)×4本

・キャスター(50mm)4個

・蓋用取っ手 1個

・蝶番 4個

・オールドウッドワックス(ラスティックパイン)

・ミルクペイントforウォール(オーガニックコットン)

・ミルクペイントforウォール(ブルックリンファクトリー)

・ステンシルシート

★ゴミ箱は8.5ℓ(250×165×285MM)のものを使用しています。

お好きなゴミ箱のサイズに合わせてお作りください。


作り方

①まず「両サイドの木材」に「柱になる木材」を写真のように両サイドにボンドを塗ってからビスでとめます。

② ①でとめた「両サイドの木材」に「前面の木材」をコの字になるようにビスでとめます。

③続いて「底板の木材」を48mm下げたところにビスでとめ、「後面用の木材」もビスでとめます。

④「底板の木材」にキャスターを取り付けます。

キャスターが中に隠れて外側から見えない構造になっています。

⑤「蓋用の木材」を蝶番で繋ぎます。

先にキリ穴を開けておくとビスが打ちやすくズレにくくなります。

⑥本体に「蓋用の木材」を蝶番で取り付けます。


ヴィンテージ風にペイントします

①まず小さく切ったスポンジやウエスなどでワックスを塗り込みます。

★オールドウッドワックス(ラスティックパイン)

着色と保護が同時に出来、伸びがよく塗りやすいソフトワックス。

塗るだけで古材風になり嫌な臭いが少ないのでおススメです。

②次にミルクペイントのオーガニックコットン(白)を①で塗ったワックスの色が少し見える感じに(塗り残したように)ザッとハケで塗ります。

③オーガニックコットンが乾いてから、ブルックリンファクトリー(グレー)を①と②の色が少し見える感じ(塗り残す感じ)にハケでザッと塗ります。

★この時木目に逆らうように塗るとかすれた感じに塗れます。

下地の色が少し見えるとヴィンテージ風の雰囲気になります!

④最後にオーガニックコットンでステンシルします。


完成!

⑤ゴミ箱を中に入れたら完成です!

ゴミ箱にかけたゴミ袋も隠せるのでスッキリします。


キャスター見えないのでスッキリ♬

ゴミ箱を隠せるオシャレなカバーの作り方をご紹介しましたがいかがでしたか?

蓋を閉めるとゴミ箱が見えないだけでなく、外側からキャスターも見えないのでスッキリします。これで使いやすい目立つ場所に置いても気になりません!

オシャレに隠せて便利なので参考にして頂けたら嬉しいです。今日も最後までお付き合い頂きありがとうございました。

関連記事