大人カジュアルの参考にしたい!部屋着感を出さないパーカーの着こなし特集

目次

パーカーはカジュアルファッションの定番アイテム

流行を問わず着られるパーカーは、この春も重宝すること間違いなし。とはいえ、ラフになり過ぎたり部屋着っぽく見えたりしないか心配になりがちでもあります。

そこで今回は、パーカーを使った大人カジュアルスタイルをパンツ・スカート別にクローズアップしてみました。ぜひ、着こなしの参考にしてみてください。


パーカーを使ったパンツスタイル


パーカー×タイトデニム

ブラックのパーカーでキリッと引き締まった印象に。

インナーを裾から少し覗かせて着ると、今っぽくなりますよ。タイトなデニムで良バランスに仕上げましょう。


パーカー×フレアパンツ

ゆったりとしたビッグシルエットのパーカーに、フレアパンツを投入。

ブラウン×ホワイトの大人っぽい配色も素敵です。裾のスリットが抜け感を出しているのもポイント。


パーカー×ワイドパンツ

ジップパーカーは着こなし方で印象が変わるのが魅力。前を少し開けると、女性らしさが出ますね。

ワイドパンツとヒールで、大人カジュアルを楽しむのもおすすめ。


パーカー×プリーツパンツ

ジップパーカーをざっくりと羽織って、こなれた雰囲気に。

女性らしさと立体感が出るプリーツパンツで華やかに決めて。色味を合わせると、統一感たっぷりです。


パーカー×テーパードパンツ

爽やかなホワイトのパーカーに、テーパードパンツを投入。

スッキリときれいめなシルエットが実現します。トレンチコートとパンプスもよく似合っていますね。


パーカー×ワイドパンツ

ゆったりとしたパーカーにワイドパンツを合わせた、ゆる×ゆるシルエットコーデ。

こなれ感と今っぽさたっぷりな印象です。小物は女性らしいデザインがおすすめ。


パーカー×タイトパンツ

ホワイトのパーカーにホワイトのパンツを合わせたワントーンスタイル。

パンツは細身のもので、スッキリと仕上げましょう。縦のラインが強調されるので、スタイルアップ効果も狙えますよ。


パーカー×センタープレスパンツ

春らしいカラーのパーカーは、コーデの主役にも最適。

ホワイトのパンツを合わせると、シーズンライクで明るく女性らしい着こなしになります。


パーカーを使ったスカートスタイル


パーカー×レーススカート

定番のネイビーカラーのパーカーにレーススカートを投入。

パーカーがカジュアルダウンしてくれるので、甘さ控えめに決まります。シャツを覗かせているのもメリハリが付いてGOOD。


パーカー×ドットスカート

幼く見えないか気になりがちな大きめドットのスカートも、パーカーでこなれ感たっぷりに仕上げて。

色味を落ち着いたものにすると、大人っぽくなりますね。


パーカー×細プリーツスカート

爽やかカラーのパーカーに細めプリーツのスカートを合わせて、春らしい空気感を演出。

シューズは少し辛さのあるものにすると、おしゃれな印象です。


パーカー×プリーツスカート

淡い色味のパーカーにホワイトのプリーツスカートを合わせて、とびきり女性らしい着こなしに。

シューズもパンプスにして、品よくまとめたくなりますね。袖を捲って手首を見せると、華奢さが演出できます。


パーカー×小花柄スカート

存在感のある柄スカートともパーカーは好相性。派手になり過ぎず、自然な着こなしを作りたい時におすすめです。

ブラックのブーツで足元から引き締めると、メリハリが付きますよ。


パーカー×タイトスカート

タイトスカートを合わせて大人の女性らしいカジュアルスタイルに。

スニーカーとも相性抜群です。パーカーを女性らしいカラーにすると、柔らかな仕上がりになりますよ。


パーカー×ラップスカート

パーカーとスカートを同色にして、ワントーンスタイルを簡単に実現。

バッグとシューズの色味を合わせると、統一感たっぷりに決まります。クラス感のあるものを選ぶと大人らしくなりますね。


パーカーで春のカジュアルコーデを楽しんで

パーカーはパンツともスカートとも好相性。甘めのアイテムをカジュアルダウンしたり、きれいめボトムスを合わせて大人っぽくしたりと、着こなしの幅も広いです。

着回し度抜群のパーカーで、気分に合わせたテイストを楽しみましょう。

関連記事