【連載】インテリアに大活躍!mtCASAフリースマスキングテープ簡単活用術

目次

インスタで大人気のインテリアマスキングテープ

mt CASAのフリースタイプの幅広マスキングテープをご存知でしょうか?インテリアにいろいろ使えると、今インスタでも大人気なんです♪

そこで今回はその簡単かわいい活用法をご紹介します!


使ったのはウィリアムモリス

使ったのはウィリアムモリス1
使ったのはウィリアムモリス1

出典:https://folk-media.com/

さて今回使ったのはこちら!

【mt CASA FLEECE フリースタイプ ウィリアム・モリス(全8柄)のGolden lily】

楽天で購入しました。

このマスキングテープ、いろんな柄が販売されているのですが、その中でも特にインスタで人気なのがウィリアムモリスシリーズです。

ウィリアムモリスとは樹木や草花、鳥などの自然界をモチーフとした美しいテキスタイルを多数生み出した19世紀のイギリスのデザイナーさん。

その柄はとても美しく存在感があるので、モリスデザインの壁紙をアクセントクロスとして楽しむおうちが今、増えているそうです。

かく言う我が家も一部分だけモリスの壁紙を貼っているのですが、少しのスペースなのに空間全体がガラリと変わって大満足!

ただ壁紙を貼るのって普段DIYをしない方からするとちょっとハードルが高いですよね。

そこでオススメしたいのがこのマスキングテープなんです。全部で8種類の柄があったのですが、私は大輪の百合が美しいGolden lilyを選びました。

使ったのはウィリアムモリス3
使ったのはウィリアムモリス3

出典:https://folk-media.com/

230mmと幅広なので壁などの広い面にとても貼りやすいのが特徴。壁紙と聞くと少し身構えてしまうけど、マスキングテープならなんだか気軽に貼れる気がしますよね。そしてなんと言っても、飽きたらはがせるのがマスキングテープのいいところ♪

さてここからは、壁に貼るだけじゃない!フリースマスキングテープ(以下マステに省略)の簡単活用法をご紹介します。


活用法その1:家具のリメイクに使う

まず使ってみたのが、こちらのDIYで作ったソファーバックシェルフ。

背面板が明るい色になったら雑貨がもっと映えるはず!ということでマステの出番です♪

最初はそのまま貼ることも考えましたが、どうせならリバーシブルでチェンジできた方が楽しそう、と思いつきこちらを使うことにしました。

活用法その1:家具のリメイクに使う2
活用法その1:家具のリメイクに使う2

出典:https://folk-media.com/

ダイソーのカラーボードです。いろんなカラーが売っていますが、マステは透け感があるので白がベストです。

活用法その1:家具のリメイクに使う3
活用法その1:家具のリメイクに使う3

出典:https://folk-media.com/

これを背面サイズにカッターでカットし、マステを貼ります。

活用法その1:家具のリメイクに使う4
活用法その1:家具のリメイクに使う4

出典:https://folk-media.com/

ずれてしまっても剥がして再度挑戦できるので、落ち着いてゆっくり貼ってくださいね。

活用法その1:家具のリメイクに使う5
活用法その1:家具のリメイクに使う5

出典:https://folk-media.com/

さらに裏面には、余っていたモリスの壁紙を貼ってみました。

活用法その1:家具のリメイクに使う6
活用法その1:家具のリメイクに使う6

出典:https://folk-media.com/

あとはこれを棚にはめ込むだけ!なおボードはサイズがピッタリであれば、テープなどをつけなくてもそれだけでしっかりハマります。

ただ、いざ外そうとした時に取り外しにくい可能性も。

活用法その1:家具のリメイクに使う7
活用法その1:家具のリメイクに使う7

出典:https://folk-media.com/

そんなときはこんな感じで引っ張る部分をつけておくと安心です。

活用法その1:家具のリメイクに使う8
活用法その1:家具のリメイクに使う8

出典:https://folk-media.com/

背面が変わるだけで同じ雑貨でも雰囲気が変わりますね!

活用法その1:家具のリメイクに使う9
活用法その1:家具のリメイクに使う9

出典:https://folk-media.com/

本来は直接家具に貼った方が手っ取り早いのですが、はめ込みにしたことで棚の背面の模様替えも気軽に楽しめるようになりました。


活用法その2:100均リメイクに使う

活用法その2:100均リメイクに使う1
活用法その2:100均リメイクに使う1

出典:https://folk-media.com/

次にご紹介するのは100均リメイクに使う方法です。

うっかりするとチープな印象が出てしまいがちな100均アイテムも、モリスを加えると一気に高見えになるから不思議!

今回作ってみたのはこちらのミニシェルフ。

活用法その2:100均リメイクに使う2
活用法その2:100均リメイクに使う2

出典:https://folk-media.com/

ディスプレイラックとしてはもちろんボックスとしても使えます。

活用法その2:100均リメイクに使う3
活用法その2:100均リメイクに使う3

出典:https://folk-media.com/

材料はセリアの「木製ウォールシェルフ レクタングル2」2個とマステを用意します。

活用法その2:100均リメイクに使う4
活用法その2:100均リメイクに使う4

出典:https://folk-media.com/

まず金具部分をドライバーではずして、お好みのカラーに塗ります。

活用法その2:100均リメイクに使う5
活用法その2:100均リメイクに使う5

出典:https://folk-media.com/

私はセリアの水性ニスのメープルを使いました。

活用法その2:100均リメイクに使う6
活用法その2:100均リメイクに使う6

出典:https://folk-media.com/

あとはこの2つをボンドで接着。

活用法その2:100均リメイクに使う7
活用法その2:100均リメイクに使う7

出典:https://folk-media.com/

最後に少し大きめにカットしたマステを貼ります。しっかり隅までマステを貼り付けたら、はみ出た部分をカードなどを押し当てながらカッターでカットします。

活用法その2:100均リメイクに使う8
活用法その2:100均リメイクに使う8

出典:https://folk-media.com/

完成!マステを使うことで、ちょうど接続部分が隠れてさらに補強もできました♪

もし壁掛けや重たいものを入れる場合は、念の為後ろを連結してお使いくださいね。いくつか作ってスタッキングして使うのもオススメです。


活用法その3 小物に貼ってみる

活用法その3 小物に貼ってみる1
活用法その3 小物に貼ってみる1

出典:https://folk-media.com/

最後に紹介するのは、そのまま小物にペタっと貼るもっとも簡単な活用法です。今回はこちらのダイソーのボックスに貼ってみることにしました。

活用法その3 小物に貼ってみる2
活用法その3 小物に貼ってみる2

出典:https://folk-media.com/

どうでしょう?とても100円ショップのボックスには見えませんよね♪

活用法その3 小物に貼ってみる3
活用法その3 小物に貼ってみる3

出典:https://folk-media.com/

プレゼントボックスに使うのはもちろん、こまごましたものをしまう収納ボックスにしてもよさそう。かわいいから、出しっぱなしOKのデザインが嬉しいですね。

活用法その3 小物に貼ってみる4
活用法その3 小物に貼ってみる4

出典:https://folk-media.com/

なおこちらはマステではなくモリスのリメイクシートでリメイクしたものなのですが、一例として紹介させてください。

シンプルなウッドトレイに貼るとテーブルが華やかな印象に。

活用法その3 小物に貼ってみる5
活用法その3 小物に貼ってみる5

出典:https://folk-media.com/

またこちらはセリアの木製ティッシュボックスをリメイクした写真です。100均のティッシュボックスとは思えない大人な雰囲気に大変身!

このように、このマステがあれば小物リメイクも気軽に楽しめそうです。


マスキングテープの注意点

マスキングテープの注意点1
マスキングテープの注意点1

出典:https://folk-media.com/

さていろいろ使えて便利なマステですが、最後に注意点です。

こちらは、先ほど紹介したダイソーのボックスにマステを貼った写真なのですが、うっすらストライプ柄が透けているのがおわかり頂けるでしょうか?

普通のマステより透けにくいとは言え、やはりあくまでマステ。壁紙やリメイクシートとは異なり、まったく透けないわけではありません。

マスキングテープの注意点2
マスキングテープの注意点2

出典:https://folk-media.com/

そこでこちら。【mtCASA LINING 下貼り用 100mm×20m(2本セット)】

私はマステとセットで購入しました!

マスキングテープの注意点3
マスキングテープの注意点3

出典:https://folk-media.com/

下地が気になる場合は最初に下地用マスキングテープを貼っておけば、どこでもキレイな柄を楽しむことができます。個人的にはあえて透け感を楽しむのがオススメですが、気になる場合はぜひチェックしてみてくださいね。

またフリースマステは普通のものより幅広な分、粘着力も高め(に個人的には感じました)なので、貼る箇所によっては、表面を剥がしてしまったり粘着剤が残ってしまう場合も。まずは目立たない部分で試してからご使用くださいね。


マスキングテープで気軽にインテリアを楽しもう

いかがでしたか?特別な道具やテクニックがなくても気軽にチャレンジできるフリースマスキングテープ。モリスの他、様々な柄が販売されているので気になる方はぜひチェックしてみてください。

そして少し早いですが、今回が今年最後の連載になりました。今年もお付き合いくださった皆様、本当にありがとうございました!

少しでも皆様のお役に立てる情報を発信できるようがんばりますので、また来年もどうぞよろしくお願いします♪それでは皆様、どうぞよいお年を!

関連記事