アラサー、アラフォーがときめく懐かしコスメ。あなたはいくつ覚えていますか?

目まぐるしく変わる化粧品業界!お気に入りのコスメが気付けば廃盤になっていた…なんてことは、コスメ好きにはよくある話。コスメどころか、お気に入りのコスメブランドもなくなっていたりすることもあります。そんな今はなき、コスメブランドを懐かしい気持ちで思い出してみてください。あなたはいくつ覚えていますか??


目次

老若男女、誰もが伊藤美咲さんに憧れた♡「ピエヌ」

アラサー、アラフォーがときめく懐かしコスメ。あなたはいくつ覚えていますか?の2枚目の画像
資生堂「マキアージュ」の前身である「PN(ピエヌ)」!

2005年以降、ピエヌのブランドはなくなり、新たにマキアージュとなって生まれ変わったのですが
当時10代~20代の女性は皆、イメージガールの伊藤美咲さんに憧れてピエヌのコスメを買っていました…!

「スマイルあそばせ?」「ボインな口づけ。」「メイクはミーをハッピー」などのキャッチコピーも当時話題になっていました。

ピエヌの代名詞であった「スパークリングアイズ」というアイシャドウはコスメパッケージも宝石のように可愛くて、今でもピエヌの根強いファンは多いみたいです…。

コンビニで買える手軽さが人気!「化粧惑星」

アラサー、アラフォーがときめく懐かしコスメ。あなたはいくつ覚えていますか?の3枚目の画像
資生堂から販売されていたブランド「化粧惑星」。

「コンビニでキレイになろう」というキャッチコピーの通り、コンビニでも販売されており、気軽に買えて値段も手頃な優秀コスメとしてとっても人気がありました!

中でも、リップグロスやネイルシリーズが人気で
香里奈さん、長谷川潤さん、太田在さんなど旬のモデルさんを起用したCMは、当時多くの世代の女性が憧れていました♡

残念ながら2011年で取り扱いを終了しており、今はコンビニで買えるコスメといえばローソンのインテグレート、ファミリーマートのメディア、セブンイレブンのパラドゥなどがメインになっていますね。

キレイなお姉さんのファンデーションの代名詞「レイシャス」

花王ソフィーナから販売されていたブランド「RAYCIOUS (レイシャス)」

2008年以降は、石原さとみさんでお馴染みの「Primavista(プリマヴィスタ)」へと継承されています。

当時のイメージモデルだった矢田亜希子さんのツヤ肌に憧れる女性が続出し、レイシャスといえば「キレイなお姉さんの使うファンデーション!」の代名詞でした。

「横顔のマドンナ」のキャッチコピーで発売された三面鏡になるコンパクトはとっても斬新でした~。

男性を起用するCMが一躍話題に!「テスティモ」

カネボウから販売されていた「T'ESTIMO(テスティモ)」

2007年以降は、コフレドールの誕生により製造中止となったブランドです。

少し大人なイメージのブランドで、「落ちない口紅」の大ヒットにより有名ブランドに!
現在20代後半~30代の方には山田優さん、加藤あいさん、藤原紀香さんがイメージモデルをしていたといえばピンと来る人も多いのでは。

それより前には木村拓哉さんもイメージモデルとして起用されていたようで、当時大変話題になったそうです!

10代の女の子のファーストコスメといえば♡「ヌーヴ」

アラサー、アラフォーがときめく懐かしコスメ。あなたはいくつ覚えていますか?の4枚目の画像
niuve(ヌーヴ)のコロンやマニキュアは持っていた人も絶対多いはず!

コンビニでも買える手軽さや、手の届きやすいプチプラ、他にはないポップな色合いのコスメが10代の女の子に大人気でした。

CMにはジュディマリのYUKIちゃんや、ELTの持田香織さんなどが起用され同世代の女の子がこぞって購入していたブランド。あなたはいくつ覚えていましたか??
アラフォー、アラサー世代にはピンとくるブランドが多かったのでは。

調べてみると、ただブランドがなくなったわけではなくリニューアルして新しいブランドになっているという例が多かったので、一度昔お気に入りだったブランドを調べてみるのも楽しいかもしれません♡

関連記事