どうしてこうなった…?こんなはずじゃなかったメイク・コスメの理想と現実あるある

女性の皆さん、新しい化粧品を買うときってなんだかウキウキしませんか?新しいコスメを買うと、いつもはめちゃくちゃ面倒な朝のメイクの時間も不思議と楽しくなるものですよね。ですが、きっと誰もが感じたことがあるであろう、メイク&コスメに関する理想と現実あるあるをまとめてみました。


目次

憧れの芸能人の愛用コスメ、これを使えばあの人になれるはずだったのに。

どうしてこうなった…?こんなはずじゃなかったメイク・コスメの理想と現実あるあるの2枚目の画像
最近では多くの芸能人がSNSのアカウントを開設していて、ファンとの距離が近くなり、ファンも気軽に憧れの芸能人に質問をしたりできる時代になりました。
女性の芸能人の方なんかがよくファンからの質問に応えて自分の愛用コスメやスキンケア方法を紹介している投稿もよく見かけますよね。
また、雑誌などでもよく自分の愛用コスメを使ったメイク方法を紹介していたりします。

憧れの芸能人の顔に少しでも近づきたくて、その記事を見て早速同じコスメを買いに行くわけですが、
おかしい。同じコスメを使って同じようにメイクしているはずなのに、憧れのあの人の顔とは程遠い…。
と悲しい気持ちになってしまうのは、女性なら一度は経験したことのある理想と現実あるあるではないでしょうか。

鏡に映っているのは誰なの…自分の鏡ではイケてたはずなのに。

どうしてこうなった…?こんなはずじゃなかったメイク・コスメの理想と現実あるあるの3枚目の画像
朝、メイクが完成した時点ではまぁまぁ可愛く仕上がっていたはずなのに、何故。
外の鏡やガラスにふと映る自分は朝自分が鏡でチェックしたはずの自分とは別人、誰やねんこの不細工状態なんですよね…。

他人が撮ってくれた写真も同じように、自分の鏡で見ていた自分とは明らかに別人の不細工なのは何故なのでしょうか。

今ではスマホの修正アプリが当たり前のように普及しているので、スマホで撮った写真であればいくらでも修正がきく分、カメラで写真を撮られるのは抵抗を感じる女子が増えているようです…。

可愛いコスメ、並べて選んで日替わりでメイクを楽しんでいるはずだったのに。

どうしてこうなった…?こんなはずじゃなかったメイク・コスメの理想と現実あるあるの4枚目の画像
季節ごとに可愛い新色がたくさん発売されるコスメたち。

パッケージが可愛いコスメも最近ではとても多くて、化粧品売り場に行くとついつい衝動買いしてしまいがちですよね。
新色が発売される時期になると、この色も可愛い、この色も可愛い!と色違いで複数買ってしまうという人も多いのではないでしょうか?

買うときは、毎日の気分によってメイクをチェンジしてこの色はあの色の服を着たときに…などと妄想を膨らますのですが、現実は1番無難な色のコスメを使ったいつも通りのメイクがしっくりきてしまい結局あの時買ったコスメは二、三度使ったか使わないかでメイクボックスの奥底に…という経験ありませんか?

そんな経験を経て一度は衝動買いを反省したはずなのに、次のシーズンになるとまた同じ過ちを繰り返してしまいがちなのも理想と現実あるある。

コスメ・メイクの理想と現実あるある。

女性なら一度は経験したことがあるのではないでしょうか。
何事も理想通りにはいかないということですね…。

関連記事