自分のエイジング悩みにはどっちなの?!『オルビスユー』or『オルビス ユードット』両者の違いとは

「なんだかこれまでと違うかも」それこそがエイジングサイン
自分のエイジング悩みにはどっちなの?!『オルビスユー』or『オルビス ユードット』両者の違いとはの1枚目の画像
出典:byBirth

「目の周りにハリがない」「クマや小ジワが気になる」「ほうれい線が目立つ」「朝の顔がくすんでいる」…このような肌の変化を多くの方が、25歳~28歳くらいで感じたのではないでしょうか。

鏡を見たとき、肌に触れたとき「なんだかこれまでと違うかも」、そんな気付きが芽生えたら、それこそがエイジングサインです。

オルビスでは、このエイジングサインに抗うのではなく、その人自身の肌の力を活かし自分らしく歳を重ねることで、外見の魅力のみではない、内からいきいき・のびのびと生きる「スマートエイジング(R)」を提唱。

年齢による変化が現れたとき、お肌では何が起こっているのかを研究し、肌本来の美しさを引き出すことで、自分らしく、自然に歳を重ねていくことができるエイジングケアシリーズ『オルビスユー』を2018年に発売。

2020年9月24日には、より深い変化に悩む方へ向けた上位ライン『オルビス ユードット』を発売し、多くの女性の“自分らしさ”を応援します。

エイジングのフェーズに合わせたケアができる!2種の『オルビスユー』
自分のエイジング悩みにはどっちなの?!『オルビスユー』or『オルビス ユードット』両者の違いとはの2枚目の画像
撮影:byBirth

では、今の自分のお肌には、どちらのシリーズを選べば良いのでしょうか。

それぞれの違いは、

  • 『オルビスユー』…「水のめぐり不足」に着目し、肌の内部まで水をめぐらせることで、肌のしぼみや乾燥などのエイジングサインにアプローチするシリーズ
  • 『オルビス ユードット』…「エネルギーのめぐり不足」に着目し、いきいきとした印象を阻害する複合ぐすみやハリの低下などのエイジングサインにアプローチするシリーズ

です。

簡単な選び方としては、既に発売中の『オルビスユー』が「くすみ」「ハリの低下」などの初期エイジングを感じる方向け。そして新発売する『オルビス ユードット』が、「複合ぐすみ」「ごわつき」「たるみ」などの、本格エイジングケアをしたい方向け。と考えると良いでしょう。

オルビスユー ラインナップ
自分のエイジング悩みにはどっちなの?!『オルビスユー』or『オルビス ユードット』両者の違いとはの3枚目の画像
撮影:byBirth

目次 [開く]

オルビスユー ウォッシュ

くすみや汚れをただ洗うのではなく、その後のスキンケアの効果を高めてくれる“ブースター”洗顔。

モコモコのホイップクリームのような泡が、肌へ負担をかけることなく汚れを吸着・洗浄し、毛穴の汚れや皮脂などのくすみの原因を一層。あか抜け感のある澄んだ肌へと導きます。

オルビスユー ローション

水のめぐりを肌へと届ける“とろぱしゃ”化粧水。

とろみのあるテクスチャーが、肌へ触れた瞬間溶け出し、美容液成分が浸透。その後肌の上でとろみのヴェールとして残るという、3変化の処方により、潤いで満たします。

オルビスユー モイスチャー

めぐる水を逃さないよう閉じ込める、“ハリヴェール”保湿液。まるでスフレのよなふわっと軽いテクスチャーでありながら、濃密なストレッチ膜で肌を包み込み、ハリ感を与えます。

オルビス ユードット ラインナップ
自分のエイジング悩みにはどっちなの?!『オルビスユー』or『オルビス ユードット』両者の違いとはの4枚目の画像
撮影:byBirth

オルビス ユードット ウォッシュ[医薬部外品]

硬くごわつく大人の肌を柔らかく解きほぐし、肌の奥までエネルギーがめぐる肌へと整える“マイルドピーリング”洗顔。

肌に蓄積した古い角質「ステイン角層」をもっちりとねばり気のある濃密な泡がからめ取り、あか抜け感のある明るくなめらかな肌を叶えます。人によっては、1度で肌がクリアになるのを感じられるのだそう。

オルビス ユードット ローション [医薬部外品]

洗顔で解きほぐした肌の奥までうるおいを届け、エネルギーをめぐらせるローション。

みずみずしくも、じわじわと溶け込むテクスチャーで、やわらかな肌へと導きます。

オルビス ユードット モイスチャー[医薬部外品]

オルビス最高峰のふっくら感を実現する、バーム状保湿液。手に取ったら体温でほぐした後、両手で顔がリフトアップするように塗布することで、うるおいを逃さず閉じ込めて、肌の内側からふっくらした印象に。

悩みや変化に合わせた「スマートエイジング(R)」で未来の自分もここちを美しく
自分のエイジング悩みにはどっちなの?!『オルビスユー』or『オルビス ユードット』両者の違いとはの5枚目の画像
撮影:byBirth

『オルビスユー』、『オルビス ユードット』ともに、開発者のこだわりが詰まった、簡単3ステップで「スマートエイジング(R)」を叶えてくれるスキンケアシリーズ。

香りやテクスチャーの好み、実年齢ではなく、あなたが今気になる悩みや気がづいた変化に合わせ、どちらを使うか選ぶと良いでしょう。

毎日ここちよくお手入れを楽しむことで、肌は必ず応えてくれるはず。義務感ではなく自分と向き合うスキンケアタイムにすることで、心からのうるおいが、あなたをもっとキレイで前向きにしてくれます。

商品概要

オルビスユー シリーズ

  • オルビスユー ウォッシュ 120g 1,800円
  • オルビスユー ローション 180mL 2,700円/つめかえ用 2,500円
  • オルビスユー モイスチャー 50g 3,000円/つめかえ用 2,700円

オルビス ユードット シリーズ

  • オルビス ユードット ウォッシュ[医薬部外品] 120g 2,100円
  • オルビス ユードット ローション[医薬部外品] 180mL 3,300円/つめかえ用 3,100円
  • オルビス ユードット モイスチャー[医薬部外品] 50g 3,600円/つめかえ用 3,300円

※すべて税抜き表記です。

関連記事