早めのケアが肝心!ハリのある目元を保つポイント

アイメイクに力を入れてはいても、「目元のケアはまだ早い」と考えている方も多いのでは?しかし、それは大間違いです。

目元は、たるみやシワ、クマなど女性の悩みが集中するゾーン。いつまでも若々しい目元を保つためには、早めのケアが欠かせません。

ではどうしたらハリのある目元を保つことができるのでしょうか。この記事でポイントを紹介します。

目元のケアが必要なワケ
出典:byBirth

目元のケアが必要な理由を3つ紹介します。

目次

1. 目元の老化を防ぐため

目元は乾燥しやすい上に、表情を動かす部分でもあるので、シワやたるみなどが刻まれることも。シワやたるみを予防するためにも、目元ケアは欠かせません。

2. ダメージを受けやすいため

目元は皮膚の中で特に薄いパーツ。皮脂分泌も少ないので乾燥しやすく、ダメージを受けやすい状態にあります。

マスク生活が続いている中で、アイメイクに力を入れる人が増えています。アイラインやマスカラをクレンジングでゴシゴシと落としてしまうと、肌への負担も大きく、デリケートな目元にダメージを与えてしまう原因になるでしょう。

3. 酷使されているため

目元は、デリケートな部分でありながらも、常に酷使されています。最近は、パソコンやスマホを長時間見る人が増えてきました。画面を見続けるという行為は、目の周りの筋肉の機能が低下して血流を悪くさせ、クマやたるみといった、目元の老化の原因につながります。

また目元の場合、たるみやシワなどの症状が出てしまってからのケアには時間がかかります。早めに目元のケアを始めましょう!

すぐにできる!目元のエクササイズ
出典:byBirth

目元まわりが気になり始めたら、早速トライしたいのがエクササイズです。目元の筋肉を鍛えて血行を改善することは、クマ・シワ・たるみの予防にも効果的です。

下瞼のエクササイズ

  • 人差し指を眉の上に置き、そのまま眉をゆっくり上げていきます。
  • 上瞼が伸びる場所で5秒間キープします。
  • ゆっくり戻していきます。
  • この動作を5回繰り返します。
  • 目の見開きエクササイズ

  • 目の周りの筋肉だけを使って、目をギュッと閉じます。この時、額に力を入れないように気をつけて下さい。
  • そのまま5秒間キープします。
  • 次に、思い切り目を見開きます。
  • 目を開いた状態で5秒間キープします。
  • この動作を5回繰り返します。
  • 目元ケアにおすすめ・スキンケア3選
    出典:byBirth

    目元ケア専用のスキンケアの中から、今回は筆者おすすめのアイテムを紹介します。

    AYURA ポイントメイクオフ

    刺激を与えずにポイントメイクを落とすことは、目元ケアの第一歩です。AYURAの「ポイントメイクオフ」は、美容オイル層とスキンケア層の2層式の専用リムーバーです。

    低刺激で肌に負担をかけることなく、乾燥しがちな目元の落ちにくいメイクもつるんと落としてくれます。

    クラランス ダブル セーラム アイ

    1985年初登場以来、改良を重ねながらクラランスを代表する人気美容液となった「ダブル セーラム」。こちらのシリーズから、2021年9月に目元用美容液「ダブル セーラム アイ」が登場しました。

    目元周りに特化して開発された、「ジェル7:エマルジョン3」の比率の美容液です。肌の奥まで素早く浸透し、目元にピタッと密着。13種類の植物由来成分が、目元のキメ・ハリ・ツヤ・なめらかさを底上げします。

    AXXZIA ビューティーアイズ エッセンスシート プレミアム

    デリケートな目元をケアするために、シートには綿花のタネを包む繊細な産毛「コットンリンター」を使用。柔らかく肌に寄り添う使い心地となっています。

    くるりと上まぶたまでカバーできる独自のシート形状と、たっぷりの美容成分が、もっちりみずみずしく弾む目もとへと導く、目もと用シートです。

    丁寧な目元ケアを!
    出典:byBirth

    いかがでしたか。

    デリケートで敏感な目元には、丁寧なケアが欠かせません。普段のスキンケアに加えて、目元のケアを取り入れてみるのはいかがでしょうか。丁寧な目元ケアを続けて、若々しい目元を保ちましょう!

    関連記事