年収の話も出てくる? 彼からのプロポーズが近づいているサイン

年収の話も出てくる? 彼からのプロポーズが近づいているサインの1枚目の画像


付き合いが長くなってくると、彼からのプロポーズを期待してしまいますよね。とはいえ、男性にとって結婚を申し込むのは相当な覚悟が必要です。彼女の様子をみながら少しずつ意思を固めていくようです。

目次 [開く]

プロポーズが近づいているサイン

1. 身近な人の結婚話が出る

サプライズが得意な男性もいるかもしれませんが、堂々とプロポーズできる男性は少数派。男性のみなさんは“いきなりプロポーズは勇気がいる”とドキドキするのです。
そのため、やんわりと話題を増やしていくようです。入り口として「友達の○○ちゃんは結婚したの?」とか、「お姉さんはどんな結婚式だった?」など身近な人の結婚にまつわる会話が多くなりそうです。

2. ケンカしても前向きな発言

イライラが大爆発! ケンカはガス抜きの効果もありますから悪いことではありません。ただし、感情を発散させるだけの言い合いならまだ結婚は遠いかも。
反対に、ケンカの時も彼が前向きな姿勢なら将来を考えている証拠。例えば「こういう所はお互いに直していこうよ!」など建設的な言葉が含まれます。さらに、最後は「ごめんね」と言い合えるカップルなら結婚の準備が整ってきているでしょう。

3. 自分の仕事の将来イメージを話す

「どんなウエディングドレスを着よう」など、女性にとって結婚は少し浮かれ気味。反対に男性は「これから責任が増すな」と気が引き締まる思いです。
そんな男性からすると、結婚は「人生計画」そのもの。プロポーズを考えはじめた時は、彼女にも自分の考え方や仕事について知ってほしいようです。そのため、彼が年収を教えてくれたり、出世する可能性も話してくれたりするそう。将来の奥さんに計画を伝えたいのです。

4. 節約デートを提案してくる

非日常のデートって特別ですよね。でも、彼がお金をパーッと使おうと思っているうちはまだまだ恋人気分。
反対に、結婚という日常が見えてきた時は「ずっと続けられそうなデート」に切り替わるようです。お家で一緒に料理したり、リフレッシュできるお散歩をしたり。派手に使うより二人の将来のために節約したくなるのです。さらに「将来のために貯金しよう」と言ってくれるならプロポーズ間近!

5. 家族や友達に紹介してくれる

年収の話も出てくる? 彼からのプロポーズが近づいているサインの1枚目の画像


恋愛がオープンなものになったとはいえ、まだまだ保守的な男性は多いもの。付き合っていても、なかなか彼氏の家族に会えることはありません。
だからこそ、彼が友達や家族に付き合っていることを公表した場合は、彼が「長い付き合いになる」と決めている証拠です。さらに、両親に紹介してくれたならプロポーズする覚悟はあるようです。

関連記事

今、あなたにオススメ