「この人のこと、好きだ…」と自分の気持ちに気づいた瞬間4つ

「この人のこと、好きだ…」と自分の気持ちに気づいた瞬間4つの1枚目の画像


恋はいつでも突然です。自分で自分の感情に気づくタイミングが人より遅かったり、自分の気持ちを確認するのが苦手だったりすると、なかなか「この人のこと好きなんだな」と気づけませんよね。
人はいったいどんなタイミングや、どんな自分の気持ちを知って「私はこの人のことが好きなんだな」と気づくのでしょうか。ここではそんな、甘酸っぱい瞬間を聞いてみました。

目次 [開く]

連絡する理由を探しているとき

「連絡する理由を家で必死に探している自分に気づいたときに、『あー、私この人のこと相当好きなんだな』って気づいた。オススメの漫画を聞くとか、好きな音楽を聴くとか、そういう相手の好きなものを知りたいとか、共有したいと思う気持ちって恋の始まりだと思う」(20代/学生)

▽ 家にいるときや、ひとりでいる時間のときに特に、相手と連絡をする理由を探している自分に気づき、好きだと自覚する人も多いようです。
特に連絡することもないのに、理由を探してまで連絡したいと思うのは恋ですよね。

顔を見れただけでうれしくなるとき

「会社に行くときに、隣の部署の同期の男の子を見れただけですごくうれしい気持ちになっている自分に気づいて、恋心を確認。この人と同じ空間にいるってだけで幸せな気持ちになれるなんて、好きなんだなって思って自分でも恥ずかしかった」(20代/IT)

▽ 相手の存在だけで喜べるとき、同じ空間にいて顔を確認しただけでうれしい気持ちになるときに、しみじみと「ああ、好きなんだな」と自覚するそうです。顔を見れるだけでうれしくなるくらい、その人の存在が大きいということですね。

他の子と話していてモヤモヤしたとき

「この人のこと、好きだ…」と自分の気持ちに気づいた瞬間4つの1枚目の画像


「会社の後輩の男の子が私のことが気になっているみたいで、よく食事に誘ってくれる。私は年下は恋愛対象外だったからスルーしてたんだけど、社内でその子が同期の女の子と仲良さそうに話しているのを見てモヤモヤ。
『私のことが好きなんじゃなかったの? もう私のことはいいの?』って思っている自分に気づいて、好きなのかもなって思った」(20代/公務員)

▽ 自分以外の女性と話しているのを見て、モヤモヤした自分に気づいたそう。恋愛対象外だったはずが、気づけば恋愛対象内に食い込んでいたということでしょうか。女心は複雑ですね。

連絡を待っていることに気づいたとき

「相手からの連絡を待っている自分に気づいたとき! お風呂上がりにもすぐにLINEをチェックして、彼からの返事がきているとすごくうれしい気持ちになったり。逆に連絡がきていないと残念だなって思ったり、今何しているのかなって考え続けていると、『これを好きと言わずして何というの』って思う」(20代/アパレル)

▽ 彼からの連絡を待っている自分に気づいて、恋を自覚するそうです。スマホが手放せなくなり、お風呂上がりにはすぐさまチェック。
彼からの連絡がきているとうれしい気持ちになり、きていないとがっかりするそうです。連絡に一喜一憂したら恋の始まりかもしれませんね。

関連記事

今、あなたにオススメ