もしかして俺のこと好き? 男性が言われると弱いセリフ4つ

もしかして俺のこと好き? 男性が言われると弱いセリフ4つの1枚目の画像


男性の心を掴む女子には決めゼリフがあるもの。ちょうどいい場面で、わざとらしくなくそのセリフが言えちゃうみたいですよ。しかも男性も警戒するのかと思いきや、アッサリ骨抜きに。「もしかして俺のこと好き?」と意識し始め、気付いたらその子の虜になってしまうようです。
そこで今回は「男性が言われると弱いセリフ」についてご紹介します。

目次 [開く]

「ふたりだけの秘密ですよ!」

「先輩社員が飲み会でねぎまを注文したのですが、隣の女子がコッソリ『実は私、ねぎ苦手なんです……。これふたりだけの秘密ですよ』と言ってきて胸キュンしたことがある」(30代/金融)

▽ 女子からすると「そんなのただの作戦だよ!」とか「ほかの男にも同じことを言っているのでは?」と疑いがちですが、やっぱり男性は「ふたりだけの秘密」に弱いみたいです。自分を信頼してくれたようでうれしいんだとか。小さなことでもいいので、気になる彼とは秘密を共有したいですね。

「○○さんっていい匂いがしますね」

「街コンでとある女子から『○○さんっていい匂いがしますね』『香水とか使っているんですか?』と言われてドキッ。自分では匂いの自覚があまりないので、余計うれしかったです」(20代/IT)

▽ 香りを褒められてイヤな気持ちになる人はいないはず。それに下手にルックスをベタ褒めするより信憑性もありますよね。若干のハードルの高さは否めないですが、こちらは誰にでも使えるテクニックかもしれませんね。

「一度お話してみたかったんですよ!」

もしかして俺のこと好き? 男性が言われると弱いセリフ4つの1枚目の画像


「顔見知り程度の職場の子とたまたま接する機会があって。そしたら『○○さんと一度お話してみたかったんですよ!』と言われてビックリ。正直俺のことなんか知らないと思っていたので……。でも悪い気はしないし、むしろテンションが上がりますよね」(30代/メーカー勤務)

▽ 職場や合コン、街コンなど……。一度彼と接触するチャンスを逃してしまうと、話しかけるのにも勇気がいりますよね。でも仲良くなりたい気持ちを伝えるだけで、一気に壁がなくなります。彼も「嫌われている気がしていたけれど俺の勘違いだったのかな」「喋ってみたいなんてうれしい!」と前向きに捉えてくれますよ。

「すぐに○○したほうがいいですよ!」

「紙で手を切ってしまったとき。俺はそのうち治ると思っていたんだけど、後輩女子が『いますぐ消毒したほうがいいですよ!』と俺以上に心配してくれてドキッとしましたね」(20代/営業)

▽ ケガ自体はたいしたことなくても、本気で心配されたらうれしいものです。さらに家に帰ってから「ケガは大丈夫でしたか?」なんてLINEが送られてきたら……。「もしかして俺のこと好きなのかな」と勘違いするのも無理ないかもしれませんね。

関連記事

今、あなたにオススメ