「好きなのは私だけ?」付き合うと不安が続く男性の特徴

「好きなのは私だけ?」付き合うと不安が続く男性の特徴の1枚目の画像


彼氏、彼女という間柄でも「この人、本当に私のこと好きなのかな?」と不安になってしまうこともあるかもしれません。そんなときは、彼からの愛情表現が足りないと感じているのではないでしょうか。今回は、付き合っていても不安が解消しない男性の特徴をまとめました。

目次 [開く]

連絡がつかない時間がある

「飲みに行くと電話もLINEも無視する男性と付き合っていたときは、いつも不安が絶えませんでした。文句を言うと『飲んでいるときに連絡されるの嫌なんだよね。彼女の尻に敷かれていると思われたくないし』と逆ギレしてきて、全然変わってくれませんでした」(25歳/WEB制作会社勤務)

▽ これは、「彼女を心配させないようにする」という気遣いの問題かもしれませんね。「飲んでいるときに邪魔されたくない」と思うのはその人の勝手ですが、彼女が不安に思っていてもそれを押し通す身勝手さは、もし将来結婚したらより悪い方向に発揮される可能性が高いです。

自分にしかお金を使わない

「私は彼の誕生日に旅行を予約して、欲しいと言っていた靴もプレゼントしました。でも、私の誕生日は『おめでとう』と言ってご飯をおごってくれただけなんです。私にお金を使うのもったいないって思われているのかなって考えちゃいました」(26歳/会計事務所勤務)

▽ お金に関しての価値観の違いは人それぞれなので、きちんと誕生日を覚えてくれていたのであれば愛情がないとは言えないのかもしれません。ただ、問題は自分が「彼って私のことどうでも良いのかも」と感じてしまうことですよね。お金の価値観は大事なポイントなので、我慢はしないほうが良いでしょう。

すぐに「別れよう」と言う

「好きなのは私だけ?」付き合うと不安が続く男性の特徴の1枚目の画像


「ケンカするとすぐに『文句があるなら別れよう』と言ってくる元カレがいました。私のほうが気持ちが強かったから、そう言われると何も言えなくて。結局、浮気されて振られましたけどね」(27歳/歯科助手)

▽ 簡単に別れを切り出してくる男性は「どうせ彼女が別れをOKすることは絶対ないだろう」と相手のことを軽く見ている可能性が高いです。別れを簡単に駆け引きに使うと、相手は良い気分になりません。自分も使わないように気をつけたほうが良いですね。

まとめ

「彼のこんなところをもうちょっと直してくれたら」というのは誰しも考えるものかもしれません。ただ、大人になっても持っている性質って、そう簡単に変わるものではないんですよね。
そんなときは、視点をちょっと未来にずらしてみると良いかもしれません。「今のままの彼と、1年後、3年後も一緒にいて幸せなのか?」と考えてみると、自分の心の正解がわかるでしょう。

関連記事