あのときの私ヤバすぎ…彼が好きすぎてやらかしたぶっ飛びエピソード

あのときの私ヤバすぎ…彼が好きすぎてやらかしたぶっ飛びエピソードの1枚目の画像


恋をすると、まわりが見えなくなるもの。とくに若い頃は、自分の気持ちだけで突っ走ってしまったこともあるのでは? 当時は真剣だったものの、いま振り返ると「これってホラー?」と思う内容もチラホラ。もはや自分が怖くなります。
そこで今回は「彼が好きすぎてやらかしたぶっ飛びエピソード」についてご紹介します。

目次 [開く]

初恋の先輩を追いかけて…

「高校時代、一方的に片思いしていた先輩がいたんです。それで先輩が入った大学を目指し、ひたすら猛勉強。無事に合格し、先輩がいるサークルにも入部しました。
でもつい舞い上がってしまい、いきなり『先輩って○○高校ですよね!? 私もなんです! これって運命ですよね!』と話しかけてしまった。
もちろん先輩は私なんか知らないのでポカーン。完全にヤバい奴だと思われました」(20代/食品)

▽ どんなに計画的に行動しても、彼に警戒心を持たれたら先には進めません。「なんでもっと慎重にならなかったんだろう……」と後悔してしまいます。

彼の元カノにメッセージ

「彼と無事交際したものの、元カノが気になって仕方がなくて。勝手に元カノを調べ上げ、SNSから一方的にメッセージを送ったことがある。しかも内容もかなり高圧的……。
でも大人な元カノだったようで、返信は一切来なかったですね。さすがにあのときの自分ヤバかったなって反省しています」(20代/営業事務)

▽ たまに「元カレの彼女からメッセージが来た」なんて話を耳にしますよね。今カノは本気で「彼氏を取られたくない!」と心配しているのですが、元カノからするといい迷惑。「関わりたくないわ……」と思うようです。

好きな人の名字を名乗る

「当時前略プ○フがあったのですが、そのハンドルネームを“好きな人の名字+私の名前”にしていたこと。ハンドルネームの由来も『将来の夢(ハート)』とか書いてたし。あの彼、多分相当怖かっただろうな……」(30代/販売)

▽ これは黒歴史確定ですよね。みんな一度くらいは好きな人の名字を当てはめたことがあるでしょうが、それを堂々と名乗るところが突拍子もないもの。若い頃の勢いって、ある意味恐ろしいかも。

彼氏の旅行先に先回り

あのときの私ヤバすぎ…彼が好きすぎてやらかしたぶっ飛びエピソードの1枚目の画像


「彼と1日でも離れたくなかった大学生時代。なのに春休みに『友達とスノボに行く』って言いだして。『私も行きたい』とお願いしても拒否されたので、内緒で先回りしたことがあります。もちろんそのあと彼からフラれました……」(30代/金融)

▽ これを愛だと喜んでくれる男性もいるでしょうが、だいたいの人は重く感じるはず。まさか旅行先に彼女がいるとは思わず、彼も相当驚いたでしょう。
とはいえきっと当時は、自分のなにがダメなのかわからないくらい未熟だったんですよね。むしろ「彼女が会いに来たのに、なんで怒られなきゃいけないの!」なんて思っていたから恐ろしいものです。

関連記事