彼と復縁したいなら“やらないほうがいい”NG行為3つ

彼と復縁したいなら“やらないほうがいい”NG行為3つの1枚目の画像


「女々しいと思われるかもしれないけど元カレのことがまだ好き!」と、別れてしまったあとも忘れられないひとっていますよね。元カレのことが忘れられず新しい恋愛に踏み出せない、新しい恋をしても元カレのことが忘れられないというような場合には、復縁の可能性を視野に入れてみてはいかがでしょうか。
ということで今回は、「復縁したいなら“やらないほうがいい”NG行為」をご紹介します。

目次 [開く]

復縁を妨げる可能性のある行為とは…

(1)長文のLINEを頻繁に送り続ける

「別れているのに、まるで付き合っているときと変わらない。束縛はもうウンザリですよ」(29歳/フリーランス/男性)

▽ 別れたあとも、彼への未練からLINEを送り続けてしまう女性が少なからずいます。別れの理由に納得できていない場合はより顕著かもしれませんね。
しかし、一方的な連絡ほど厄介なものはありません。最悪の場合ブロックされてしまう可能性もありますので、連絡は彼の様子を伺いながら行うようにしたほうが良さそうです。

(2)彼の家へ押しかける

「別れたあとしばらくしてから、なんの前触れもなく元カノが家の前で待ち伏せしていたときには冷や汗が出ました」(30歳/営業/男性)

▽ 彼の家までのルートもバッチリ頭に入っていることでしょうから、その気になればいつでも訪問することができます。会いたい気持ちはわかりますが、もしも逆の立場だと仮定したら恐怖を感じませんか? 自分の気持ちを彼に押し付けるような言動はNGです。

(3)自虐的になり激しく落ち込む

彼と復縁したいなら“やらないほうがいい”NG行為3つの1枚目の画像


「友達から聞いた話なのですが、元カノは俺との別れがショックすぎて暴飲暴食が止まらず体重が激増。気持ちもネガティブになり、引きこもり一歩手前になってしまったそうです。なんだか責任を感じるけど、次はもっと前向きで明るい性格の女性と付き合いたいと思ってしまいました」(32歳/不動産/男性)

▽ 「別れたことを後悔させてやる! もっといい女になってまた彼のほうからアプローチさせるんだから!」くらいの意気込みを持たなければ、復縁するのはなかなか難しいかと思われます。彼との別れをバネにして女子力を磨き、スキルアップを目指す前向きな姿勢を忘れてはいけません。

気持ちをコントロールすることが肝心

諦めること、やめること、焦ること。これらは復縁を希望するなら断ち切りたい感情です。時には大好きだった元カレを思い出して「あのころは楽しかったな」と気持ちが暴走しそうになることもあるでしょう。しかし、どのようなときでも自分の気持ちをコントロールすることが肝心です。
気持ちをコントロールするには、自分に自信をつけることから始めてみましょう。ダイエットをしたり、知識を身につけたり、資格試験の勉強を始めてみるのもいいかもしれません。堂々と自分の人生を楽しみ、キラキラとしたオーラをまとっている人は男女問わず魅力的だと感じるものです。
彼に復縁話を持ち込むのは自分をアップデートしてからにしましょう。何事においても下準備は欠かせないものですし、大望を叶えるためにはじっくりとタイミングを見極めることが肝心なのです。

関連記事