同じ失敗を繰り返しがち…! アラサー女子に聞く「私の恋愛の法則」

同じ失敗を繰り返しがち…! アラサー女子に聞く「私の恋愛の法則」の1枚目の画像


振り返れば自分の恋愛って、いつも決まったパターンをたどっているなぁ、なんて思うことってありますよね。同じことで失敗したり、同じことを繰り返していることに気づくと、「今度からは意識して気をつけよう」と思うもの。人は経験を経て学んでいくものです。ここではそんな恋愛の法則について、アラサー女子のみなさんに聞いてみました。

目次

依存すると離れていく

「告白してもらって最初は惚れられていても、私の好きって気持ちの方が強くなって相手に依存するようになると、相手が自然と離れていく。いつもそのパターンで、付き合うときは相手の方が乗り気なのに、別れるときはいつも相手から告げられる」(20代女性)

▽ 相手の愛に依存してしまうと、重く感じた相手が少しずつ離れていってしまうというパターンだそうです。どんなに好かれていても、一方的に寄りかかっていたらしんどくなってしまうもの。バランスのとれたお付き合いができたら理想的ですね。

好意はバレた者勝ち

「好意は隠すよりも出した方がうまくいく! 私は自分の気持ちを隠して相手からの告白を待っているよりも、好きと言わないギリギリのラインを相手に伝えて、相手から告白をされる恋愛の方がうまくいった! 好意は出した方がいい!」(20代女性)

▽ 惚れた者負けという言葉がありますが、それとは逆で好意はバレた者勝ち。好きという気持ちを積極的にアピールしていく方が、うまくいく恋愛も多いそうです。

尽くしすぎてうまくいかない

同じ失敗を繰り返しがち…! アラサー女子に聞く「私の恋愛の法則」の1枚目の画像


「付き合うと相手になんでもしてあげたくなって尽くしちゃう。部屋の掃除をしたりご飯を作って、相手の家の合鍵をもらいたくて仕方がなくなって……気づくと相手から重い女って認定されたり、都合のいい女扱いされて終わる」(20代女性)

▽ 好きだからと相手に尽くしすぎてしまうと、重い女か都合のいい女としか思われなくなってしまうそう。尽くしグセがある人は気をつけたいですね。

2回食事を断られたら脈なし

「気になる相手を食事に誘って、連続で2回断られたら脈なし。忙しいっていうのは私との約束より優先することがたくさんあるって意味だし、1回なら仕方ないけど2回連続ってことは、それくらい自分に興味がないんだと悟った。だから忙しいっていうのはただの断り文句であって、本当に忙しいわけではない」(20代女性)

▽ 連続で2回食事を断られたら、それはもう「デートはしたくない」の合図。潔く見切りをつけましょう。

自分の意見を伝える方が愛される

「言いたいことを我慢して相手の言う通りにしていた恋愛よりも、自分の意見をきちんと相手に伝える恋愛の方が相手から愛されたなぁ。結局、自分をもっている人に惹かれるんだと思う。もっと早くから意見を伝えるようにしていればよかった!」(30代女性)

▽ 相手に嫌われることを恐れずに、自分の意見をきちんと言える方が相手からの愛は増すもの。自分をもっている人が好かれるのです。

関連記事