彼を虜に! 男性に嫌われないさりげないぶりっ子とは?

彼を虜に! 男性に嫌われないさりげないぶりっ子とは?の1枚目の画像


ぶりっ子というと少し古い印象を抱いてしまうのは私だけではないはず。
しかし、結局かわいいは正義。過度なぶりっ子は引かれてしまうかもしれませんが、さりげないぶりっ子であれば好まれることが多いのです。では一体、どこがボーダーラインなのでしょうか?

目次

無理じゃない程度の頼みごと

「男性って結局頼られることに弱いんですよ。女の子に『お願い!』と可愛く頼まれたら断れないし、むしろ頼ってくれたことにキュンとしちゃいますね」(商社/30代/男性)

▽ 何か頼みごとをするのは好印象なのだとか。頼まれること自体に喜びを感じるため、語尾にハートマークがつきそうなぶりっ子声である必要はないそうです。もちろん上目遣いも必要なし。
とはいえ、サバサバしすぎているとただのワガママだと思われてしまうので、女の子らしさは忘れないようにしましょう。

話に興味津々な態度

「知ったかぶりとかはイヤ。だけど、知らないふりは使い方によってはアリだと思います。僕が得意な分野に対して、何も知らないふりをしてたくさん聞いてくれるとテンションが上がりますね」(銀行/20代/男性)

▽ あまりにわざとらしい態度は引かれる可能性がありますが、ある程度の知らないふりは効果的なよう。男性は特に自分の得意分野について聞かれたら、うれしくて説明したくなるもの。
彼の仕事や趣味など気になる分野についてはどんどん質問を投げかけて、彼の気分を盛り上げてあげましょう。

目が合ったらはにかむ

彼を虜に! 男性に嫌われないさりげないぶりっ子とは?の1枚目の画像


「ずっと見られているのは怖いけど、たまに目が合うとドキッとしちゃう。さらにそのタイミングで笑顔を返してくれたり、はにかんでくれたりしたらやばいですね」(銀行/30代/男性)

▽ 上目遣いやじっと見つめるのはちょっと古いテクニック。さりげなく男性に好印象を与えたいのであれば、たまに目を合わせてはにかむ程度がちょうどいいんだそうです。
その控えめな態度がモテにつながるのだそう。合コンだけでなく、社内恋愛などでも使えそうなテクニックなのでぜひ覚えておきましょう。

ふたりになると少し甘える

「やっぱり特別扱いはうれしい。普段はサバサバしているのに、ふたりになると一気に可愛らしい感じを出してくるような女性には惹かれてしまいます。ぶりっ子は苦手なほうだと思うけど、自分にだけぶりっ子ならいいかな」(金融/30代/男性)

▽ 不特定多数に向けたぶりっ子は危険。しかし、好意のある男性にのみ向けられたぶりっ子は効果的なことがあるようです。特別扱いされてイヤな人はいません。気になる人にはぜひ積極的に甘えちゃいましょう!

ポイントは「わざとらしくない」こと

とにかく、わざとらしいぶりっ子は古いかつ危険だということがわかりました。さりげなく、あくまでも自然なぶりっ子であれば、男性にも受け入れられるようです。
男性からの意見は合コンだけでなく、学校や会社でも十分に通用するものばかり。さりげないぶりっ子を習得し、意中の男性を射止めちゃってくださいね!

関連記事