育児ノイローゼになりそう! イラっとする「子育てクソバイス」

育児ノイローゼになりそう! イラっとする「子育てクソバイス」の1枚目の画像


初めての子育てで一生懸命なお母さんを追いつめるのが、他人からの「良かれと思って」というアドバイス。とくに、義両親や実家の親からの助言って「放っておいてほしい」と思うことばかりなんですよね。今回は、ママたちがイラっとする「子育てクソバイス」をご紹介します!

迷惑すぎる子育てクソバイス

やっぱり母乳で育てないと

「母親が『母乳で育てないとかわいそうよ』って言ってくるんだけど、好きでミルクで育てているわけじゃない! 出ないんだからしょうがないじゃん!」(28歳・女性)

▽ ママの体質によって、母乳が出る量はさまざま。いろんな事情があるのに「母乳神話」を押しつけてくるのはあまりに無神経ですよね……。

兄弟がいないとかわいそうよ

「経済的な事情もあって一人っ子の我が子。義両親は『一人っ子なんてかわいそう!』とか『早く二人目を作らないと!』とか言ってくるけど、本当に放っておいてほしい。育てるのは私だし、あなたたち責任取れないでしょって思う」(30歳・女性)

▽ 一人っ子がかわいそうだという意見も余計なお世話。一人っ子ならお金をかけて教育できるし、メリットもたくさんありますよね。二人目が欲しくてもできない場合もあるので、軽々しく「二人目は?」なんて聞かないでほしいのです……。

料理は手作りじゃないと

「料理が苦手なんだけど、ママ友が『離乳食は全部手作りじゃないと』とか『レトルトなんてかわいそう』って言ってきてウンザリする……。毎日手作りなんて私には無理!」(24歳・女性)

▽ 毎日完璧に育児しようと思ったら息が詰まりますよね。市販の離乳食もうまく使って余裕を持つのは大切! 価値観の押しつけは本当に困ります……。

そんなの知ってるし…

「息子が夜になかなか寝てくれなくて、ママ友に相談してみた。でも『公園行って運動させなきゃダメよ』とか『ちゃんと絵本読んであげてる?』とか、当たり前すぎるアドバイスを上から目線で言ってきて……そんなこともうやってますから!」(29歳・女性)

▽ 「そんなこと知ってますから」というアドバイスを上から目線でされるのもストレスですよね。子育ての知識が全くないと思われているみたいで、イヤな気持ちになってしまいます。

小さいときは専業主婦じゃないと…

育児ノイローゼになりそう! イラっとする「子育てクソバイス」の1枚目の画像


「子どもを保育園に預けて仕事に復帰しようとしたら、義母が『こんなに小さいのに保育園なんて……』『専業主婦でいいじゃない』と言ってきた。そんなこと言うなら、給料と同じ金額の仕送りでもしてほしい……」(27歳・女性)

▽ 経済的事情もあるし、せっかく入った会社を辞めたくないですよね。しかし、親世代は専業主婦が当たり前だと思っている人が多いのでしょう……。保育園で学べることも多いですし、預けることが悪いなんてことは決してありません!

世界にはもっと大変な子が…

「母親に育児の悩みを相談していたら『世界には病気で大変な子もいるし、もっと過酷な環境で育児しているお母さんもいるのに。あなたは恵まれているんだから、そんなことで弱音を吐かないの!』となぜか怒られた。ただでさえ追いつめられていたのに、とどめを刺された感じ」(34歳・女性)

▽ 世界中の人と比べたって、何も解決しないですよね……。もっと寄り添ってくれてもいいのに。正論は人を救いません。

いかがでしたか? 役に立つどころか、落ち込んでしまう「クソバイス」。真剣に受け止めず「そういう意見もありますね」とスルーするのが正解かも。

関連記事