上手な関わり方はこれ!「マウントを取る男性」への対処法4つ

上手な関わり方はこれ!「マウントを取る男性」への対処法4つの1枚目の画像


「マウントを取る」とは、無理に張り合ったり自慢したりする行為のこと。本能的に備わっている闘争心や、劣等感・自信のなさなどが影響しています。
本記事では身近にマウントを取る男性がいる女性へ向けて、円満に関わるための対処法をご紹介していきます。ぜひ彼氏・夫・上司などと接する際の参考にしてみてください。

目次

彼の前で他の人を褒めない

男性は女性以上に闘争心が強く、特に同性へライバル意識を持ちます。そのため、マウントを取る男性の前で他の人を褒めることはNG。気づかないうちにプライドを傷つけてしまいます。
自分に自信が持てず劣等感を抱いている人ほど自分と他人を比較する癖があり、マウントを取りやすくなるようです。人によって地雷になる事柄は様々なので、彼の弱点に気づいたら触れないようにしましょう。

冷静に距離を置く

男性がマウントを取っているときに、女性側も感情的になるとヒートアップします。なるべく冷静に受け答えをして、彼の気持ちが落ち着くまで適度な距離を置きましょう。
マウントを取る男性の中には、「上司に理不尽なことを言われた」「友達にイラっとした」など、不機嫌の理由が別にあることが少なくありません。こうした場合、気に留めすぎず時間の流れに任せることが効果的です。

日頃から褒めるようにする

上手な関わり方はこれ!「マウントを取る男性」への対処法4つの1枚目の画像


マウントを取る心理として、「大切にされていない」「尊重されていない」などのマイナスな感情があります。強い承認欲求を抱いていて、それが満たされないとマウントを取ることで無理やり満たそうとするのです。
そのため、日頃から男性を褒めて自尊心を満たすことがポイント。また、マウントを取る相手が彼氏・夫の場合はマメに愛情表現しましょう。愛されている実感があると、不満を感じにくくなりますよ。

嫌なことはハッキリと伝える

マウントを受け入れすぎると、どこまでもエスカレートします。上司などの円満に関わりたい相手なら我慢もアリ。しかし、彼氏・夫相手に我慢しすぎると別れに繋がりかねません。
長く交際するつもりなら、嫌なことはハッキリと伝え、彼に許容範囲を教えることも重要。早い段階で「それをすると傷つく」「困るからやめてほしい」と伝えましょう。また、後から掘り返すことなく、なるべく早く簡潔に伝えることがコツですよ。

マウントを取る男性と上手に関わろう

マウントを取る男性相手には、日頃から褒めて自尊心を満たしましょう。また、マウンティングが激しい人は周囲を傷つけるため、無理せず距離を保つことも大切。許容範囲を超える場合はハッキリと「困る」「やめてほしい」と伝えましょう。上手な関わり方が分かると、ちょっとずつやり取りが楽になっていきますよ。

関連記事