スクラブ洗顔とは?毎日するのはよくない?注意点から方法おすすめまで

スクラブ洗顔とは?毎日するのはよくない?注意点から方法おすすめまでの1枚目の画像
「スクラブ洗顔をすると毛穴の黒ずみ汚れもとれるの?」「どのスクラブ洗顔料がおすすめ?」「そもそも、スクラブ洗顔っていつするの?」
そんなスクラブ洗顔にまつわる疑問を、毛穴の黒ずみ汚れもろともスッキリさせませんか?

今回はスクラブ洗顔の方法、気をつけるべき点、洗顔料のおすすめなどについて紹介します。
スクラブ洗顔をこれから始める方から、すでに使いこなしている方まで楽しんでいただけるように、スクラブ洗顔の知識をまとめたのでぜひ参考にしてください。



目次

1.スクラブ洗顔とは?


スクラブ洗顔とは?毎日するのはよくない?注意点から方法おすすめまでの2枚目の画像


はじめにスクラブ洗顔とはどんな洗顔かについて簡単にご紹介します。

1-1.スクラブ洗顔のメカニズム


スクラブ洗顔とは?毎日するのはよくない?注意点から方法おすすめまでの3枚目の画像
スクラブ洗顔とは細かい粒子が含まれた洗顔料で顔を洗うことです。この粒子を肌の上で滑らせることで、肌の表面にある古くなった角質や余分な皮脂などの汚れを取り除くことができます。

細かい粒子の正体は製品によっても異なり、ソルト、シュガー、植物の種皮、ナイロンパウダーなど自然由来の素材から合成素材までさまざまです。
どのスクラブ洗顔料も、スクラブ洗顔を行うことによって「肌の汚れを取り除く」という目的は同じです。
含まれる粒子の大きさや柔らかさにバラつきがあるので、肌質や目的に合わせたスクラブ洗顔料を選ぶことがポイントです。

1-2.スクラブ洗顔のメリット


スクラブ洗顔とは?毎日するのはよくない?注意点から方法おすすめまでの4枚目の画像

スクラブ洗顔を行うことで、落としにくい肌表面の古くなった角質や皮脂汚れを洗い流すことができるといわれています。
この章では、スクラブ洗顔によって期待できる、主な4つのメリットについてご紹介していきます。
【期待できる4つのメリット】
①毛穴の汚れを落とす
②くすみの原因になる古い角質を洗い落とす
③肌表面をなめらかにする
④化粧ノリがよくなる

①毛穴の汚れを洗い落とす
スクラブ洗顔とは?毎日するのはよくない?注意点から方法おすすめまでの5枚目の画像


スクラブ洗顔料に含まれる粒子は、ほとんどが細かいものです。そのため、落ちにくい小さな汚れも洗い落とすことができると考えられています。
毛穴に詰まった黒ずみ汚れを洗い流すことが期待できます。
②くすみの原因になる古い角質を洗い落とす
スクラブ洗顔とは?毎日するのはよくない?注意点から方法おすすめまでの6枚目の画像


スクラブ洗顔を行うことで、古くて余分な角質汚れなどを洗い流して肌を清浄にすることができます。

角質汚れを落とすことで肌のくすみ感をオフしたり、毛穴詰まりを防いだりすることが期待できます。
③肌表面をなめらかにする
スクラブ洗顔とは?毎日するのはよくない?注意点から方法おすすめまでの7枚目の画像


肌表面に古い角質がたまることで肌のザラつきやゴワつきが気になるとき、スクラブ洗顔をして古い角質を取り除くと、肌をなめらかな触り心地にすることが期待できます。
④化粧ノリがよくなる
スクラブ洗顔とは?毎日するのはよくない?注意点から方法おすすめまでの8枚目の画像


スクラブ洗顔によって古い角質など汚れが取り除かることで、肌がなめらかになり、化粧ノリがよくなることが期待ができます。

1-3.スクラブ洗顔の注意点


スクラブ洗顔とは?毎日するのはよくない?注意点から方法おすすめまでの9枚目の画像
魅力の多いスクラブ洗顔ですが、スクラブ洗顔料を使用する際はいくつか注意が必要です。

具体的なスクラブ洗顔の注意点については、以下の章をそれぞれご覧ください。
2. スクラブ洗顔を避けるべきタイミング
3. 手作りスクラブ洗顔料の注意点
3. スクラブ洗顔の方法


2.スクラブ洗顔を避けるべきタイミング


スクラブ洗顔とは?毎日するのはよくない?注意点から方法おすすめまでの10枚目の画像


すっきり汚れを洗い流して肌をなめらかに整えてくれるスクラブ洗顔ですが、少しだけ気を付けたいことがあります。
正しく使って肌に余計な負担をかけないようにしましょう。

2-1.肌がデリケートなとき


スクラブ洗顔とは?毎日するのはよくない?注意点から方法おすすめまでの11枚目の画像
もともと肌が敏感に傾きやすい、化粧水がしみやすい、顔にかゆみを感じやすい方には、スクラブ洗顔はあまりおすすめできません。

日焼け後などで肌が敏感な状態になっているときも使用を控えましょう。

2-2.肌が乾燥しているとき


スクラブ洗顔とは?毎日するのはよくない?注意点から方法おすすめまでの12枚目の画像
肌にカサつき感がある時など肌に乾燥を感じるときは、スクラブ洗顔の使用を控えるようにしましょう。
スクラブ洗顔は普通の洗顔料よりも肌の油分を洗い流しやすいので、肌が乾燥しやすくなるといわれています。


3.手作りスクラブ洗顔料の注意点


スクラブ洗顔とは?毎日するのはよくない?注意点から方法おすすめまでの13枚目の画像


スクラブ洗顔料は塩やはちみつ、オリーブオイルなどで手作りすることができます。しかし、手作りのものは材料の選び方や保存の方法に注意が必要です。

スクラブ洗顔が初心者の方は手作りはせず、はじめは既成品を使用することをおすすめします。

●関連記事⇒【リップスクラブの作り方】

4.おすすめスクラブ洗顔料


スクラブ洗顔とは?毎日するのはよくない?注意点から方法おすすめまでの14枚目の画像
ここでは、肌らぶ編集部おすすめのスクラブ洗顔料をご紹介します。

RMK ジェルスクラブ


スクラブ洗顔とは?毎日するのはよくない?注意点から方法おすすめまでの15枚目の画像
スクラブ洗顔とは?毎日するのはよくない?注意点から方法おすすめまでの16枚目の画像
価格:3,200円(税抜)
なじませた後、1~3分ほど置いてから洗い流すタイプのスクラブ洗顔料。
肌あたりの異なるスクラブの粒が、古い角質や毛穴の詰まりなどの汚れをなめらかにお手入れします。
うるおい成分として、「パン酵母エキス」「キウイエキス」整肌成分として「グレープフルーツエキス」「オレンジエキス」「レモンエキス」を配合。
すがすがしい香りに包まれながらお手入れできるので、週に2~3回リフレッシュしたい日のお手入れとしてもおすすめです。
スクラブ洗顔とは?毎日するのはよくない?注意点から方法おすすめまでの16枚目の画像


キールズ DS クリアリーホワイト エクスフォリエーティング クレンザー


スクラブ洗顔とは?毎日するのはよくない?注意点から方法おすすめまでの18枚目の画像
スクラブ洗顔とは?毎日するのはよくない?注意点から方法おすすめまでの16枚目の画像
価格:3,800円(税抜)
スクラブと洗顔が1本でできるクレンザー。やさしい感触なので、毎日の洗顔に使えます。
整肌成分として配合された「パールストーン(パーライト)」がスクラブ効果で不要な角質を落とします。
古い角質をゆるやかにオフして、同時に皮脂や汗の汚れも落とし、清潔でクリアな肌へ。
スクラブ洗顔とは?毎日するのはよくない?注意点から方法おすすめまでの16枚目の画像


ミツイ ハーバル ゴマージュ クリアジェル


スクラブ洗顔とは?毎日するのはよくない?注意点から方法おすすめまでの21枚目の画像
価格:3,500円(税抜)
週に1度程度、洗顔後のタオルドライした後の肌に使うジェルタイプのゴマージュ。
肌になじませ、なでるようにマッサージし、ジェルがポロポロになったら洗い流します。
原料のハーブにこだわった製品ならではの、自然を感じさせる色と香りが特徴的なジェルが、しっとり潤ってツヤのある肌に導きます。
スクラブ洗顔とは?毎日するのはよくない?注意点から方法おすすめまでの16枚目の画像


●関連記事⇒【ボディスクラブおすすめ】


5.スクラブ洗顔の方法


スクラブ洗顔とは?毎日するのはよくない?注意点から方法おすすめまでの23枚目の画像


スクラブ洗顔を行う方法・手順についてご紹介します。

5-1.スクラブ洗顔を行うタイミング


スクラブ洗顔とは?毎日するのはよくない?注意点から方法おすすめまでの24枚目の画像
スクラブ洗顔を行う順番は、通常のクレンジングや洗顔の後が基本です。
スクラブ洗顔は汚れを洗い流して肌をやわらげるので、夜のお手入れ前に行うのがおすすめです。

5-2.スクラブ洗顔のステップ


スクラブ洗顔のステップは、次の5つになります。


①肌をしめらせる
②スクラブ洗顔料をなじませる
③すすぐ
④水気を拭き取る
⑤保湿する



ここからは、スクラブ洗顔のポイントも含め、使用方法を詳しくお話しします。
①肌をしめらせる
スクラブ洗顔とは?毎日するのはよくない?注意点から方法おすすめまでの25枚目の画像
スクラブ洗顔の前には、ぬるま湯で肌を湿らせます。
②スクラブ洗顔料をなじませる
スクラブ洗顔とは?毎日するのはよくない?注意点から方法おすすめまでの26枚目の画像
まずはスクラブ洗顔料を清潔な手に取ります。指先を使って、額、こめかみ、鼻や小鼻など気になる部分になじませます。
※ゴシゴシこすらないよう気を付けてください。力の入れ過ぎに注意しましょう。
③すすぐ
スクラブ洗顔とは?毎日するのはよくない?注意点から方法おすすめまでの25枚目の画像
ぬるま湯でスクラブ洗顔料の洗い残しのないよう、包み込むようにたっぷりとすすぎます。
※肌に負担をかけないよう短時間で済ませ、洗い流しましょう。
④水気を拭き取る
スクラブ洗顔とは?毎日するのはよくない?注意点から方法おすすめまでの28枚目の画像
清潔で柔らかい肌あたりのタオルで、押すような感じで水気を拭き取ります。
※タオルを使う際もこすらずやさしく押さえるように、丁寧に拭き取ります。
⑤保湿する
スクラブ洗顔とは?毎日するのはよくない?注意点から方法おすすめまでの29枚目の画像
スクラブ洗顔後はそのまま放置せず、すぐに化粧水や乳液、クリームなどでお手入れを行いましょう。

●関連記事
【保湿化粧水おすすめ】
【保湿クリームおすすめ】


5-3.5つの注意点


スクラブ洗顔とは?毎日するのはよくない?注意点から方法おすすめまでの30枚目の画像
スクラブ洗顔を行う上で気をつけたいポイントを5つご紹介します。
①肌の状態と相談する
スクラブ洗顔とは?毎日するのはよくない?注意点から方法おすすめまでの31枚目の画像
ニキビなどの肌荒れが起きているとき、また、肌が敏感になっているときは使用を控えましょう。
②ゴシゴシこすらない
スクラブ洗顔とは?毎日するのはよくない?注意点から方法おすすめまでの32枚目の画像
スクラブ洗顔料を使用するときは、指の先で丁寧に、力を入れずに肌に触れましょう。
強くこすり過ぎてしまうと、乾燥の原因になったり、肌荒れやシミなどの肌悩みにつながってしまうこともあります。
③目に入らないようにする
スクラブ洗顔とは?毎日するのはよくない?注意点から方法おすすめまでの33枚目の画像
スクラブ洗顔料は、目のまわりには使用しないでください。万が一、スクラブ洗顔料が目に入ってしまった場合は目をこすらず、すぐに水で洗い流してください。異常がある場合は必ず医師に相談しましょう。
④使用頻度を守る
スクラブ洗顔とは?毎日するのはよくない?注意点から方法おすすめまでの34枚目の画像
スクラブ洗顔は基本的には毎日行うものではありません。製品によって使用頻度が異なるため、製品の説明書きなどで確認してください。
⑤保湿をしっかりする
スクラブ洗顔とは?毎日するのはよくない?注意点から方法おすすめまでの35枚目の画像
スクラブ洗顔後は肌が乾燥しやすい状態になるといわれています。化粧水、乳液などを使って肌に潤いを与えるお手入れをしてください。

6.まとめ


スクラブ洗顔とは?毎日するのはよくない?注意点から方法おすすめまでの36枚目の画像
スクラブ洗顔は、古い角質や毛穴に詰まった汚れを洗い流し、肌をやわらげる洗顔方法です。
使用方法と肌のコンディションを確認してから、スクラブ洗顔の魅力を体感してください。

◆スクラブ洗顔 肌らぶ関連記事◆


あなたはどう選ぶ?【最新】おすすめ洗顔料
洗顔方法保存版|実はNGな洗顔方法とは?
毛穴汚れ・黒ずみにおすすめの洗顔料はこちら!
ニキビは洗顔で防ぐ♡おすすめ洗顔料
男の毛穴汚れを徹底対策!おすすめメンズ洗顔料
スキンケアで男を磨け!おすすめアイテム


関連記事