《アイラインの引き方》たったひと手間で印象を激変させる3大テク教えます

目次 [開く]

アイメイクの中でも重要なのがアイライン。


《アイラインの引き方》たったひと手間で印象を激変させる3大テク教えますの1枚目の画像

アイラインの長さや目尻の跳ね上げ、カーブなど引き方ひとつで顔の印象が大きく変わることをご存知ですか?今回は大人気のペンシルアイライナーを使ってご紹介します。


この記事のHowBガール

《アイラインの引き方》たったひと手間で印象を激変させる3大テク教えますの2枚目の画像

みーしゃ

アイラインを引くのが苦手だった私が克服した方法をご紹介します♡


①ナチュラルな目に見えるアイラインの引き方


《アイラインの引き方》たったひと手間で印象を激変させる3大テク教えますの3枚目の画像

最初にメイクは全体的にあまり濃くない、ナチュラル志向の方におすすめなラインの引き方をご紹介します。

カラーはブラックよりソフトな印象を受けるブラウンがおすすめ。今回、私が使用したのはデジャヴュのアイライナーです。

芯先が楕円形なので、引き方によって極細から太めのラインまで自由自在!クリームタイプのペンシルで、スルスルッと描きやすくて、にじみにくいのが特徴です。アイライナー初心者にもおすすめ!

《アイラインの引き方》たったひと手間で印象を激変させる3大テク教えますの4枚目の画像
デジャヴュ ラスティンファインa クリームペンシル ダークブラウン ¥1,200(税抜) ※本人私物


特にブラウン系のアイシャドウでまとめる場合は馴染みが良いカラーを選ぶことが大切。ペンシルの先端を目尻からまつ毛3本分くらい内側に入ったところに置きます。

そこから目尻の少し外側まで目のカーブに沿って軽く引っ張るだけ。ほんの数ミリ引くだけの簡単な方法です。

《アイラインの引き方》たったひと手間で印象を激変させる3大テク教えますの5枚目の画像

アイシャドウの延長のようなイメージで引くと、仕上がりがナチュラル。目を開けた状態で描き始めるとキレイにラインが整います。線がヨレてしまう場合は、指で軽く目の横の皮膚を引っ張ると描きやすくなります。

物足りなく感じる場合は、まつ毛の隙間をアイライナーで埋めるとより目力がアップします。


②デカ目に見せるアイラインの引き方


《アイラインの引き方》たったひと手間で印象を激変させる3大テク教えますの6枚目の画像

アイメイクをぱっちり行なって、アイラインでデカ目効果を上げるポイントは「まつ毛の隙間埋め」「長め」「太さ」の3つです。

まずはまつ毛の隙間をしっかり埋めていきます。
上まぶたのまつ毛の生え際(粘膜の部分)にアイラインを引くことで目が大きく見えます。この時、まつ毛の下からペン先を入れて描いていくのがコツです。

《アイラインの引き方》たったひと手間で印象を激変させる3大テク教えますの7枚目の画像

長さはお好みで違和感がないかどうか見ながら、横幅を出したい分だけ伸ばします。太さは二重の幅にかからないように上の方に太くしていきます。

《アイラインの引き方》たったひと手間で印象を激変させる3大テク教えますの8枚目の画像

アイラインをブラックで引くと目の形がつぶれて見えてしまうこともあるので、カラーは淡い方がキレイです。

また、眉毛よりアイラインが長くなってしまうとバランスが崩れるので、眉尻より先に出ないようにするのがポイント。

目尻から出たラインは徐々に細くなるようにするとキレイですよ♪


③タレ目に見せるアイラインの引き方


《アイラインの引き方》たったひと手間で印象を激変させる3大テク教えますの9枚目の画像

目元をかわいく見せたい!つり目を解消したい!という方にはタレ目にする引き方がおすすめです。
タレ目にしたい場合はラインの向きが大切!真横でもなく、上でもなく、斜め下に向かって引くのがコツ♪

目頭と水平のラインを目安に下げていきます。それ以上下げると違和感が出てしまうので要注意。

《アイラインの引き方》たったひと手間で印象を激変させる3大テク教えますの10枚目の画像

目尻をタレ気味にしたアイラインと下まぶたのアイシャドウをつなげると、よりかわいい雰囲気に仕上がります♡

この時、上まぶたの目尻1/3のところに淡いブラウンを入れて影をつけるようにつなげると、重心が下に向くのでタレ目が強調されます。

《アイラインの引き方》たったひと手間で印象を激変させる3大テク教えますの11枚目の画像

私もつり目気味なのでこの入れ方はよく使います。デカ目とタレ目を同時に叶える万能な入れ方♡

アイラインは少しのコツで簡単に仕上げることが出来ます。自分の目の形にはどんな入れ方が良いのか、いつものメイクに活かしてみて下さいね!

撮影/みーしゃ

※価格は全て編集部調べ

今、あなたにオススメ