けっこうしんどい「自分磨き」をなんとかして継続させるコツ・4つ


女子力をアップさせるため、自分磨きに精を出しているコがいっぱいいるよね。そんな周りの様子を見ていると、「私もなにかしなきゃマズい・・・・・・」という気になって少しずつ焦ってきちゃう。本来は女子ってわざわざ磨かなくても元々輝いているものなんだけど、そんなこと言われてもきれいごとにしか感じられなくて、つい自分磨きに走りたくなっちゃうものだよね。だからこそ、やってるうちにだんだんおっくうになってきたり、しんどくなってきたりするんだ。そういうふうになっちゃった自分磨きをなんとかして継続させていくにはどうすればいいんだろう?



初めから大量にやらない

いままで何も自分磨きをしてこなかったり、または、していても納得のいくやりかたじゃなかったと思ってる女子の場合、いきなりものすごい量の自分磨きをやり始めちゃうパターンが多いんだ。せっぱつまった焦りの気持ちがそうさせちゃうんだけど、これがかえって早期の挫折を招いてしまうの。だって、いままであまりやってこなかった人が突然大量にやるってなったら、ギャップが大きすぎて頭も体もついていけなくなっちゃうからね。一時的には達成感が得られて満足できるけど、そのあとすぐに落ちてきてしまい、そんな自分に対して「ダメだなぁ・・・・・・」って思ってますます自信を失っていくことになりやすいんだ。



いろいろな種類を少しずつ

初めからいっぱいやりすぎないといっても、一つのことだけやっているっていうのもあまり長続きしないやりかただよ。だって、ずっと同じのだと誰だって飽きちゃうでしょう?自分磨きにもいろんな種類があるんだから、いくつか好きなものをピックアップして取り入れてみよう。ポイントは、いろんな種類を少しずつっていうところ。いくつもの自分磨きをそれぞれ大量に入れちゃうと、時間的にも経済的にも体力的にも大変になってくるからね。もちろん、飽きずに楽しめる最初のうちは一つのことだけに集中していてもだいじょうぶだよ。ちょっとマンネリ化してきたかなっていうくらいのときに新しく別のものを加えてみよう。



ノルマを決めない

ずっと続けていくためには、最低限これだけはやるっていうノルマを決めておくことが大切、という意見を巷ではよく聞くよね。でも実は、この方法がうまくいくのって、もともとポジティブな気持ちで自分磨きに取り組んでいる人だけなんだ。「やらなきゃいけないから」とか「あまり気は進まないけど」とかいう消去法っぽいモチベーションでやり始めた人にとっては、むしろ逆効果。ノルマを決めて、ペースを考えて、とかっていうふうにあらかじめ計画を立てれば立てるほど、それがプレッシャーになってますますおっくうになってくるからね。無計画でいいから、そのとき自分がやりたいと思ったことをやればいいんだよ。



あとのことを想像する

自分磨きをしたあとには、あなたはどうなっていると思う?女子として魅力的になって、友達にほめられたり素敵な彼氏ができたりするかな。こんな先のことを考えるのって何の意味もないように見えるかもしれないけど、実は一番大事なことなんだよ。何のために自分磨きするのかっていうと、自分にとって何かいいことがあるからだよね。そのあなたにとっての「何かいいこと」を具体的に想像してみよう。本当にそんなふうになれるなら、少しくらい努力してみるのも悪くないかもって思えてくるよ。すると努力は面倒だったりつらいものではなくなってくるから、無理やり我慢しないでも長く続けることができるようになるんだね。



まとめ

自分磨きを終えたあとの「なりたい自分」の姿がはっきりしていると、努力してる気がしなくなってくるよ。がんばってやってますっていうよりは、むしろ好きなことを気ままにやって楽しんでるって感じになってくるからね。そういう女子が、周りの人からどんなふうに見られているか知ってる?とっても光り輝いて見えているんだ。なぜなら、人は自分が好きなことをやっているときに最も魅力を放つものだから。つまり、まだ自分磨きを終えてないうちから、すでに輝いちゃってるってこと。わざわざ磨かなくても最初からあなたは輝いていたんだよ。(羽林由鶴/ハウコレ)

関連記事

今、あなたにオススメ