キャバ嬢直伝!気になる男子を「あなたのリピーターにする方法」・5つ

キャバ嬢直伝!気になる男子を「あなたのリピーターにする方法」・5つの1枚目の画像

キャバ嬢さんって、やっぱり男子に「またこの子に会いたい」って思わせる達人ですよね。しかもその上で、お金もしっかり払わせるんだから、かなりの「吸着力」があるわけです。そんなキャバ嬢さんのテクを盗めば、私たちも気になる男子を自分のリピーターにしちゃるはず。そんなわけで今回は、元No.1キャバ嬢のナナミ・ブルボンヌさんに「好きな男子を『あなたのリピーター』にする方法」について聞いてみました。



1.「もっと知りたいなぁ」

「毎回毎回、相手の男子に『もっと知りたい』と言うことです。男子はみんな自分のことを話したがり。『もっと聞かせて』と言えば、『俺ももっと話したいよ』と思ってくれますから、どんどん会いたくなってくれるはず」とにかく相手に興味を持ってることをアピールするのが大事だそう。「この子なら、俺の話を全部聞いてくれる。俺のことを全部受け入れてくれる」って思わせたら、あとは勝手にあっちから「会いたい」ってなるんでしょうね。



2.「次話すね」

「自分の話をするときにも、なるべく小出しにしても、そのときに全部話してしまわないこと。『え~、次話すね!』を上手に使いましょう」たとえば自分の過去の恋愛話とかをしてるときも、大事なところで「恥ずかしいなぁ」、「ええ、話してよ話してよ」、「う~ん、じゃあ次会ったときね」みたいな感じで切っておくテクです。30分ドラマとかって、すごくいいところで終わって早く続きが見たくなりますよね。それと同じ感じですね。



3.「ヤれそう」は毎回思わせておく

「そんなつもりがなくてもいいので、とにかく『いつかこの子とヤれそう』というのは必ず思わせてください。これが男子のあなたに会う原動力になります」男子の家の話とかを聞いたら「え~、今度行ってみたいな~」とか言ってみたり、「今度旅行行きたいね~!」とか言ってみたり、「あれ、ヤれそうじゃね?」とさりげなく思わせておくといいみたいです。たしかに男子は単純ですから、こういうのには弱いですよね。



4.盛り上がったところでバイバイ

「『いや~今日はたくさん話せたね~』とお互いに満足するまで会ってはいけません。『楽しい! 最高!』とテンションが上がったところで解散するのが次につなげるコツ。キャバクラもそうですけど、だいたい短時間なのでイイカンジのところで終わってしまうんです」気になる男子と会うときには「なるべく長く・・・・・・」って思っちゃうけど、そこをなんとか我慢!「明日朝早いから~」って言って、夜9時過ぎとかにバイバイしちゃうんです。そうしたら、「もっと話したいから次また会おうよ」となるわけですね。



5.最後にお手紙

「お手紙も、キャバ嬢がよく使うテク。男子が会った後に読みながら帰って、『いい子だなぁ。また会いたい』と思ってくれるわけですね」これは手紙とかじゃなくても、解散後にLINEをするとかでもいいそうです。「今日はありがとう。○○の話が楽しかった。もっと聞きたいな。またね」みたいな簡単なメッセージを送ってみましょう。



おわりに

どうでしたか? なかなか使えそうなテクばかりでしたね。気になる男子とデートは、毎回が勝負。飽きられたらそこで終わりです。これらのテクを駆使して、「もっともっと君に会いたい!」と思わせられるような女子になってくださいね。男子をあなたの恋のリピーターにしちゃいましょう!(遣水あかり/ライター)(ハウコレ編集部)

関連記事