ホントのことを言える女子はモテまくる


合コンや飲み会で、その場の人気をかっさらっていくことができる女子・・・・・・といえば、美人さんではないというのは、この『ハウコレ』でも、よく紹介されていることです。つまり美人さんより、話がおもしろい女子に人気が集中することが多いそうです。今回は、男子の特徴をご紹介しつつ、話が面白いとはどういうことなのかについて、一緒に考えてみたいと思います。



俺、緊張しちゃうんっすよ・・・

男子は、少し気になる女子や、ものすごく気になる女子に、「いじってほしい」と思っている節があります。いじるというのは、会話で突っ込んでほしいということです。すごく弁が立つ営業マンのような男子でもない限り、ふつう、男子は、気になる女子を前にしたとき、軽く緊張しています。女子も女子で緊張していると思いますが、男子も男子で、緊張しています。だから、男子は、気になる女子にいじってもらいたいのです。***会話で軽く突っ込むといっても、ちょっとやそっと突っ込むぐらいでは、男子の緊張はほぐれません。本質というか、本当のことを、ズバッと短いセンテンスで言い切ってあげるといいのです。たとえば、飲み会に、アタリメばかり食べながら焼酎を飲んでいる若い男子がいるとします。そういう男子に、「おじちゃんみたいにアタリメ食べて・・・・・・私もひと口ちょうだい」というような・・・・・・ベタなたとえですが、たとえばそういうことです。これが、「アタリメが好きなんですか?」というような当たりさわりのない会話をしてしまえば、男子は「俺、おっさんみたいで、ちょっと嫌われたかな」と、ますます緊張してしまうことになります。



女子からお願いできればと・・・

こういうことは、女子だって同じだろうと思います。当たりさわりのない会話をいくら重ねたところで、お互いの緊張感って、ほぐれないですよね。そうではなくて、物事の本質というか本当のことを、男子からズバッと言われたことによって、大きく心を開く女子・・・・・・わりと飲み会や合コンで見かけるパターンではないかと思います。ホントは、男子は緊張ばかりしていないで、女子にツッコミを入れるといいんです。でも、そういうことができる男子は、すごく数が少ないので、そういうことができる女子のみなさんは、ぜひ積極的に男子をいじってみてはいかがでしょうか?ということです。積極的に男子をいじっている女子は、モテます。弁が立つ男子も含め、男子の本質って「男の子」だから・・・・・・つまりシャイだから、内心、女子がいじってくれるのを待っているのです。弁が立つ男子は、「俺は男だからしっかりしないと」とかと思って、勇気をふりしぼって喋っているだけです。あるいは過去にモテた会話のケースを思い出して、過去の成功事例のとおりに喋っているにすぎなかったりします。だから、(ここだけの話・・・・・・あまり大きな声では言えませんが)、モテている男子の話は、過去に聞いたことがあるような話が多く、つまらなかったりするのです。会話の妙を生み出すのは、女子から・・・・・・ぜひ、よろしくお願いしたいと思います。(ひとみしょう/ライター)(ハウコレ編集部)

関連記事