「台所借りるね?」男性が彼女を家に招待したときに言われたいワード


「彼の家に行ったはいいものの、緊張して何を話したら良いかわからなくなってしまった・・・」なんて経験を持つ人もいるのでは?ずっと無口でいると「もしかして俺の家ってつまらないのかな・・・」と彼に気を遣わせてしまう恐れが。でも逆に余計な一言を口にしてしまうと、彼を怒らせてしまう危険もあります。そこで今回は「彼女を家に招待したときに言われたいワード」について20代男性にリサーチしてみました。



1.「部屋きれいだね!」

「やっぱり『お部屋きれいにしてるね~!』みたいなのが嬉しいかな。本当は前日に必死に掃除したんだけどね・・・(笑)」(20歳/大学生)王道ですが、彼の部屋に入ったら「きれいだね!」と言ってみましょう。褒められて嫌な気分になる人はきっといないはずです。その一言があるだけで、彼も「喜んでくれているみたいで良かった・・・」とホッとするのではないでしょうか。



2.「こういうのが好きなんだ~!」

「俺の好きなDVDとか見て『これ良いよね~!私もすごい好きなんだ~!』とか言われたい。センスが良いって褒められているみたいでテンションがあがる。」(25歳/営業)「フィギュアコレクションを見てもドン引きせずに『こういうのが好きなんだ~!』と話に乗ってくれた彼女にはマジ感謝!家に呼んで良かったです。」(28歳/運送業)彼の部屋に行くことで、いままで知らなかった趣味やこだわりのグッズを目にすることもあるでしょう。そんなときに「え・・・こんなのが好きなの・・・」と頭ごなしに否定をするのはダメ。「こういうのが好きなんだね!」と話のきっかけにしてみましょう。きっと彼がいろいろと話を広げてくれるはずですよ。



3.「台所借りていい?」

「彼女が『おなか減ったし台所借りて良い?』と冷蔵庫の余りものでササッとオムライスを作ってくれたときは感動した!はじめて結婚願望というものが生まれました。」(26歳/メーカー勤務)彼におもてなしをしてもらうだけでなく、余裕がある人はぜひ台所を借りて料理を作ってみましょう。彼を喜ばせることができるのはもちろん、家庭的な一面も見せられるなんて一石二鳥ですよね。もちろんそんなに難しいものを作らなくてOKですよ。彼の家に行くときは、ちょっとだけ料理の腕を磨いておくと良さそうですね。



4.「○○君のにおいがする~!」

「彼女がベッドに座るなり『○○君のにおいがして安心する~』と言ったときはヤバかった。もちろんそのまま抱き締めました(笑)」(24歳/大学院生)目に見えるものだけでなく、においを褒めるのも効果的。「○○君のにおいがする」なんて笑顔で言われたら、彼もドキドキが止まらないですよね。思わず彼女を抱きしめたくなる男性も気持ちもわかるかも。もちろん「この部屋なんか変なにおいがするね・・・」なんて言っちゃダメですよ!



おわりに

おうちデートが成功すれば、「またいつでも来てね」と彼から喜んでもらえるかも。ぜひ彼のおうちで会話に困った際には、これらのワードを使ってみてくださいね。(和/ライター)(ハウコレ編集部)

関連記事

今、あなたにオススメ