おやすみ。ちゅ。男子が彼女からもらいたい「おやすみメール」

おやすみ。ちゅ。男子が彼女からもらいたい「おやすみメール」の1枚目の画像

みなさんは、一日の終わりに、カレにどんなLINEやメールを送ってますか?ただの「おやすみ」ってメッセージとかそういうスタンプもいいけど、せっかく一日の最後なんだから、素敵な一通を送ってカレにあなたのことを強く想って眠りについてもらいたいですよね。そんなわけで今回は、20代男子30人と一緒に「彼女からもらいたいおやすみメール」について考えてみました。



1.「ちゅ」

「『おやすみ』っていつも通りのメッセージが来て、1分後『ちゅ』だけのメッセージが来た、りしないかなー。彼女からこんなの来たら、悶え死ぬ」(大学生/22才)たしかにかわいい。スタンプとかでチューしてるみたいなのもいっぱいあるけど、あえて「ちゅ」だけってのがなんか、いいですよね。カタカナで「チュ」より、やっぱり断然ひらがなですね。



2.「夢で会えますように」

「ちょっとコテコテだけど、『夢で会えるようにお願いして寝ます』的なのは前にされたことがあるけどめっちゃかわいかった記憶あるなー」(営業/24才)たしかにほんのちょっとくさいのかもしれないけど、ロマンチックなことが好きな女子なら、むしろピッタリな一言じゃないでしょうか。私とかはかなり厳しいと思います(笑)。



3.「さみしいけど寝る(泣)」

「『会えなくてさびしすぎるけど、頑張って寝るね』みたいなのもすごくかわいいよね。ちょっとだけ当てつけというか、会えないことにちょっと怒ってるけど我慢しようとしてる感じがかわいい」(ウェブ系/25才)たしかに(笑)。わざわざ「さみしいけど頑張って寝るね!」みたいな言い方をしなくてもいいのに、あえてそういうふうに言ってのけるあたり、強がりなのか何なのか、わかんない感じがかわいいですね。



4.「もうすぐ一緒に寝れるね」

「デートが近くなってきて、『もうすぐ一緒におやすみできるー!』みたいなのもいいんじゃない? こっちまですごく楽しみになってくる」(大学生/21才)彼女が楽しみにしてくれてると、それだけでこっちまで楽しみになってきてしまうんですよ、男子は。なので、こういうふうに楽しみなことを「楽しみ」ときちんと言葉にしていくことってとっても重要です。カレもドキドキして眠れませんね!



5.「おやすみなさい」

「『おやすみ』よりも、『おやすみなさい』の方がちょっと好きかも」(フリーター/25才)たしかになんとなく「おやすみなさい」の方がうれしいかも。ちょっとだけ丁寧な感じが、相手を大事にしてるっていう気持ちを伝えることになっているからかもしれませんね。あと、なんとなーくですが、「家族っぽさ」がありません? なんとなーくですが。これもひょっとしたら理由かも。



おわりに

どうでしたか?「おやすみ」ごとき、どんな言い方をしたって(ひょっとしたら言わなくなって)大して変わらないのかもしれません。実際、この記事に書いてあることを実践したって、それで劇的に何かが変わるとかいうこともないんでしょう。だけど!私は、こういう些細な幸せというか、うれしさみたいなものを普段からお互いに与えあえるカップルって、素敵だなって思います。そして、そういう幸せを大事にすることが、長続きの秘訣なんじゃないかな、とも。みなさんも気が向いたら、ぜひ試してみてくださいね。(遣水あかり/ライター)(ハウコレ編集部)

関連記事

今、あなたにオススメ