ドキドキは必要ない!?「運命の人」を見抜くポイント

ドキドキは必要ない!?「運命の人」を見抜くポイントの1枚目の画像

誰だって「運命の人」に出会って幸せになりたいと思うもの。とはいえ、運命の相手がどんな相手か想像もつかない人も多いのでは?せっかく運命の人と出会っても「この人はなんか違う」と見過ごしてしまったらもったいないですよね。ここでは、運命の人と出会って結婚できたと実感している人に、運命の人を見抜くポイントを聞いてみました。



■ドキドキは必須項目ではない

「今までの恋愛はドキドキする相手に突進していってダメンズに引っかかるパターンだったけど、今の夫と出会ったときは全然ドキドキしませんでした(笑)でも、元カレたちと比べものにならないくらい、いい旦那と出会えて幸せです」(20代/広告)運命の相手というと、どうしてもビビッときたりドキドキが止まらなかったり・・・というものを連想しがちですが、ドキドキは必ずしも必須ではありません。一説によると、ドキドキするのは、人間の性欲からくるものだともいわれています。ドキドキは運命の人だから起こるわけではありません。ほっと安心できる男性こそが運命の相手なのかもしれません。



■素直な気持ちをたくさん共有できる

「恋愛をすると、我慢して相手に合わせたり気を使ったりしていました。でも今の夫とはそれがなかった。いろんな気持ちを話せて理解し合えたのがよかったのかなぁ」(20代/販売)付き合い初めの頃は、どうしても相手に気を使ってしまったり、自分をうまく出せなかったりすることもあるでしょう。しかし、運命の相手とは、自分の素直な気持ちを共有できます。最初はぎこちなくても、時間の経過とともに、徐々に自分を見せて行くことができる関係に変化していくでしょう。いつまでも無理をしたり、自分を偽り続けなければいけないようであれば、それは運命の相手ではないかもしれません。



■一緒にいると安心できる

「付き合うとメンヘラ化していた私。もともと友達だった旦那と付き合ったときは、全然重い女になりませんでした。きっと心から彼のことを信頼していたからだと思います」(30代/コンサル)運命の相手は、一緒にいて安心できるだけでなく、それ以上に、自分自身が心から信用している人でもあります。連絡がとれなくなったときに「もしかして、浮気してるのかも・・・」と不安になるようであれば、それは相手のことを信じていないのかもしれません。大切にすべきは、「連絡がとれないけど事故にあったのかな・・・」と心配できる相手。信じ、いたわることができる人ほど、あなたにとって運命の相手となる可能性が高いのです。



■困難もふたりで乗り越えていける

「夫とは、両親のことや仕事などで色々と障害がありました。でも、ふたりで一緒に頑張ればなんとかなるなぁと思えて、実際びっくりするくらいトントン拍子に解決しました。彼と一緒だったから乗り越えられたんだと思います」(30代/メーカー)生涯を共にするということは、いいことばかりではありません。嫌なことや悲しいことなど、困難も待ち受けているでしょう。そんなときにでも相手と一緒に乗り越えられると思える人が、運命の人です。貧乏になったとき「一緒に頑張ろう」と思えること。お金がなくなったりルックスが衰えたりしただけで離れない絆で結ばれている人こそ、運命の相手です。



おわりに

少女マンガやドラマのような素敵なアクシデントがなくても、運命の人は存在します。愛は一緒に育てていくもの。育てていきたいと思える相手ができたら、絶対に大切にしてくださいね。(小林リズム/ライター)(ハウコレ編集部)

関連記事

今、あなたにオススメ