彼氏がSNSで他の女子と絡む心理は「2つ」ある! 嫉妬の解消法は?

彼氏がSNSで他の女子と絡む心理は「2つ」ある! 嫉妬の解消法は?の1枚目の画像

最近、私のもとにこんな相談が複数届くようになり「これってハウコレ読者のみんなも悩んでいることなんじゃない・・・?」と感じたので、ちょっと一緒に考えていきたいと思います。

【相談内容】彼氏とSNSで繋がっているんだけど、どうも自分以外の女子とよく絡んでいるみたいで・・・。共通の女友達とのやりとりが目に入って辛い。私のLINEは無視しているくせして、SNSでは他の女子と絡んでいるからちょっとムカつく部分もある。彼はもう私に気持ちがなくなっちゃったの?SNS見ないようにするにもやっぱり気になっちゃうし・・・私はどうしたら良い?(アユミさん/21歳)

ん~~~分かりみが深い! 彼氏とSNSで繋がっていると、この問題はどうしても発生しちゃうものだからね! 辛くなっちゃうよね、私もそのタイプだから分かるよ! その辛さを我慢することなく、あなたが快適に彼と繋がったままSNSが使えるよう今回は徹底的に考えてみました! 心して読んでね!


目次 [開く]

◇男性心理:彼氏がSNSで他の女子と絡む理由は、2パターンある!

実は彼氏がSNSで他の女子と絡むのには2つの心理がはたらいています。

1つ目は「彼女を不安にさせて、自分が優位に立ちたい」という明確な目的。

そしてもう1つは「彼女を傷つけている自覚がなく、ありのままで行動をしているだけ」という無意識のものです。

実際のやりとりを見ながら、彼氏の心理を紐解いてみましょう。

【彼女を不安にさせて、自分が優位に立ちたい場合】

彼氏がSNSで他の女子と絡む心理は「2つ」ある! 嫉妬の解消法は?の2枚目の画像

自分の彼氏がこんなやりとりをSNSでしていたら・・・。考えただけでイライラしてきますね。こういう行動をとる男性は「わざと彼女を不安にさせて、自分が優位な立場に立ちたい!」という、ちょっと歪んだ愛情表現をしている可能性があります。「彼女がこのやりとりを見たら、絶対不安がるんだろうな・・・!」なんて、謎の意気込みすらも秘めているかもしれません。考えれば考えるほど、怒りが増してきますね。彼女が自分と同じことをしたら絶対キレるタイプでしょ、こういう人って。

ちなみに、昔お付き合いしていた人は・・・

彼氏がSNSで他の女子と絡む心理は「2つ」ある! 嫉妬の解消法は?の3枚目の画像

このようなやりとりを、SNSでしていました。当時「どういうつもり?」と聞いたところ・・・

「お前、料理できないじゃん。だからわざと自炊できる女友達に食いついて、お前に料理してほしいって思って 」と言われました。だったらこんなことしないで、直接言ってくれ!!!!!!! そういうことなんです、この心理状況の男性って。彼女を傷つけることで自分を優位にもっていかないと、自分の気持ちが言えないんです。それをお互いの顔が見えないSNSでやっているから、余計タチが悪い。

【彼女を傷つけている自覚がなく、ありのままで行動をしている場合】

前半のやりとりは「困っている友達を助ける」というシンプルな構図ですが、それを壊すような “ お前のこと好きだからさ ” 発言。
好きっていう言葉は彼女以外には極力言ってほしくないと思うのが「乙女心」。でもそこまで考えられず、友情に対して素直に行動してしまう男性も一定数いるものです。

しかもこれは、彼に“他の女子に好きと言っている罪の意識”はないため、彼女側が責めにくい・・・という複雑な状況を作ってしまうことに。


◇この2つの心理は「日常生活の行動」からも判断できる

この2つの男性心理、実は日常生活の行動からも読み取れます。実際に体験したエピソードと共に、その行動を見ていきましょう。

~彼女を不安にさせたい男性と付き合ったエピソード~
私の友人であるサキちゃんが、ある年のバレンタイン、彼氏にチョコレートを渡したそう。サキちゃんにとっては、初めて彼氏にバレンタインチョコをあげるというドキドキのイベント。彼氏もちゃんと、サキちゃんのチョコを受け取ったとのことです。しかし、その日の夜。サキちゃんは彼氏からこんな連絡をもらいます。「 お前のチョコよりも幼馴染のアイからもらったブラウニーの方が美味かった 」「 お前以外の女子からもチョコもらったし、俺 」サキちゃんはその言葉に傷つき、周りの人たちに相談をしてその彼氏とは別れましたとさ。おしまい。

彼氏がSNSで他の女子と絡む心理は「2つ」ある! 嫉妬の解消法は?の4枚目の画像

非常に心苦しいエピソードですね。この彼氏は恐らく、サキちゃんの嫉妬を煽りながらも「俺はこんなにモテるんだぜ」というのをアピールしたかったのでしょう。

こういう男性は、女性側の努力や気持ちを考えることができず、自分のことを満たそうとすることに精一杯なんです。

~彼女を傷つけている自覚がない男性と付き合ったエピソード~
私の後輩であるマイカちゃんは、彼氏の優しすぎる性格に悩んでいました。ある日、いつものように電話していたところ、突然彼氏から「ごめん、ちょっと切る」と言われてしまったそう。いつも2時間は確実に電話をするのに、その日は15分で切れてしまったのだとか。こんな日もある・・・と思って気にせずにいたマイカちゃん。しかし数日後、友人からこんなことを言われてしまいました。

「この間、マイカちゃんの彼氏とサシで飲んできたの! もちろん何もなかったよ! 私が相談乗ってもらっただけで・・・ 」よく話を聞いてみたら、彼氏が15分で電話を切った、あの日にサシ飲みをしていたとのこと。彼氏に問い詰めると・・・

「 だって、そいつめっちゃ悩んでいたから・・・話ぐらい聞いてあげたいなって 」マイカちゃんは、彼氏が優しい性格だということを知っている上に、飲みに行ったその友達と本当に何もないことを分かっていたので、それ以上は何も言わないで今も彼氏との交際を続けています。とはいえ、やっぱり今もこのエピソードを思い出しては、なんとなくモヤモヤしてしまうことがあるそうです。
彼氏がSNSで他の女子と絡む心理は「2つ」ある! 嫉妬の解消法は?の5枚目の画像

複雑な気持ちになるエピソードですね。本当に彼氏が優しい性格をしているからこそ、誰も責めることができない状況になっているのが分かります。彼氏の立場からすると「目の前の友達を助けたい!」という純粋な思いで行動しているため、自分のせいでまさか彼女が傷ついているだなんて1mmも考えていないはずです。

このように、SNSで起きているようなシチュエーションは現実でも起きているものです。今回の悩みの種はSNSになっていますが、一歩引いて現実でも同じようなことが起きていないか、考えてみると良いでしょう。そうすることで、彼がどっちの男性心理で、SNS上で女性と絡んでいるのかが少し見えてくるはずです。


◇「SNSでやってはいけない3つのこと」を肝に銘じて対策を考えよう!

さて、SNSでの彼の行動と心理を理解したら、いよいよ対策を考える段階に入ります。まずは、今回のような状況が発生した時、SNSでやってはいけない行動を肝に銘じておきましょう。

▽1:彼氏と相手の女性のやりとりに割って入る

彼氏が他の女性とSNSでやりとりしているのを見ると「私がいるのに・・・」となって、2人のやりとりに割って入りたくなりますよね。しかし、行動に移すのは控えておいた方が吉。

彼氏も「何でいきなり入ってくるんだろう・・・」と不信感を抱くようになりますし、女性の方も「関係ないじゃん!」と思うようになります。そう思われてしまうと、彼氏を含む周りの人から見たあなたの評価がどんどん下がってしまいます。彼氏と他の女性のやりとりに入りたい気持ちが山々でも、そこはグッと堪えて・・・会話を見ないよう、アカウントをミュートをするなりしておきましょう。


▽2:SNS上であからさまな鬱アピール

SNSで彼氏が他の女性と絡んでいるのを見ると、憂鬱な気持ちになりますよね。私もそのタイプなのですごく分かります。どうしようもないくらい嫉妬しちゃう・・・。しかし、だからといってSNS上であからさまな鬱アピールをするのはNG。

彼氏がSNSで他の女子と絡む心理は「2つ」ある! 嫉妬の解消法は?の6枚目の画像

彼氏がSNSで他の女子と絡む心理は「2つ」ある! 嫉妬の解消法は?の7枚目の画像

みなさんも、こんな書き込みをしていませんか?意味深な写真と一緒に病んでいる感じのポエムとかも、投稿したことありませんか?こんな投稿を見た彼氏や友達は、心の底から心配するというよりも「かまってちゃんかよ・・・」と思うだけ。

あなた自身がただのめんどくさい女になってしまいます。実際に私も、過去にお付き合いしていた人がSNS・リアル共に女性との絡みがやけに多かったので、病んでしまい「鬱アピール」をしていました。

すると、当時仲良かった友達には嫌われ、お付き合いしていた人にもフラれ、家族以外の人間関係を失いました。私のように人間関係を失わないよう、鬱アピールのポエム~写真添え~の投稿をSNSにしないよう心がけましょう。


▽3:彼氏と相手の女性のSNSをストーカー

はい、私の得意ジャンル「SNSストーカー」のお話をしましょう。昔、彼氏がSNSで絡んでいた女性を徹底的にストーカーしていたことがあります。彼氏の投稿・女性の投稿ともに“いいね”がひとつでもついていたら「彼氏がつけたのかも・・・」「あの女がつけたのかも・・・」と考えて確認して・・・。という行動を延々と繰り返していました。

もちろん、SNSストーカーをつみ重ねていけばいくほど、苦しくなるのは自分。私は自分で自分の首を締めて発狂していました。自分のメンタルを壊さないためにも、ストーカー行為はしないようにしましょう。


◇嫉妬する気持ちを解消するにはどうしたら良いの?

・彼氏が他の女子とSNSで絡で絡む心理・女子と絡んでいるのを見てやっちゃいけないここの2つを見てきました。じゃあこの嫉妬の気持ちはどうしたら良いの!? ってなりますよね。ちゃんとこの対策もお話をしていきます。では行きますよ~!


▽1:SNSで絡んでいる女子が誰なのか聞く

彼氏がSNSで絡んでいる女子・・・。あなた自身、その人が誰なのか分かっていない場合は聞いてみましょう。「この子と仲良さそうにしているけど、どういう子なの?」と、女性の内面にフォーカスした質問をすれば、彼氏も嫌な思いをすることなく答えてくれるはず。そこから少しずつ探りを入れていけば、彼氏がSNSでよく絡んでいる女性がどんな人なのか分かってくるので、あなたも安心しますよ。


▽2:かわいく「ちょっと妬いちゃった」とか言ってみる

彼氏がSNSで他の女性と絡んでいるのを見てヤキモチを妬いているから、あなたは今悩んでいるわけですよね。もうその嫉妬している気持ち、彼氏にババーンと伝えてしまいましょう。とはいえ、怒り狂ったように「本当にそういうの無理」「一体、どういうつもりなの!?」というのはNG。「実はね・・・」と切り出して、SNSで仲良く他の女性と絡んでいるのを見て妬いちゃったと恥ずかしそうに言うのがベストです。発狂しながら言うと、彼氏を不愉快な気持ちにさせてしまいます。

ちなみに私は「もう無理! 他の女子とどうしてそんな絡むの! 私だけを見てくれないならOD(オーバードース:大量の薬を飲むこと)してやる~!」と発狂して、当時お付き合いしていた男性をドン引きさせたことがあります。もちろんその後は別れを切り出され、フラれました。嫉妬の気持ちを伝えるテンションや言い方によって、あなたと彼氏の今後の関係が変わってきますので、ぜひ気を付けてくださいね。


▽3:自分が感じたことを冷静に伝える

一番大事なのは、自分が感じた気持ちをそのまま言うこと。嫉妬はもちろん、イヤな思いをした、不安になった・・・など嫉妬に付随している気持ちも含めて全て彼氏に伝えましょう。この時、忘れないでほしいのが「冷静さを保つ」ということ。先ほどの例のように、感情的になってしまうと彼氏とケンカになってしまう可能性があります。冷静に自分の感じたことを整理して、彼氏に伝えるようにすればきちんとあなたの気持ちは伝わります。

彼氏の方も「あ、俺は彼女を不安にさせちゃったんだ」「何もないけど誤解を与えちゃったんだし、謝ろう」という気持ちになるはずです。


◇とはいえ、SNSで女子とばかり絡む男性は根本的に“女たらし”

彼氏がSNSで他の女子と絡む心理は「2つ」ある! 嫉妬の解消法は?の8枚目の画像

彼氏がSNSで他の女性とやたら絡む心理、彼女としてあなたがやってはいけないこと、逆にやった方が良いことを細かく見てきました。ここでひとつ忘れないでほしいのは、この手の男性は無意識的に、“女たらし”の要素を秘めているということ。そのため、彼女がいてもどこかのキッカケで“他の女子”と浮気をしてしまう可能性が・・・。

私の友人の彼氏は、SNSで結構女子と絡む人でした。途中までは、彼女である私の友人を大事にしていましたが、女性が多い職場に転職をしたことをキッカケに女遊びが爆発。彼は浮気三昧で反省する気もゼロ。耐えきれなくなった友人は別れ話を切り出しました。こんな風に、SNS上だけで済んでいた女性関係が、現実世界で何らかの転機を迎えた時に爆発してしまう・・・という可能性は割と高め。

もちろん、全てが全てそうなるとは言えませんが、あなた自身がどうしても「SNSで絡んでいるのを見るのが辛い・・・」と思うようであれば、関係性自体を少し見直してみても良いかもしれません。


◇まとめ:あなたが彼とSNSで繋がったまま、いい関係で付き合い続けるための4つのポイント

さて今回は、彼氏が自分以外の女子とSNSで仲良く絡んでいるのが辛い・・・と悩む女性が、彼と繋がったまま快適にSNSを使うための4つのポイントを書いてきました。この4つを、ぜひ覚えておきましょう。そうすれば、SNSで自分以外の女子と絡んでいる彼氏を見ても、大きく傷つくことなく、あなた自身も快適にSNS上で過ごせるようになるはずです。

今の時代、SNSと日常生活は切りたくても切れないケースが多いです。それゆえに、苦しい思いをする人も多い。だからこそ、この4つのポイントを覚えておいて、あなたも彼も快適にSNSが使える結論を出すことに目を向けましょう。ここの壁を乗り越えた先には、お互いが幸せになるための道が何本も広がっているはずですよ。

(ヤジマユウキ/恋愛コラムニスト・官能小説家)(ハウコレ編集部)

関連記事

今、あなたにオススメ