嫉妬しちゃう!彼に嫌われないヤキモチの妬き方とは?

嫉妬しちゃう!彼に嫌われないヤキモチの妬き方とは?の1枚目の画像

彼のことが好きすぎて、あらゆるものに嫉妬してしまう!いつもケンカの原因は、自分のヤキモチ・・・でも嫉妬しないなんて無理だよ!と悩んでいる女子は、必見!彼に「こいつ、可愛いなぁ」と思ってもらえるヤキモチの妬き方を試してみましょう。



ルール1:自分のエゴで彼をコントロールしない

他の女の子と仲良くしないでほしい・・自分のことだけを愛してほしい・・というのは、あなたのエゴです。彼のココロもカラダも自分の意のままに動かしたいという欲求は、彼から自由を奪い、疲れさせてしまいます。人は人をコントロールすることなどできません。「彼の言動が自分の意に沿わないときは、気が済むまで感情をぶつけてもいいでしょ」という発想は払拭しましょう。



ルール2:恋愛に嫉妬は付き物であることを認める

彼の言動に少しでも気にいらないところがあると、「また嫉妬してイライラしちゃってる・・私ってなんて心の狭い女なんだろう」と余計に気分が暗くなってしまいますよね。個人差はあるにしても、恋愛には嫉妬が付き物です。大切なのは、自分の嫉妬心を抑圧しないこと。好きだからたまには嫉妬してしまうのはしょうがないと思えたら、それだけで少し心が軽くなります。



ルール3:「ヤキモチ妬いちゃう」と気持ちを素直に伝える

ヤキモチを妬くと、怒ったり泣いたり・・感情を取り乱してしまうという方も多いでしょう。しかし、そのような振る舞いは男性を困らせます。涙を流してるんだから、悲しんでることをわかってよ!!と伝えたくても、カレは「結局なにが言いたいの??」と理解してくれません。嫌なことを言われたら、「そういうこと言われるとさみしいなぁ~ヤキモチ妬いちゃう」と素直に伝えてみましょう。そうすることで、彼も「こういうことは言っちゃダメなんだな」と少しずつ、歩み寄ってくれるはずです。



ルール4:ヤキモチをリセットする代わりに、ハグをおねだりする

あなたのヤキモチに対して、彼が謝ってきたら、「ハグしてくれたら許してあげる♪」とおねだりしてみましょう。彼の愛情表現で、あなたも安心するでしょうし、彼も「自分のことが好きだから、ヤキモチ妬いてくれてるんだな」ときっとうれしくなるはずです。



ルール5:ダラダラと引きずらない

感情を言葉にして伝えるのはアリですが、イライラが止まらないからといってネチネチと引きずるのは避けたいところ。彼が謝ってきたり、あなたの要望に答えてくれたら、そのあとは気持ちを切り替えてご機嫌を直しましょう。



ルール6:ときどきヤキモチが愛される

毎日ヤキモチを妬いて、ハグをおねだりしていては、彼も「またか・・」とうんざりしてしまいます。彼に余裕がない時や疲れているときなどは、わがままは少し抑えめにして、ここぞというときに使ってみましょう。



ルール7:彼のプライバシーを侵害しない

彼の言動が真実なのか、つい気になってSNSで検索して、それから毎日彼の行動を覗いてる・・なんてことは絶対にやめましょう。あなた自身も彼の行動の一つ一つに縛られて、身動きが取れなくなってしまいます。アカウントを事前に教えられているならまだしも、勝手に特定しているのならなおさらです。SNSの投稿内容にヤキモチを妬いて、話を聞きたくてもできない・・たとえ話をしても彼に「勝手に覗かれた」と不信感を抱かせてしまい、いいことなんてありません。彼の真意を知ることにSNSは利用せず、必ず本人に向き合うようにしましょう。



おわりに

いかがでしたか。自分に自信がなかったり、相手のことを信頼できていないと、必要以上に不安になってヤキモチを妬いてしまうことがあります。恋愛にどっぷりつからずに、自分をみつめる時間や彼を信じる姿勢をもってみるといいかもしれません。

関連記事

今、あなたにオススメ