大切な友達が失恋した時にとってあげたいこと


あなたの友達が失恋した時、どんな態度をとってあげますか?大切な友達だからこそ、できるだけ早く復活してほしいという気持ちもありますから、友達にとって必要な対応をしてあげたいと思うでしょう。そんな優しいあなたに、今回は、友達が失恋した時にとってあげたいことをお伝えしていきます。



しっかりと話を聞いて共感してあげる

まず、しっかりと話を聞いて共感してあげることが大事です。聞いている中で、ついついあなたの価値観やアドバイスで話してしまいがちですが、それは横において、ただただ「話を聞く」のです。そして、聞いたことに対して共感してあげたり、労ってあげることが大切。人は、話を聞いて受け止めてもらえると、心の自然治癒力が高まっていきます。すると、友達も早く失恋から立ち直り、元気な笑顔を見せてくれるようになるでしょう。ちなみに、話を聞く上でのポイントは、相槌です。相手の話を聞くときに、ちゃんと一つ一つ相槌をうちながら、「そうだね」「大変だったね」聞いてあげると、話を聞いてもらっている感がでます。カウンセラーも使う技法なので、おすすめです。



あなたが笑えるような楽しい時間を作ってあげる。

いつまでも泣いてばかりで悲しむ時間が長くなると、うつ状態に陥ってしまう人も中にはいます。友達の話を聞いてあげたうえで、時には楽しい時間を作ってあげて一緒に過ごす事が大事です。例えばカラオケや、飲み会などで盛り上がってみて、バカなノリで過ごしてみるといったことです。特に、失恋した友達が男性の場合、男性は楽しい時間で解消する傾向があるので、効果的と言えます。



友達が一人になる時間も作ってあげる

時には、失恋の悲しみをしっかりと味わうことが大事。あえて、一人になる時間を作ってあげましょう。友達のあなたは、いつでも話したくなったら言ってね、の受容するスタンスで温かく見守ることをします。すると一人で頭を整理して復活し、また連絡をしてきてくれることもあるのです。この一人になる時間が大切なのは、男性に多い傾向があります。とくに男友達が失恋した時は、オススメです。



友達を無理に前向きにさせようとしない

無理に前向きにさせようと、気休めやアドバイスなどは厳禁です。例えば「他にもいい人はいるよ」や「もっと大変な人がいるから頑張れ」「恋愛ばかりが人生じゃない」などと・・・・・・。こんなことを言われてしまっては、まるで悲しみの感情を、あなたに否定されたように感じてしまうので、益々友達は傷ついてしまうでしょう。最悪、あなたとの連絡を断ってしまうかもしれません。ですから、最初にお伝えしたように、ただ聞いて共感することが大事なのです。



まとめ

大事な友達だからこそ、役に立ちたいと思うはず。もし、友達が失恋した時は、この4つを実践し支えてあげてくださいね。今後の参考になさってください。(木田真也/ライター)(ハウコレ編集部)

関連記事