ひどすぎる!気持ちが冷めたのに彼女をフらない男の本音!第3位:もったいないから、第2位:別れを切り出すのが気まずい、第1位は...?

ひどすぎる!気持ちが冷めたのに彼女をフらない男の本音!第3位:もったいないから、第2位:別れを切り出すのが気まずい、第1位は...?の1枚目の画像

世の中には、彼女への気持ちはすっかり冷めているにもかかわらず、彼女に「別れよう」と言わずズルズル関係を続けたがる男子がいますが、彼らの心理は一体どんなものなのでしょうか。今回は、「気持ちが冷めたのに彼女を振らない男子」の本音をトップ3でご紹介しつつ、その謎を解き明かしたいと思います。


第3位:もったいないから

飽きたはずの彼女と別れない男子の多くが感じているのが、「別れるのはもったいない」という感情。「もったいない」には、「俺のことを好きで、俺に色々よくしてくれる人を手放すのは惜しい」というまあ百歩譲って1ミリくらいは分からなくもない意味から「イチャつける異性を失いたくない」という最低な意味まで含まれますが、いずれにしても自分だけ飽きておいてその相手を失うのを「もったいない」なんて身勝手すぎますよね。


第2位:別れを切り出すのが気まずい

実際に気持ちは冷めていても、いざ彼女に「別れよう」と伝えることに対して心理的なハードルを感じる男子もめちゃくちゃ多いです。あわよくば「彼女から別れを切り出してほしい」なんて男子もいて、飽きたうえに別れまで相手から切り出させるなんて完全に鬼の所業ですよね......。


第1位は...

第1位は、次の彼女ができるまではキープしたい「彼女がいない状態がなんとなく嫌なので、少なくとも次の彼女ができそうな見通しが立つまでは別れないでおきたい」という「お前は転職活動でもしてるつもりか!」とツッコミたくなるような理由で飽きた彼女をそのままキープする男子が圧倒的に多いです。たしかにプライドを気にする男子の場合には、ありえそうな思考ですよね。


自分からお別れする覚悟も大事

いくら「これは多分飽きられてる......」と察しても、まだ好きな彼氏と自分からお別れするのは正直めちゃ辛いと思いますが、「付き合ってるのに片思い」という状態のままにしておくほうがずっと辛いし、時間ももったいないので、いざというときには自分から思い切ってお別れする勇気も大事ですね。(遣水あかり/ライター)(ハウコレ編集部)

関連記事