男の知識度別!男性がときめくワインの飲み方・4選


突然ですが、みなさんはワインには詳しい方ですか?ビールやチューハイであれば味やメーカーの種類はそんなに多くありませんが、ワインとなるとまず選ぶだけでも種類もブランドも多く価格帯も広く大変です。加えて飲む時にテイスティングをしたり、その感想を述べたり多くのことを求められます。そのため、男性とワインを飲みに行った時に彼に気持ち良く飲んでもらうための方法は、男性のワインの知識度によって変わります。そこで今日は、ワインの知識度が異なる男性に「女性と一緒にワインを飲みに行った時に、女性にお願いしたいこと」についてインタビューしてきました。



1.彼が全くワインに詳しくない場合

「俺はワインよりビール派なので、あんまり飲みに行きません。でも彼女にイタリアンなどに行きたいと言われた時には行ってワインを頼みますが、正直どれがイイのかもわからない。だからあんまり詳しい女性とは一緒に行きたくないです。」(22歳/学生)20歳を過ぎて間もなければ、ワインはビールやチューハイに比べて高価なこともあり、まだワインには詳しくないという男性が多いよう。でも記念日や誕生日など特別な日にはちょっとオシャレなお店に女性を連れて行って喜ばせてあげたいと思ってくれる男性も。そんな時には例えあなたが詳しくても、「自分より彼女の方が詳しい」とわかると男性は気が引けてしまうので、もう全部彼にお任せしておきましょう。



2.彼がワインを学び始めた段階

「ワインは好きだけれど高いしなかなか気軽に飲みに行けない。でも好きなので買ってきて家飲みをよくします。そんな時に、一緒に料理をしていろんなワインを一緒に楽しんでくれる彼女がいると嬉しいですね。」(24歳/建築)彼が少しワインに興味を持ち学び始めた段階であれば、一緒にいろんなワインに挑戦してみては?高ければ美味しいというものでもなく、味による好き嫌いも大きいので、失敗覚悟でいろんなワインに付き合うことができる彼女なら、彼も一緒にいろんなお店に行きたいと思ってくれるよう。



3.彼がワインにすごく詳しい場合

「ワインが好きで学校に通って勉強したことがあります。もし相手が興味があるなら教えてあげたい。もちろん美味しく飲むのが一番だけれど、少し飲み方を知っているだけでも『ワインを知っている』と思ってもらえることもできるのでイイですよ。」(29歳/広告)彼がワインの資格を持っているようなすごく詳しい男性の場合には、質問攻めにして彼が持っている知識をどんどん引き出してあげましょう。ワインの知識を持っていても、それを実際に使うと「嫌みな感じ」ととられてしまうこともあるため、なかなかその知識を使う場がないという男性も多いものです。気持ちよく自分の知識を公表できる場に酔う男性は多いよう。ただし「ワイン詳しいよ!」と言っていて、いざ質問をすると全く答えられない男性もいるので、彼の知識が本物かどうかは様子を見てからにして。



4.あなたがワインに詳しく彼がワインに興味がある場合

「ワインは好きだけど詳しくはないので、もし相手が詳しいなら教えて欲しいです。一度覚えておけば、他の人と行った時にも恥ずかしい想いをしなさそうだし。そもそもどこから勉強し始めたらイイのかもわからないので、詳しい子と飲みに行きたいです。」(26歳/出版)多くの場合、男性を立てるために女性はあまり詳しくないように振る舞った方が好感度が上がります。でも彼が既にあなたがワインに詳しいことを知っており、彼がワインを学びたいと思っているようであれば、教えてあげるのも1つ。ただし、いきなり生産地など専門的な知識を伝えるのではなく、すぐに使えるマナーやテイスティングの仕方などから始めてあげて。



おわりに

女性より知らないことがあると敗北感を感じる男性もいるので、そんな方には「知らないふり」をしてあげるのが優しさかもしれません。でも中には「知らないのに教えてくれないなんて逆にバカにされたみたい」と感じる男性もいるようなので、相手のタイプを見て知識を有効活用してくださいね。(栢原 陽子/ライター)(ハウコレ編集部)

関連記事