【iPhone 11シリーズ】卒業入学シーズンに欠かせない集合写真撮影に使える「セルフタイマー」の見つけ方♩

卒業や入学シーズンには、記念にみんなで集合写真を撮る機会も増えそうですよね♩

そんな時に撮影者がいなくても、自動で撮影できる「セルフタイマー」機能が便利だけど、iPhone 11シリーズからは、セルフタイマーの表示が少し隠れたところに変更されているので、その見つけ方などをご紹介します。

「セルフタイマー」ボタンはどこに行った?

iPhone 11シリーズのカメラ撮影画面では、「セルフタイマー」ボタンの場所が変更されています。

【iPhone 11シリーズ】卒業入学シーズンに欠かせない集合写真撮影に使える「セルフタイマー」の見つけ方♩の1枚目の画像


iPhone XSシリーズまでのカメラ画面では、上部に表示されていて見つけやすかった「セルフタイマー」のボタン。

【iPhone 11シリーズ】卒業入学シーズンに欠かせない集合写真撮影に使える「セルフタイマー」の見つけ方♩の2枚目の画像


ですがiPhone 11シリーズのカメラ画面では、上部がすっきりとしたデザインに変わっています。

実は上部の真ん中にあるマークをタップすると…

【iPhone 11シリーズ】卒業入学シーズンに欠かせない集合写真撮影に使える「セルフタイマー」の見つけ方♩の3枚目の画像


「セルフタイマー」や「フィルター加工」、「画角の変更」などの設定が行えるようになっていますよ♩

セルフタイマーは、時計のマークが目印です。

【iPhone 11シリーズ】卒業入学シーズンに欠かせない集合写真撮影に使える「セルフタイマー」の見つけ方♩の4枚目の画像


セルフタイマーを選択すると、「3秒」か「10秒」からタイマーを設定することが可能となっています。

セルフタイマーでの撮影は、10枚連写で行われるので、大人数でもベストショットが撮影できそうですね♡

セルフタイマーで連写撮影しない方法も♩

ストレージに余裕がない時や、連写写真から1枚写真を選ぶ手間が面倒な人は、連写じゃない方法でセルフタイマーを利用するのがおすすめです。

【iPhone 11シリーズ】卒業入学シーズンに欠かせない集合写真撮影に使える「セルフタイマー」の見つけ方♩の5枚目の画像


画面右側のライブフォトボタンをONにしてから、セルフタイマーを設定して撮影すれば、撮影枚数は1枚だけにすることができるんです!

自分のスマホではついつい友達の写真ばかりを撮影しがちですが、セルフタイマー機能を使えば、自分も写っている写真が気軽に撮影できるので、ぜひ利用してみてくださいね♩

関連記事

今、あなたにオススメ