ほのかに透けて、自分色に染まる新発想。「UZU」の限定アイライナーで目元に血色感をプラスして

「UZU BY FLOWFUSHI(ウズバイフローフシ)」から、公式オンラインストア限定で、アイライナー『UZU 38°C SHADE LINER』が登場。

11月11日(木)の発売に先駆け、10月22日(金)からは先行予約がスタートしています。

マスクをつける今、アイメイクに血色感を



マスクをつける時間が多い今、重要となるのが「アイメイク」。頬や口が隠れて目もとしか見えないため、リップやチークで表現していた「血色感」を、アイメイクに取り入れてみませんか?

UZUは、今まで培ってきた「血色感」の知見をもとに、絶妙なハーフトーンに発色する処方を開発したのだとか。

ほのかに透けて自分色に



いきいきとした生命感を表現する「血色感」には、鮮やかな「赤」だけでなく、「影」の存在である静脈の色も感じるもの。さらに肌の色は、一人ひとり異なりますよね。

そんな複雑な色みを緻密に掛け合わせた結果、生まれたのが“ほのかな透け感と赤みのあるブラウン”。

肌の色と一体化しながら、その人独自の「血色感」と「立体感」の両方を引き立てて見せる、絶妙なカラーが誕生したといいます。

絶妙なカラーのアイライナーが登場



「UZU 38℃ SHADE LINER  01」(税込1650円)は、時間の経過とともに、その人独自の色に染まっていく、新発想のアイライナーです。

皮膚表面の水分量やpHに応じて、ほのかに赤みが増すとのこと。

ラインの下に透ける肌色と相まって、その人独自の自然な血色感を帯びた色に調整されるといいます。



通常のアイライナーとしてはもちろん、「影色ライナー」として、またアイシャドウや眉にも使えるマルチなアイテム。

汗や皮脂にも滲みにくく、石鹸で簡単にオフできるため、使い勝手も良さそうですね。



人間工学に基づいて、持ちやすさ、描きやすさを追求した独自の八角形のフォルムは、そのまま採用。

本体には「血色感」を象徴する、赤みを帯びたゴールドのメタリックな箔押しをあしらい、ブラシカバー部とエンドキャップ部には、透け感を表す別素材を使用しています。

いつもの使いやすさはそのままに、ちょっぴり特別感が感じられるかも。

新発想のアイライナーで、もっとメイクを自由に



「UZU 38℃ SHADE LINER」は、11月11日(木)に発売。10月22日(金)からは先行予約がスタートしています。

新発想のアイライナーを使って、自由にメイクを楽しんでみてはいかがでしょう。

UZU公式サイト

https://www.uzu.team/38shadeliner/

関連記事