こんなに簡単なやり方だったの!『TikTok』ダイナミック壁紙機能で、動くロック画面を作る方法って?

iPhoneのロック画面に、動く壁紙を配置するのがじわじわと人気になっています。

『TikTok』に備わった機能を駆使すると、壁紙が動き出す魅力的なアレンジができるんですよ。

壁紙の変更はとっても簡単なので、ぜひ遊びごころあふれるロック画面にしてみてくださいね。

ロック画面の動く壁紙って?



これまでにも、GIFスタンプで作る動く壁紙や、画面を長押しすることで隠れた壁紙を表示するなど、ロック画面のアレンジ方法をいくつかご紹介してきました。

今回ご紹介する方法は、より手軽に動く壁紙を楽しむことができるんですよ。

TikTokのダイナミック壁紙機能が便利



それでは早速、動く壁紙の検索からスタートしましょう。

このアレンジは、『TikTok』に備わっている、「ダイナミック壁紙」という機能を駆使することで、スムーズな画像設定が可能になります。

まずは『TikTok』を使って、自分のロック画面に使いたい動画の壁紙を見つけてください。〈動く壁紙〉や〈ダイナミック壁紙〉と検索すると、さまざまなデザインが発見しやすいですよ。

より自分テイストのものが見つかるよう、キーワードの後に好きなアーティスト名や、作品名などを加えてみるのもいいかもしれません。



使いたい壁紙を選択したら、右側にある矢印ボタンをタップ。



ここで、「ダイナミック壁紙」を選び、画像を保存します。

これで素材となる壁紙の準備が整いました。

ロック画面に動く壁紙を設定する方法は?



次に、保存した画像をロック画面へ設置していきましょう。

「写真」のアプリを開き、カメラロールから先ほどの画像を選択。左下の共有ボタンを押します。



メニュー内にある、〈壁紙に設定〉を押してください。



設定ボタンから、〈ロック中の画面に設定〉を選べばOK!



これでロック画面に移動すれば、動く壁紙の設置が完了。  

一見いつもと変わりのない壁紙に見えますが、画面を長押しすると画像が動き出すんです。

ぜひ、ダイナミック壁紙機能を使って、自分らしい動くロック画面に仕上げてみてくださいね。

iOS版はこちらから

 

Android版はこちらから

関連記事