【6/27〜7/3の運勢】7月1週目の運勢はどうなる?SUGARさんが贈る12星座占いをチェック!

isutaでは今週も、SUGARさんが贈る週間占いを配信。

まーささんによる「上半期の恋愛占い」、星乃せいこさんによる「2022年の運勢グラフ」も配信しているので、こちらもぜひチェックしてくださいね♡

「上半期恋愛占い」「年間運勢グラフ」はこちら

今週のおひつじ座の運勢


illustration by ニシイズミユカ

思い通りにいかないからこそ

今週のおひつじ座は、宇宙の描き出す思考の軌道に、身を任せていこうとするような星回り。

エピクロスの「反跳(クリナメン)」のごとし。彼は軌道を描くのは、それぞれの原子それ自体であり、原子は必ずしもその外にある抽象的な幾何学に沿っているわけではなく、わずかにズレており、したがって決定論的な因果関係から逸れているのだと考えました。

それぞれの軌道上のズレである「反跳」によって宇宙は構成されているのであり、このズレによって運動は起きている。すなわち、人間ではなく宇宙こそが思考するのだと言えるのではないでしょうか。

あなたもまた、計算通りになどならず、ズレや遅れが生じるからこそ、この宇宙は面白いのだとうそぶいてみるといいでしょう。

続きはこちらから

今週のおうし座の運勢


illustration by ニシイズミユカ

新たなシステムを立ち上げるべく

今週のおうし座は、ほんの些細なことにこそ揺り動かされていくような星回り。

 『とうふ屋が来る昼顔が咲きにけり』(小林一茶)という句のごとし。

作者は長らく江戸で貧しい借りぐらしを余儀なくされたあと、50をすぎてやっと故郷で自分の土地と家を持つことができた人。掲句はそんな帰郷定着の年に詠まれたうちの一句で、故郷の風物にあたらしい思いで、いきいきと触れている様子が伝わってくるようです。

あなたもまた、「何事にも動じない自分」を大いに切り崩していくべし。

続きはこちらから

今週のふたご座の運勢


illustration by ニシイズミユカ

繰り返しみる夢をなぞる

今週のふたご座は、日ごろは精神の基底に潜んでいる根源的なものが、顕現してくるような星回り。

ブリキの金魚の「赤」のごとし。島尾敏雄の『三つの記憶』と題された短編小説の冒頭では、“私にあてがわれていたブリキの赤い金魚は、幼い私のなぐさみのはずなのに、何か凶悪なものの胚種のように思えた”と記されています。

あたかも「凶悪なものの胚種」のように思えたブリキの金魚の「赤」の印象は、もっと根源的なものの顕現であり、家族的無意識や集合的無意識といったものと関係づけるなら、それらのあいだで共有している精神の基底に潜むグロテスクかつ残虐な部分を反映していたのかも知れません。

あなたもまた、自分自身の胸のうちで今もなおうずきつづけている精神の刻印をあらためてその手でなぞり、確かめてみるべし。

続きはこちらから

今週のかに座の運勢


illustration by ニシイズミユカ

いのち思えば月の影

今週のかに座は、じかにいのちに触れていこうとするような星回り。

『魚籠(びく)の中しづかになりぬ月見草』(今井聖)という句のごとし。

この釣り人は、生きていくために魚をとり、日常のなかに死がある。そのことを歌にすることで、自分自身だけではなく、みずからの生を支えるために犠牲となっていった無数の命や、自分と同じように他の命を奪って生き永らえている人間たちをも慰めようとしているのであり、そういうことをこそ、本当の意味で「命をかける」と言うのかも知れない。

あなたもまた、自分なりの仕方でいのちの円環に参入していくことがテーマになっていくのだと言える。

続きはこちらから

今週のしし座の運勢


illustration by ニシイズミユカ

為すから転身

今週のしし座は、これまで外れることのできなかった文脈から、スルリと抜けていくような星回り。

「雨ふる、ゆえにわれ在り」という言葉のごとし。外で雨が降っている。自分を忘れて、その雨の音に聞き入っている。ところが、あるとき、ふとわれに返る。その刹那、「さっきまで自分は雨だった」ということに気づく。

主体の側が以前とは微妙に、しかし決定的に変わってしまうような形の自覚がもたらされたのであり、これが本当の意味で「わかる」という経験なのだと言えます。

あなたもまた、ふとしたタイミングにそんな風に「わかる」瞬間がいつも以上の強度を伴って訪れることでしょう。

続きはこちらから

今週のおとめ座の運勢


illustration by ニシイズミユカ

“外部”との交錯

今週のおとめ座は、日常世界の枠を超えた、遠くとのつながりを思い出していくような星回り。

『数多なる岬・崎・鼻けぶる夏』(澤好摩)という句のごとし。日本は海に囲まれた島国であり、夏には各地の「岬・崎・鼻」に怒濤がうち寄せては、しぶきけぶっていることでしょう。

そうした地形の多くには、近くに神社があって、これらは神が彼方から漂着してきたという信仰の痕跡であり、日常的な文脈の外から想定していなかったイメージやことばの到来を受けとる詩人の姿や、掲句を読む自分のような読者を象徴的に表現しているのだとも言えます。

あなたもまた、遥か彼方から訪れるものを思い、その到来を待ち受けてみるといいでしょう。

続きはこちらから

今週のてんびん座の運勢


illustration by ニシイズミユカ

聖なる対話にむけて

今週のてんびん座は、大いなるものへ向かう道を再確認していこうとするような星回り。

内村鑑三は『代表的日本人』のなかで、日蓮はあるとき、ひとりの権力者を前にして、自分は「とるにたらぬ一介の僧侶」であるが、同時に「わが国の神々はすべて頭をたれて私を敬います」とも語ったのだと述べていました。

そして日蓮は「最高の自尊心と区別のつかない崇高な狂気」「最高の自尊心とは、果たすために送られた使命の価値によって、自分の価値を知ること」なのだと結びました。おそらく内村は、日蓮に自身の生き様を重ねていたのでしょう。もっとも低き者であるが、烈しいまでに神々の守護を受けたのだと語る日蓮をこそ、内村は内的な対話相手に選んだのだと思います。

あなたもまた、みずからの利害のためにではなく、それを超えるための対話を行っていくべし。

続きはこちらから

今週のさそり座の運勢


illustration by ニシイズミユカ

たゆたうぽ

今週のさそり座は、意味の牢獄からするりと抜け出していこうとするような星回り。

『ただならぬ海月ぽ光追い抜くぽ』(田島健一)という句のごとし。掲句に何か分かりやすい記号的、ないし個人的意味を探そうとする人ほど、肩透かしを喰らうはず。「ただならぬ海月」はなんとか分かっても、その後の「ぽ」の意味をいくら考えても分からない。

ただそうであるにも関わらず、最後の「追い抜くぽ」まで来ると、なんとなくくちびるが勝手に覚えて、「ぽ」と繰り返したくなる。それこそが人間と人工知能の決定的な違いであり、掲句の狙いでもあるのでしょう。

あなたもまた、海に浮かぶクラゲのごとく、ただただこの世をたゆたうぽ。

続きはこちらから

今週のいて座の運勢


illustration by ニシイズミユカ

誤配と連結

今週のいて座は、何かを介した「連結」的な関わりに運ばれていくような星回り。

劇作家で歌人の寺山修司は、自叙伝『誰か故郷を思わざる』の中で父と過ごした数少ない記憶をたぐりつつ、よく2人でしていた「汽笛あそび」について次のように述べています。

「夜風の中で、汽笛がはっきりと方位をしめし、やがて凄まじい勢いで私たちの前を通りすぎてゆく。それはいわば汽車というよりは重い時間の量であった。そして、愛によってではなく思わず眼をつむってしまうような轟音と烈風の夜汽車によって、私と父とは「連結」されていたのだとも言える。」

あなたもまた、たまたま目の前に現われたものを介して、みずからの結んだ絆を再確認していくことでしょう。

続きはこちらから

今週のやぎ座の運勢


illustration by ニシイズミユカ

世の物語を豊かに

今週のやぎ座は、人工知能には真似できないような創意を働かせていこうとするような星回り。

『西瓜太郎踊り出よと割てけり』(沼波瓊音)という句のごとし。

これまでも人間の想像力を介してたくさんの「〇〇太郎」が生まれてきては、世の中にあふれる物語の登場人物としてその役割を果たしてきたのであり、それは人間が想像力を失わない限り、これからもそうあり続けるはず。

あなたもまた、自由に想像力を働かせていくことで、この世の物語を豊かにしていく役回りに加担していくことでしょう。

続きはこちらから

今週のみずがめ座の運勢


illustration by ニシイズミユカ

壊しえないものを見出す

今週のみずがめ座は、「フラジリティ」の核心に触れていこうとするような星回り。

かつて北原白秋は、『青いとんぼ』の歌詞に「青いとんぼの綺麗さは/手に触るすら恐ろしく」と綴りました。蝶と手のあいだのわずかな空間で起きている接触、そのおぼつかない感覚こそが、「フラジリティ」と呼ばれるものなのでしょう。

すなわち、脆くて壊れやすいにも関わらず、決して消えてなくなることのない内的充実がそこにあり、透明で微細な抵抗力が宿っているのだとわかること。

あなたもまた、自分がどれだけ外部から毀損されたとしても、これだけは失われないし、失うことはないのだと思えるものとは何かということを、1つ考えてみるといいでしょう。

続きはこちらから

今週のうお座の運勢


illustration by ニシイズミユカ

苦しみと戯れる

今週のうお座は、心のビタミン剤をみずからに投与していこうとするような星回り。

『蜘蛛の糸の顔にかからぬ日とてなし』(高浜虚子)という句のごとし。

掲句を読んだとき作者は、じつに80歳。私たちが日々直面し、受け止めていかなければならない事実はときに残酷で、意地悪くこちらを突き放してきますが、それでも作者は乾いた現実を歌にのせて詠みあげることで、自身に元気と明るさをもたらそうとしているのかも知れません。

あなたならば、やわらかく応じて逆に糧にしていくことだってできるはず。

続きはこちらから

isuta恋愛占い(毎月1日、15日更新)

https://isuta.jp/lovefortune

isuta週間占い(毎週日曜日更新)

https://isuta.jp/horoscope

isutaの運勢グラフ(毎月1日更新)

https://isuta.jp/fortunegraph

関連記事